2年次前期(2018,4より) 推薦書
医学部HP(入学案内)大学HP入学案内

2019年入試日程
募集人員:10人
出願:5月13日-16日 郵送17時必着(16日のみ持参可)
1次:6月15日 8:00-10:30 学力試験I/11:30-13:00 学力試験Ⅱ
発表:6月21日
2次:7月13日 9:00- 個別面接
最終:7月29日
配点:1次 200-学力試験1 100、学力試験Ⅱ 100/2次 100-面接 100 (要項5ページ:合否判定基準掲載)
https://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~med/images/contents/news/igakukyomu/gakushi/2019/32gakushibosyuuyoukou.pdf (2019.03.19)
試験日重複:2次-筑波1日目


2018年入試日程
募集人員:10名
出願:5月14日-17日 17時郵送必着(17日のみ持参可)
1次:9:00-10:30 学力試験Ⅰ/11:30-13:00 学力試験Ⅱ
発表:6月28日
2次:7月14日 9:00- 個別面接
最終:7月27日
配点:1次-学力試験Ⅰ100、同Ⅱ100/2次-100 計300
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~med/images/contents/news/igakukyomu/gakushi/2019/2019youkou.pdf(2018.03.23、04.18反映)
試験日重複:2次-高知1次、筑波1日目



入学時期変更・地域枠廃止
2018年より 後期(10月)入学 → 前期(4月)入学
2017年:2018年4月入学生の試験あり
入学定員10名に変更なし
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~med/images/contents/news/igakukyomu/gakushi/2018gakushi_yokoku.pdf(2017.02.02 反映08.06)

2018年4月入学 試験日程
募集人員:10名
出願:9月25日-28日 17時郵送必着 28日のみ持参可
1次:10月28日 9:00-10:30 学力試験Ⅰ、11:30-13:00 学力試験Ⅱ
発表:11月2日
2次:11月25日 9:00- 個別面接
最終:12月1日 
範囲:学力試験I- 理科(生物学を中心に、関連分野を含む)
学力試験Ⅱ-英語の基礎学力と国語の表現力とをみる問題
配点:学力試験I-100、学力試験Ⅱ-100、個別面接-100 1次200、2次100合計300
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~med/images/contents/news/igakukyomu/gakushi/2018/2018youkou.pdf (2017.08.18)
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~med/admission/exam/bachelor.html (2017.08.18)
※試験日重複:1次-福井2次、2次-山口2次





2017年入試日程
募集人員:10名(地域枠3名含む)
出願:5月8日-11日 17時郵送 (11日のみ持参可)
1次:6月3日 9:00-10:30 学力試験Ⅰ/11:40-13:10 学力試験Ⅱ
発表:6月15日
2次:7月15日 9:00- 個別面接
最終:7月21日
範囲:学力試験I- 理科(生物学を中心に、関連分野を含む)
学力試験Ⅱ-英語の基礎学力と国語の表現力とをみる問題
配点:学力試験I-100、学力試験Ⅱ-100、個別面接-100
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~med/images/contents/news/igakukyomu/gakushi/2017/2017youkou.pdf (発表:2017.03.30/反映2017.04.10)
試験日重複:2次-高知1次、筑波学科

試験情報

  • 答案用紙は、名前を書かせない。
  • 問題は、持ち帰りOK。

合否判定基準
1:合否判定は,第1次試験(学力試験I・Ⅱ)と第2次試験(面接)との点数を合計し、総合得点の高い者から順位を付ける。
2:総合得点が同点の場合には、面接の得点が高い者を上位にする。
3:面接の得点が同点の場合には、第1次試験の「学力試験I」の得点が高い者を上位にする。
4:以上の判定でも同点の場合には、出願書類等を総合的に判定、順位を付ける。
(参考)
「学力試験I」・・・生物学を中心とした理科(配点 100点)
「学力試験II」・・・英語の基礎学力と国語の表現力(配点 100点)
「面接」・・・・・・個別面接(配点 100点)





出願状況:(地域枠内数)

試験実施年 募集人員 志願者数 1次試験受験者数 1次試験合格者数 2次試験合格者数 入学辞退者数 追加合格者数 入学者数
2017年10月 10名
2017年6月 10名 204(53) 203(52) 22(2) 10(2) 4(1) 4(0) 10(1)

試験実施年 2014 2013 2012 2011 2010
募集人数 10(3) 10(3) 10(3) 10(3) 10(3)
出願者数 313(87) 361(76) 380(71) 328(66) 364(73)
1次受験者数 305(85) 349(72) 372(68) 318(63) 353(73)
1次合格者数 36(15) 39(16) 36(15) 38(15) 37(15)
最終合格者数 10(3) 10(3) 10(3) 10(3) 10(3)
入学辞退者数 2(0) 4(1) 4(2) 5(0) 7(0)
追加合格者数 2(0) 4(1) 16(5) 5(0) 7(0)
入学者数 10(3) 10(3) 10(3) 10(3) 10(3)
募集要項より転載
2012年辞退者数要確認

2014年入試日程
募集人員:10名(地域枠3名)
出願:5月19日-22日 17時郵送必着 22日のみ持参可
1次:6月14日 9:00-10:30 学力試験Ⅰ 11:40-13:10 学力試験Ⅱ
発表:6月26日
2次:7月19日 9:00- 個別面接
最終:7月25日
配点:1次200点 2次試験125点 合計325点
学力試験Ⅰ-100点、学力試験Ⅱ-100点、個別面接-125点
合否判定:1.総合得点順、2.同点の場合は面接点上位者、3.総合得点及面接同点の場合は学力試験Ⅰ得点上位者、4.それでも同点時は出願書類などで総合判断
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/2014gakushi_youkou.pdf (2014.04.23)
※試験日重複:2次-筑波


2012出願者数:鹿児島 一般309 地域71人 (37-233)

※2009年から2次試験の集団面接がなくなった
※地域枠は出身地不問。鹿児島で7年間働けば返済免除という奨学金の強制貸与。
http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/doctorbank/taisaku/syuugakutaiyo1.html




1次合格者は一般枠20人、地域枠15人程度。
一般枠は毎年辞退者が出るため、結果として学力重視になりやすいと思われる。
過去に、学士入学者で中退者あり


医学部は高台にあり、遅刻坂とも言うべき急坂がある。
体力の無い、そこの君! タクシー必須かも
帰りは駅までみんなゾロゾロ歩いてる
紫外線キツめ、UV対策されたし

鹿児島空港から鹿児島中央駅までは高速バスのみあり。10分間隔で出ているので待ち時間短し(料金1200円 高っ!)

路面電車 脇田下車、徒歩もしくは市営シャトルバス 上記の急坂の下に電停がある
路線バス 鹿児島交通:鹿児島中央駅から鹿児島大学病院前 250円 天文館から鹿児島大学病院 280円
※土日祝の鹿児島中央・天文館からのバスは1日3本のみ。試験日は土曜日なので市電&シャトルバスがお勧め。

出題傾向
大学医学部公式サイトに過去問が公開されている。
比較的基本的な出題が多いが、時間が足りない。
合格ラインは8割程度か。
なお、2008年試験では出題ミスがたくさんあった。

隔年で異常に問題が難しい年があったが、試験を作成している教授が退官されたため試験内容が一変した。また、毎年試験作成の教授が交代制で作っていたため傾向は隔年で似ていたが2012年と2013年連続で組織学の問題が出題された。鹿児島大学は旭川と同様に編入後すでに組織学の講座が終了していること、そして鹿児島大学ではなぜか組織学の教授が幅を利かせている現状があり、受験者は「組織学は知っていて当たり前」として扱われる。

問題のレベルは難化傾向にあり、ほぼ大学教養レベルが出題されている。文系を出来るだけ排除したい姿勢が見える。過去に編入した文系出身の学生が実験等で足を引っ張っていた過去があったためと某予備校で噂されている。問題内容は某予備校だけでは対応できないものもあるため自身で情報を集めて対応する必要がある。一次試験ギリギリ突破者曰く英語と生命科学合わせて8割がマストであるとのこと。しかし突破者で差が大きくあるわけでなく、面接もそれなりに重要視されているため面接での逆転もある。




過去問(大学公表) 
2012年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/12TEST_1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/12TEST_2.pdf
2011年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/11TEST_1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/11TEST_2.pdf
2010年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/10TEST_1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/10TEST_2.pdf
2009年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/09TEST1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/09TEST2.pdf
2008年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/08TEST1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/08TEST2.pdf
2007年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/07TEST1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/07TEST2.pdf
2006年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/06TEST1.pdf
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/06TEST2.pdf
2005年
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/05TEST1.PDF
http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~gakumu/nyugaku/05TEST2.PDF
※2009年学力試験2と2010年学力試験1は各自保存すべし