2年次編入(2011年入学より) 書類選考あり 推薦書・志望理由書・単位取得証明書 
医学類HP入試情報受験生応援サイト

2020年入試日程  試験日平日! 
募集人員:5名
出願:8月24日-28日 郵送必着(27日消印有効) 証明写真のアップロード
1次:書類
発表:9月15日
2次:9月25日 10:00-11:30 英語/13:20-15:20 生命科学
発表:10月9日 
3次:10月22日 集合12:30 面接(個別)
最終:11月11日
http://www.med.kanazawa-u.ac.jp/outline/docs/R3hennyuyoko.pdf(2020.07.08、反映07.20)



TOEFL-iBTスコア不要、2次試験で英語
http://www.med.kanazawa-u.ac.jp/outline/docs/2020henei.pdf (2020.06.17)



交通関係
2015年3月14日開通の北陸新幹線により、東京-金沢間が最速2時間30分となった。
結果、試験当日の東京6:16発かがやき501号を利用すれば試験には十分間に合う状況がある。


2015年3月14日 北陸新幹線 開業

「医学部医学科」→「医薬保健学域医学類」に改変

出願状況:試験実施年基準 受験者数=1次試験=書類選抜受験者数=出願者数
2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
募集人員 5 5 5 5+5
出願者数 113 117 129 186
受験者数 113 117 129 186
合格者数 5 5 5 10
入学者数 5 5 5 10
&link_close
2011年で3年次編入終了

旧制六医大の一つだが、千葉以外の例に漏れず凋落気味。
千葉に倣って?研究志向を打ち出しているものの、何が凄いってわけでもない。
見栄は張るが地元枠過半数の岡山、地元臨床奉仕3年強制の長崎より往生際が悪い?

公式サイトのあいさつに学部長が「学士編入見直し(=イラネ)」旨の文章を載せた。
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med/bucho.htmlhttp://web.archive.org/

現在のものではなく、キャッシュ検索で2004年頃を見てみよう。

ただし、同様の文章を発表した北大同様、2年次に変更して今後も継続される模様(2011年より2年次4月入学)

募集要項はよく言えばコンパクト、悪く言えば手抜き。
他大学なら同一年に2回募集するはずの「3年次」から「2年次」の切り替えを1回にまとめるのも、よく言えばコンパクト、悪く言えば手抜き。
入試問題も考えさせると言うか雑と言うか。面接でも深い突っ込みはない。ただし願書の併願大学欄はきっちりチェックしてくるので要注意。

過去問題は、保管庫を参照されたし。(再うp待ち)
合格者がブログにアップしている。探してみるべし。キーワード「金沢大学 医学部 編入 過去問」

&link_close

立地

もうすぐ新幹線が通る。歴史もあり、観光都市としては最高。イメージも良い。
金沢駅から北陸鉄道バスで15分程度。15-20分ヘッドで運行されている。
繁華街は駅からやや離れた香林坊が中心。

書類選考

研究志向を強く打ち出しているせいか、志願者は3年次編入なのに2年次の富山の半分程度。
09年約110人出願→約55人通過。
10年は実質10名募集なので、出願者は増えそう。

{書類選考にて50人、筆記で16人、面接で5人に絞る。これが意味するところを理解した人間は金沢を受験するはずである。
}

筆記試験

可もなく不可もなく。あまり印象に残らない。
簡単だが難しい(高得点同士の争い。過去問を解いて難しいと思った人はかなり厳しそう)
09年は分子・細胞生物学の実験についての問題が出た記憶がある。

面接

約15名が合格し、合格者の番号順に実施される。
個人面接1回15分のみで、早めに出願すると早く帰れる。
09年は見るからに高齢の筆記合格者がいた。基本的に筆記通過者は高齢多め。ただし合格者はやっぱり若者多い。
&link_close


最終更新:2020年07月20日 10:57