D.D.

 D.D. は英国のノストラダムス解釈者。
 1715年に『王政復古以降のグレートブリテンの諸国王・女王の運命に関するミカエル・ノストラダムスの予言集』(The Prophecies of Nostradamus concerning the fate of all the Kings and Queens of Great Britain since the Reformation)を刊行した。
 正体は不明である。
 ジェイムズ・レイヴァーは、著書に見られる政治的・宗教的姿勢から、英国国教会の聖職者で神学博士だろうと推測した*1。 確かに神学博士(Doctor of Divinity)は英語でD.D.あるいはDDと略すが、レイヴァーの推測の妥当性については、何ともいえない。
 書誌の中で D.D. の文献に触れたエドガー・レオニミシェル・ショマラは、その正体について特にコメントしていなかった。


【画像】『王政復古以降のグレートブリテンの諸国王・女王の運命に関するミカエル・ノストラダムスの予言集』復刻版


※記事へのお問い合わせ等がある場合、最上部のタブの「ツール」>「管理者に連絡」をご活用ください。
最終更新:2010年09月25日 22:12