栄光の記録一覧

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ヒマラヤ連続敗退記録

2009年から7連敗
2009年 秋 エベレスト敗退
2010年 春 アンナプルナ敗退
2010年 秋 エベレスト敗退
2011年 春 シシャパンマ敗退
2011年 秋 エベレスト敗退
2012年 春 シシャパンマ敗退
2012年 秋 エベレスト敗退

自力下山できなかった山の一覧

2005年 秋 キリマンジャロ 高度障害で倒れポーターにより救助
2009年 春 ダウラギリ 下山中に滑落 「偶然」現れたシェルパにより救助
2009年 秋 エベレスト シェルパにより救助
2010年 春 アンナプルナ シェルパにより救助(なんと2回)
2010年 秋 エベレスト シェルパにより救助 酸素ボンベ吸ってる
2011年 春 シシャパンマ 消耗しきって下山時にシェルパ随伴 自分は空身で
2012年 春 シシャパンマ 深夜行動で滑落 シェルパにより救助
2012年 秋 エベレスト 凍傷と高所消耗で動けなくなりシェルパにより救助、C2でヘリに救出される
2018年 春 エベレスト 体調不良で下山中、C2付近で遺体で見つかる

酸素ボンベを使用した山

2007年 春 チョ・オユー 下山後にABCで酸素ボンベを吸う
2009年 秋 エベレスト シェルパに救助され酸素ボンベに手をつける
2010年 春 アンナプルナ シェルパに救助され酸素ボンベに手をつける
2010年 秋 エベレスト シェルパに救助され酸素ボンベを使用
2011年 春 シシャパンマ ベースキャンプで電動式ガモウバッグを使用
2012年 秋 エベレスト 遭難してヘリに救出され、ヘリの中で酸素ボンベを使用(※)
(※)詳細は明らかにされていないが、シェルパに救助されてからヘリに乗るまでの間にも、酸素ボンベを使用していた可能性が高い

2回目のエベレスト、酸素ボンベ使用シーン

ベースキャンプ以外での生中継実績

2009年 春 ダウラギリ 6500mから生中継
2009年 秋 エベレスト 7600mから生中継
2010年 春 アンナプルナ C1(5100m)から生中継
2010年 秋 エベレスト 登頂断念後、C3(7000m)から生中継
2011年 秋 エベレスト 登頂断念後、C1(6100m)から生中継
2012年 秋 エベレスト 失敗
2014年 夏 ブロードピーク 山頂から音声のみ (初めから映像中継の予定はない)
2015年 秋 エベレスト 失敗 (アタック失敗後にC4(7550m)から音声のみ)*1
2016年 春 アンナプルナ BCからもなし *2
2016年 秋 エベレスト 失敗 *3
2017年 春 エベレスト 失敗 (登頂断念後にC2(6400m)から音声のみ)*4
2018年 春 エベレスト 失敗
※これ以外の山では生中継を試みていない。
※登山シーンの生中継には一度も成功していない。全てキャンプ地などで立ち止まって中継したのみ。
※あからさまに単独ではないときもある。例えばアンナプルナでは中継班全員が目の前におり、2010年のエベレストでは中継の際に酸素ボンベを吸い、すぐ横にいるシェルパと会話している。
 → インターネット生中継も参照

これまで使ったお金

※本人発表に基づく客観的に確認できない情報を含んでいます。エベレスト登山の費用も参照。
2007年 2000万円 2度目の南極の費用のみ記載 3%の会サイトより
2009年 1億7000万円 講演会を聞いた人のブログより
2010年 億近く 「アナザースカイ」日本テレビ 2010年7月9日放送より
2011年 9200万円 (目標金額) カンブリア宮殿より エベレスト7200万、シシャパンマ2000万
2012年 1億3000万円 (目標金額) 栗城公式サイト・映画募金ページより エベレスト遠征前に集めたのは9450万円
2015年 5600万円以上 公式ブログFBクラウドサイトより、クラウドファンディングで2000万円、それ以外で3600万円
2016年 5200万円以上 (目標金額) エベレストの費用のみ記載。クラウドサイトより、クラウドファンディングで1800万円、それ以外で3400万円
これ以外に春のアンナプルナの費用がある。

フルマラソン

2014年11月 いびがわマラソン 関門にひっかかり完走できず。30km地点のタイムは3時間56分19秒。(33.9km関門の時間制限が4時間30分)
2016年12月 ホノルルマラソン グロスタイム6時間44分30秒、ネットタイム6時間38分9秒
最終更新:2018年05月27日 14:26
添付ファイル