7大陸最高峰の問題点

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大陸最高峰の問題点(エベレスト以外)


マッキンリー

フィックスロープに列ができるほど人が多い。フィックスロープ使いまくり、トレースくっきり。

アコンカグア

動画で栗城のサングラスに人影が映ってる。
http://www.youtube.com/watch?v=Qnq7iVaJPMU&t=3m20s (動画の3:20、4:10と4:32頃)

エルブルス

動画でカメラが動いており、栗城とは別に撮影者がいる。
http://www.youtube.com/watch?v=0jE0ZTgxLkg (動画の0:55~1:10)

キリマンジャロ

ガイドとポーターを雇っている。
ポーターが栗城の後ろについて登っている。
高山病で倒れてポーターに救助される。

カルステンツ・ピラミッド

フィックスロープ多すぎ。

ビンソンマシフ

1回目 ガイドと共に登っている。アンザイレンしていないから単独だと主張。
2回目 ほぼ確実に隊員と共に登っている。同行者は山岳ガイドの倉岡裕之氏とガイド兼世話人のトッド・パッセイ氏だが、栗城本人のブログでは倉岡氏の存在は伏せられていた。
http://sevensummit.blog119.fc2.com/blog-entry-13.html
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/MM20071217191016450M0.htm
最終更新:2013年02月13日 07:46