たくさんあっても合格しない。
名著とて万人向けではない。
背伸びをしても消化不良を起こすだけ…
どれを選べばいいか判らない ヽ(`Д´)ノウワァン

※試験科目で生命科学と言う場合、生物化学物理の融合問題です!
ここにある本で不合格になっても、当方では一切関知しません!

一に過去問、二に過去問。忘れた頃にまた過去問。
過去問は一次情報であり、最高の指南役となる。
大学によっては、本部で筆写のみ、希望者にコピーを送付してくれたり…
大学(医学部)公式サイトを、隅々までとことん見よう!
辺鄙なところに、思わぬ情報が眠っていることがある。

難しい本で悦に入るよりも基礎を固めよう。
もちろん、得意分野があるなら並行して伸ばそう。

得意分野や科目は得点源
不得意分野や科目は得点減
入試本番まで時間が有るなら、やらず嫌いは出来れば避けたい。
高校・大学時代に嫌いだった科目、苦手だった科目でも端から逃げない。
そこにも得意分野はあるはず。そこを伸ばすだけでも違う。
得点減→得点源に出来れば、合格は近づく。

編入の勉強に使う本は入学後のそれに比べれば安い!
10分の1ってこともある。
どうしても必要と思った本にはどーんと投資してしまおう。
つまり、買える情報ならば買ってしまえということ。
ただし、本を買ったことで満足しない。
“参考書オタク”になってはならない。

ケチったがために遠回りするよりもずっと良い。
2冊で迷ったら両方買ってもいい。理解が早まるかも。
簡単なドリルのようなものを除き、完全に消化しようと思わないこと。

なお、通販サイトで品切でも、出版社に在庫がある場合が多い。
どうしても欲しい本であるなら、直接問い合わせしてみると良い。

2chでの関連:学問理系カテ→物理/化学/生物板、学問文系カテ→English板


最終更新:2012年03月03日 16:01