夢教育映画

一般から映画資金を数百万円集めたが、何年も制作を延期し…


2012年秋、4回目のエベレスト遠征中に映画製作を発表した。
映画といっても、学校にDVDを配布して子供たちに見せるのが目的で、劇場公開の予定は未定とされた。

本映画は2013年の夏から全国の学校での無料上映を目指し、多くの子供達に「夢に挑戦するカッコイイ大人の姿」を伝えることを目的としています。登頂へのチャレンジというカッコイイ部分だけではなく、都内の企業回りから、夢を実現するための困難など様々な障壁にも立ち向かうことも含めてリアルに伝えてゆくことで、まさに夢が実現していく過程を共有するための映画になればと考えています。
※本作品は映画作品として製作を目指していますが、冒頭の趣旨にも説明させて頂いたとおり、学校等における上映を予定しております。映画として劇場公開などに関しては現在未定となっておりますが、映画として劇場公開を行わない場合もありますので予めご了承ください。
公式サイト 映画制作支援(キャッシュ)

そして映画製作には莫大な費用がかかるとして、1口1万円(税抜)で一般から資金を募集した。

この映画を完成させるためには、最低でも1億3000万円が必要とされます。現状9450万円までは何とか集めることができましたが、しかし残り3550万円がまだ足りていない状況です。
(※)この1億3000万円には2012年の遠征費も含まれている
10,500円で映画のエンドロールに名前が載り、映画公開後には完成版のDVDをお送りします。
(※)消費税が8%に上がった後は10800円
公式サイト 映画制作支援(キャッシュ)

2014年2月時点では547万円集めている(公式サイトより)

2014年9月時点では588万円


しかし、これまでの遠征で十分な映像を撮影しているにも拘わらず、映画制作は一向に進まず、1年ごとに延期を繰り返した。そして2016年には無期延期となった。

夢教育映画 完成時期の変遷(公式サイトより)

2012年 本映画は2013年の夏から全国の学校での無料上映を目指し
2013年 時期を延期して2014年の完成を目指しています
2014年 2015年の秋から学校での無料上映を目指し
2015年 2016年完成を目指しています
2016年 完成に向けて努めていきます
※年をクリックするとソース

もともと映画の完成にエベレスト登頂は関係なく、登頂の有無によらず完成させることになっていた。また目標金額が集まらないと映画を製作しないといった条件もなく、集まった資金でできる映画を作るはずだった。その気になれば遠征中の動画編集を担当している栗城隊メンバーに低予算で制作を依頼して、すぐに完成させることもできるが、「来年完成させる」と繰り返し、全く制作を進めている気配がない。
プロジェクト発表後に凍傷になったこともあり、1年程度の遅延なら仕方ないのだが…

2015年にはこれまで集めた資金の金額が非公開となった。

その後

完全に音沙汰なしの状態だったが、2017年春に7度目のエベレストを断念して帰国した直後に、突如ひっそりとDVDを配布しだした。
タイトルは当初発表していた「エベレスト・ライジング」から、著書と同じ「一歩を越える勇気」に変更された。
最終更新:2017年06月25日 10:36
添付ファイル