日本の山のまとめ


国内登山歴 (現在判明している全登山歴 2012年まで)

20才 2002年冬 中山峠から小樽市の銭函まで 2名で1週間程度の雪山(標高1,000M前後)の年越し縦走。
??才 ????年春 富士山 栗城談「昔、冬の富士山で下山口を間違えて山菜採りのおじさんに救出された」 冬??
26才 2008年夏 富士山8合目で敗退 「詳細は後日報告します」・・・報告無し
28才 2011年冬 アイスクライミング初心者講習参加 「アイスクライミング合宿」と報告していたが、実は初心者講習だった。
29才 2011年夏 狩場山(1520M)敗退 テレビ撮影、小学生44人と、ハンター同行熊出没、ようこそ先輩オンエアー10/22
29才 2011年夏 念願の夏富士初登頂成功 テレビ撮影、1泊2日子供3人同行登山、剣が峰へは登頂せず下山
29才 2012年春 羊蹄山(標高1898M) 友人の結婚式へ送るビデオレターの撮影、プロガイド2名同行 1200Mで撤退
2013年以降は凍傷受傷後の山行を参照

栗城の国内登山で山の名前が公表されているものは、
中山峠から小樽市の銭函までの雪山縦走や、富士山(夏、冬?)など、僅かしかない。

栗城自身も認めているが、ここ数年は日本の山にほとんど登っていない。
特に、ヒマラヤ登山で失敗を重ねていた2009年から2012年までの間、国内の山にはテレビの仕事や撮影でわずか3回登っただけで、
それ以外には登った形跡がない。(ちなみに3回のうち2回は小学生を連れての夏山登山で、残り1回は春山途中下山である)
ヒマラヤなど海外で活躍する登山家でも、普段はホームグラウンドの山で訓練を重ねるのが普通で、
日本の山にこれほど登らないのはかなり異常な状態である。
もちろんトレーニングをするのは国内の山でなくてもいいのだが、栗城の場合、いつも他の山でトレーニングをせずに、ぶっつけ本番でヒマラヤである。
本人も気にはしているようで、2012年にブログで「鬱になるほど資金集めが忙しくて、山に行く時間がなかった」と弁解している。
栗城は日本の山に登らない理由として、他にも「大きな山にしか興味がない」「内地の山は人が多そう」などを挙げている。

その他に、2011年になって北海道でアイスクライミング合宿に参加している。
しかし別の参加者のブログにより、実はこの「合宿」がアイスクライミングの初心者講習であることが発覚。
この事件でクライミングの実力に大きな疑問符がついてしまう。
(それ以前から色々言われていたのだが、決定的になってしまった…)



日本の山に登らない理由

資金集めが忙しい

栗城史多著「一歩を越える勇気」p129
わらしべ登山家(注・栗城のこと)は毎日、各界で活躍する人たちに会いに行っている。山に登るトレーニングをほとんどすることもなく、休日でも、「冒険の共有」を行うのに少しでもチャンスがあるならばと、呼ばれたり、何かを頼まれたりしたら断ることなく全て行くようにしていた。

栗城史多公式ブログ 2012-08-16
「鬱ですね」シシャパンマ南西壁の出発直前に医者から言われた言葉だった。(中略)
エベレストの生中継資金を集めるために企業を疾走し、全国を講演で回るようになってから休みは一切無く、休日に山に行けるような日々はほとんどなかった。じゃあ休みを取って山に行けばいいじゃなかと思うかもしれないが、エベレスト生中継を実現させるには理想だけではすまされない。その目標金額を逆算し計画を立てると、とても休んでいられる状況ではなかった。(中略)
だが、そんな日々が続くようになると夜に人から電話が掛かって来ても不安を感じて出なくなり、一日ある休日も外に出ようとする気すらすでに無くなっていた。そんな中で出発を向かえる遠征が、実はこの3年間続いた。

なお、上の発言のように以前は「山に登るトレーニングをほとんどしていない」と公言していたが、ヒマラヤ登山で失敗を重ねたこともあり、さすがにまずいと思ったのか、2011年頃からトレーニングをアピールするようになった。毎年、過去最高の体に仕上がったとアピールしている。
登山のトレーニングボジョレー栗城を参照
(もっともそのトレーニングは山や壁ではなく、ピラティスやヨガ、加圧トレーニングなどであるが…)

大きな山にしか興味がない

前に山は好きですか?と聞かれました。厳密に言うと「大きな山」にしか興味がないです。そこに行くために、そこを登るために全てを犠牲にして毎日をやり遂げます。

内地の山は人が多そう

休日はどこか行きたいと全く思わない。街にいると何だか緊張するし、内地の山は人が多そうだし、休日は近所のナチュラルローソンで充分です。暗いかな?


凍傷受傷後の山行

凍傷受傷後半年を過ぎてから手術もせずに国内の山を登り始めた。どれもハイキングレベルの山行だが、指は相変わらずミイラ化しており、一人では靴紐も結べない要介護状態なので、毎回付き添い人がいる。感染症から敗血症になるリスクがあり、またバランスを失って手を突いただけで指の正常な部分にも悪影響を及ぼす可能性があるが(例えば骨折など)、周りに止める人間はいないようである。登山をアピールしたりファンと一緒に登ったりすることで、支持者の繋ぎ止めを狙っている模様。
通常より1年遅れた2014年正月前後に切断手術を行い、ようやくまともなリハビリや登山ができるようになった。
指切断後は「山の先輩との訓練」と称してプロガイドを雇い、八ヶ岳などを登るようになった。(ガイドを雇っていることは公には伏せられている)
31才 2013年夏 金時山(標高1213M)登頂 凍傷後手術をせず、手に包帯を巻いたまま
高尾山(標高600M)登頂 標準コースタイム90分の6号路を「ゆっくり休み無くで40分」とトレラン並のタイム申告。登山中の画像は1枚も出さない一方で、6号路とは全く接点のない場所(ケーブルカールート上)にある「たこ杉」の写真を公開。そのためルート(またはタイム)の捏造疑惑が浮上。
藻岩山(標高531M)登頂 ロータリークラブ国際ロータリー第2530地区(福島)と第2510地区(北海道西部)招待の福島県飯舘村の子どもたちと登頂
八ヶ岳縦走 硫黄岳~赤岳~権現岳~天女山駐車場
2013年秋 筑波山(標高871M)敗退 事前には「来週穂高岳に登る」と予告していたが、支援者との交流登山。既に台風直撃の予報が出ていたがそのまま強行。大雨洪水警報が発令される事態に至りケーブル駅で記念撮影。日帰り温泉に寄っただけで解散
大和葛城山(標高959m)中止 メール会員や支援者にのみ連絡が行っていた模様。雨天により当日朝五時に中止の連絡を送付したたが、知らずに集合場所に来た人がブログで公表したため明らかになった。
筑波山(標高871M)登頂 ファンクラブ会員との交流登山
金剛山(標高1125M)登頂 高槻市ユメ保育園の関係者との交流登山
2013年冬 八ヶ岳 「初日の出を共有」と門谷カメラマンと八ヶ岳へ。写真は出発時、ツェルトでビバーク中、山頂、山小屋の3枚だけで道中の経過は不明
2014年春 八ヶ岳 「お山の先輩」と2泊3日で赤岳と大同心南を登ったとFBで報告。 写真は赤岳山頂のみ
西穂高岳 西穂山荘から西穂高岳登ったとTwitterで報告。山荘から西穂山頂まで1時間40分とこれまた無雪期熟練者並みのタイム申告。
富士山 吉田口から4時間半という常軌を逸したスピードのタイム申告 *1
32才 2014年夏 奥穂高岳(3190M) 「お山の先輩」と「追い込み」をテーマにジャンダルム~西穂と縦走の予定だったがトラブルのため奥穂までで下山
2014年冬 八ヶ岳 敗退 「赤岳と阿弥陀岳に向か」ったが、どちらも登頂せずに下山
2015年 不明 敗退 twitterで行先を明言せず出発だけ仄めかしたものの、悪天候を理由に中止
八ヶ岳 「お山の先輩」と八ヶ岳大同心南稜でトレーニングをしたとツイートしたが、アルパインクライマー花谷泰宏氏によるガイドツアーだったことが同日同ルート入山者のブログで判明 *2
甲斐駒ケ岳(2967m) 敗退 黒戸尾根を山小屋泊・2日間の予定で入山したが、悪天候を理由に敗退。『標高差2500mはいいトレーニングになります』と嘯く。*3
富士山 敗退 「朝6時半に0合目*4の「馬返し」をスタート。かなりかなりいいペースで登りましたが、9合目近くで身体に異変が起きて、下山」とツイート
富士山 「五合目駐車場から山頂まで1時間55分で登頂、お鉢を走って山頂で泊まる」とツイート
33才 2015年11月 蓬莱山(1173m) チーム栗城の交流登山。悪天候のためロープウェイ駅から少し歩いただけ
2016年1月 八ヶ岳 「お山の先輩」*5とともに石尊稜、阿弥陀岳北陵、赤岳主稜線を登攀
甲斐駒ケ岳 1泊スケジュールで黒戸尾根を登る。 明示していないが花谷ガイドも同じスケジュールで登っており、ガイド登山の模様。刃渡り(1900m付近)までアマチュア登山者*6が先行していたことには触れず、「積雪後山頂までは誰も登っていなかった」をアピール。
2016年2月 八ヶ岳 2/12『かなりスピーディーに阿弥陀岳北西稜、中山尾根を継続登山してきました。』
2/18『旭岳 *7東稜登ってきました』
34才 2016年7月 富士山 「呼吸が乱れないこと、疲労感を出さないを目標にして安定したペースで2時間で登ってきました。」
狩場山 ファンとの交流イベント
2016年10月 伯耆大山 ファンとの交流イベント。鳥取地震のため中止。以前のように協賛スポンサーによる送迎バスが出ず、参加者自身運転の車の乗合いを要請していた*8
2016年11月 万次郎岳(天城山) 参加費25000円の交流イベント。参加者の発言からこちらも送迎バスは出なかった模様
2017年2月 赤岳 プロガイド江本悠滋が帯同して赤岳主稜を4往復 *9
2017年3月 富士山 敗退 馬返し手前から出発したものの雪のため5合目でテン泊しただけで帰る
35才 2017年7月 美利河丸山(647m) 今金町120年記念事業*10
赤岩 「尊敬している山の先輩と」トレーニング
最終更新:2017年08月08日 13:19
添付ファイル

*1 「吉田口から」と言うのなら富士吉田駅から徒歩30分ほどのところにある遊歩道の起点である北口本宮冨士浅間神社(標高860m)か馬返し(1400m)を指すのが普通。ちなみに夏に一般的に登られるのは五合目(2300m)であり、栗城が登った日はすでに五合目までスバルラインが営業していた。twitterで「大土君に運転してもらった」と書いているが、駐車場のある五合目まで車で来たのであれば「吉田口」ではなく「五合目から」と書くべきであろう。

*2 岳心会のブログ2/13のエントリー

*3 黒戸尾根ルートの登山口は尾白川渓谷駐車場(竹宇駒ヶ岳神社)で標高770m。標高差は2200mなのでフカシである

*4 前出の通り吉田登山道は北口本宮富士浅間神社(もしくは金鳥居)が起点である。馬返し(1400m)までは現在一般車両や路線バスが入っていけるため「五合目ではない下からの登山」としてスタート地点とすることが多いが、ここは0合目でなく単に一合目の手前である。

*5 花谷泰広ガイドの事

*6 参考:http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-802889.html

*7 権現岳の北にある2672mの小ピーク。大雪山系の旭岳ではない

*8 http://www.kurikiyama.jp/teamkurikitozankansai2016

*9 https://www.facebook.com/permalink.php?id=1091215503&story_fbid=10208863820888082

*10 http://ima-channel.com/wp-content/uploads/2017/05/38072e4ae862d0b996b554d8dfa9befa.pdf