ポケモン対戦史【第4世代】

本編タイトル:ダイヤモンド/パール/プラチナ/ハートゴールド/ソウルシルバー
機種:ニンテンドーDS
連動タイトル:ポケモンバトルレボリューション/みんなのポケモン牧場
機種:Wii


2006

  • 3/23 「ポケモンレンジャー」発売
ダイヤモンド・パールのちょっと前に発売された外伝作品。
劇場版前売券の特典で受信した特殊なミッションをクリアすると、当ソフトを経由してダイヤモンド・パールにマナフィを送ることができた。
現在は通常プレイにおいてこのミッションを出すことは出来ない。


  • 9/28 「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」 発売
機種がDSに変わり出発した第4世代。
前世代で物議を醸した互換切りはWスロットシステムにより解消され、第3世代からポケモンを持ってくることが可能となった。
それ以外の主な変更点は以下の通り。

  • Wi-Fi通信の導入
これまで、インターネットを使った通信機能は
モバイルGBアダプタを使用しての交換とバトルタワーのデータをダウンロードする方式だけだったが、
DSにWi-Fiコネクションが搭載された事により対戦・交換が簡単にできるようになった。
通信はともだちコードを交換することによってできるが、コードも知らない誰かとの対戦は
後に発売したバトルレボリューションでランダムバトルが可能となるまでは、CPU操作のバトルタワーを介してしかできなかった。
とは言え手軽に通信できるというメリットは非常に大きく、
通信による個人の募集、ユーザー主催の企画、大会等、対戦が盛んに行われるようになった。
一方、対戦中の通信切断や遅延行為なども見られ、現在に至るまで大きな問題となっている。

  • わざ毎の物理、特殊分離
これまでタイプで固定だった物理、特殊が技ごとに個別に設定された。
これによりポケモンの活用できる技の幅が広がったり、逆に狭くなったりした。
例として今まで特攻の低かったカイリキーやエビワラー等が攻撃依存に変わった三色パンチを使いこなせるようになった一方、
フーディンの三色パンチが弱体化した、など。
また、ニューラをはじめ多くの物理型悪タイプのようにこれまで種族値とタイプ一致で使用出来る技の物理・特殊が噛み合わず
日の目を見ることが無かったポケモン等も、活躍の場が与えられた。

  • 高威力技の拡充
インファイト、きあいだま、フレアドライブ、リーフストームといった、多少癖があるものの威力100を超える技が増えた。
後述するいのちのたまやこだわり系アイテムと組み合わせることで、従来では考えられないような突破力を持つポケモンが増え、
金銀で全盛期を誇っていた役割理論が更に大きく破綻する事になった。

  • 先制技の拡充
先制技が5タイプ+条件付で1タイプ増え、必然的に使い手も増えた。
中でもふいうちは条件付ながら威力80と、メインに据えることも可能な威力。
存在そのものが、あくタイプを弱点とするエスパー、ゴーストや、耐久の低いポケモンへの強い牽制となり、
それ以外の先制技も後述のきあいのタスキを持った相手への対処を主な目的として人気が増した。
これの影響もあり、逆にこらきし等先制技を苦手とする戦法の需要はかなり落ち着いた。

  • 補助技の強化
旧来の技で大きく強化された補助技では、特にさいみんじゅつとちょうはつが挙げられる。
さいみんじゅつは命中率が60→70へ上昇したことと、使い手の増加、命中を上げるアイテムの登場により
相手を眠らせる戦法が再び増加した。
ちょうはつは相手の補助技を封じることができる技だが、今作から先手で撃った場合は後攻の補助技を不発にする効果も追加された。
また、発動時間も「そのターンと次のターン」から2~4ターンと増加した。
その他、じゅうでんやたくわえるのように使用すると能力上昇の追加効果が加えられた技もある。
新技では、「発動ターンを含めた5ターン(実質4ターン)の間、すばやさが低いポケモンから行動できる」トリックルームの登場が大きい。
天候変更特性以外のポケモンでも「すばやさが低い方が有利」という状況の発生で、
すばやさ以外のステータスが優秀だったポケモンにスポットが当たるようになり、トリックルームパーティー(略称トリパ)が誕生した。
その猛威はすさまじく、1ターンの総行動数がシングルよりも多いダブルバトルで真価を発揮し、
実際に(翌年の話だが)ダブルバトルを採用した公式大会のポケモンリーグDP2007での優勝者は
小学生以下リーグ、中学生以上リーグ共にトリックルームパーティー使いだった。

この他にも
  • 発動中は全員の回避率が低下し、飛行タイプや特性「ふゆう」に地面技を当てることができるじゅうりょく
  • 相手の相性によってダメージが変動するがきあいのタスキをつぶしたりできるステルスロック
  • 相手の鋼または毒または飛行タイプ、或いは特性ふゆうまたはめんえきを持たないポケモンをどくかもうどく状態にするどくびし
  • じこさいせいと同じく最大HPの半分量回復するが、発動したときに自分の飛行タイプを失うはねやすめ
などの補助技が対戦で注目を集める。

  • 「もちもの」の追加
これまでのシリーズも度々持ち物が追加されてきたが、
ここに来てこれまで以上に効果の強力な、対戦を意識した持ち物が多数登場し、読みの必要性が大いに増した。
〇きあいのタスキ
HP満タン時、一撃で倒されるダメージを負った場合でもHP1で耐えることができる消費アイテム。
反射技や、HPが減った時に強くなる技、とくせいの発動、また最低1ターンの行動が比較的安全にできるようになった。
しかしこれが大流行したため、ステルスロック、でんこうせっかやこおりのつぶてといった先制技や
すなあらし、あられのような天候ダメージなどでこれらを潰す対策も練られるようになった。
潰し手段が多いので現在は3対3、ダブルでは強いが6対6では役立たずと言われる。
〇こだわりスカーフ
持つとすばやさが1.5倍になる代わりに、所持して最初に放ったわざしか使えなくなる。
自分よりも種族値が上の(最速調整もされた)相手のすばやさを(制限付きとはいえ)上回る可能性を作るアイテム。
奇襲に向いていて、上昇後のすばやさを加味してすばやさを調整(50戦では上昇後201で130族抜きになる134)されたポケモンも多いが、
134に達しないポケモンや、同じスカーフ相手を想定しての最速スカーフという手段もある。
他にも素早さの代わりに攻撃を1.5倍にする「こだわりハチマキ」、特攻を1.5倍にする「こだわりメガネ」も登場。
同じ技しか出せないデメリットを利用し、トリックで相手に押し付けて行動を大きく制限する使い方なども程なく編み出された。
〇いのちのたま
持つと技の威力が1.3倍になるが、攻撃時にHPの1/10のダメージを受ける。
どの攻撃技にも適用され、こだわりハチマキとは違い使用後に別の技に切り替えられるため、
相手に交換された後にも柔軟に対応できる威力増加アイテム。
全体的な火力向上に非常に便利で、「受け」が機能しなくなることもありうる。
〇No36~52のきのみ
通称半減実。対応したタイプの弱点(ノーマルはどんな場合も)によるダメージを1/2にする消費アイテム。
これにより4倍弱点を持つポケモンでも、耐久によってはタイプ一致4倍ダメージを食らっても沈まない可能性が出てきた。
〇かえんだま、どくどくだま
持っているとターン終了時に、かえんだまはやけど、どくどくだまはもうどく状態になる。
一見すると単なるデメリットアイテムだが、能動的に特性「こんじょう」や「はやあし」などを発動できる待望の手段。
他にも眠り対策に使用する、トリックで相手に押し付けるなどの戦術が生まれた。

その他にも天候や壁の継続時間を延ばすアイテムなどが増えた。

  • 「天候」の効果変更、「天候」に関する特性の充実
今作より天候が砂嵐の状態では岩ポケモンの特防が1.5倍になる仕様変更がなされ、岩ポケモンの活躍の場が増えた。
また、それまでは氷タイプ以外はダメージを受けるのみで大きなメリットがなかった霰状態にも
吹雪が必中になる追加効果、「アイスボディ」や「ゆきがくれ」、
更には天候変更特性の「ゆきふらし」の登場により、霰パーティーを組むことが可能になった。
この他にも「サンパワー」や「リーフガード」、「うるおいボディ」など天候を利用した特性が増えており、
これまで以上に多種多彩な天候パーティーが出現するようになった。

  • バトルタワーなどでポケモンのレベルを50に補正することが可能に
レベル51以上のポケモンでも、タワーなどに出す時は技や努力値はそのままに、
ステータスが50レベル時のものに補正された上で出場が可能になった。
これにより、(新ポケだが)ヒードランのマグマストームなど、50以上の高レベルで覚える技も使用可能となる他
そもそも進化レベル上今まで参加不可能だったカイリューとバンギラスも出場が叶った。
しかし、後述のポケモンバトルレボリューションと違い、50未満のポケモンのレベルを50に補正して使うことはできない。

前述の通り高威力技の増加や拘りアイテム等の登場で突破力が大幅に上昇し、
ガブリアスやボーマンダといった受けが困難なポケモンが多数現れたことで、役割理論が成立し難くなり、
各ポケモンは「流し」程度の役割しか持てなくなった。
そのため受けることよりも高火力をぶつけることがより勝ち筋につながるようになり、
流し際に強力な攻撃を放ち、相手のサイクルをいち早く崩す「ダメージレース」という概念が登場。
鉢巻逆鱗でごり押ししたり、交代読みで相手の弱点を突くなど、いかに控え先を倒すかが重要視されるようになった。
この概念を突き詰め(すぎ)、かつ従来の役割理論を皮肉った「役割論理」という考え方が現れたのもこの頃からになる。


  • 12/14 「ポケモンバトルレボリューション」 発売
「ポケモンXD」の続編。GCで展開された前2作とは違い、シナリオがなくなり、対戦に特化している。
同時に、なみのりピカチュウ以外限定ポケモンも存在しないものの、
ポケクーポンと呼ばれるゲーム内のお金によって、レアアイテムを入手することができるようになった(但し回数制限あり)

GC版では粗があったキャラクターのポリゴンの精度が向上、更に「スタジアム金銀」ぶりに実況が復活した。
だがその一方、
  • バトルパス同士の対戦では相手側の技が丸見えとなる
  • マルチバトルが不可能
  • wi-fiランダムバトルのルールの使用ポケモンが全て無制限。
(一部ではカイオーガ、ダークライが解禁されればダークライとカイオーガしか出てこない等の例)
等の問題点も挙げられている。

2007

  • 配布によるデオキシス・ダークライが配布
これにより前作のミュウを含め、シェイミ・アルセウス以外のすべてのポケモンが入手可能になった。
そしてダークライの解禁により、凶悪な催眠技・ダークホールがドーブルを介して対戦で蔓延する。

この年の公式大会の全国優勝者は前述の通り、中学生以上と中学生以下両方ともトリパ使い。
ダブルにおけるトリパの強さが証明された。

  • 対戦動画の全盛期
この頃にはyoutubeやニコニコ動画等の動画共有サイトが広まりポケモン関連の動画も投稿され、
対戦動画も例外ではなくバトレボの対戦動画も大量に投稿される。
元々上記のWi-Fi通信で通信の壁が縮まった中
「気軽に他人の対戦内容を見られる・参考に出来る」など対戦動画を楽しむ、研究材料にできるという事は、
対戦においてもエンターテーメント的な意味でも非常に大きいものとなった。
もっとも厨ポケ批判などの一部の視聴者の問題や対戦モラルの問題の表面化など新しい問題も生み出すことになった。

  • マイナーポケモンの研究
今まではどちらかというと「対戦で勝ちたければ強いポケモンを使う」「ガチポケにはガチポケをぶつける」という風潮が強かったが、
一部のプレイヤーは研究を重ね、ガチポケに対する徹底的なメタを施し、マイナー(好きなポケモン)で勝つことに挑戦するようになった。
これらマイナーポケモン達が活躍するさまは、エンターテイメント性を高めた対戦動画で数多く公開され、大きな反響を呼んだ。
「弱いポケモンでも調整次第で厨ポケを倒せるんだ!」と訴えたこれらの動画は視聴者を強く刺激し、
様々な調整振りやメタが研究される契機となった。
しかし同時に「あえてマイナーを使って厨ポケを狩る」ことにこだわるプレイヤーも数多く現れ、過剰な厨ポケ叩きや、
マイナーポケモンを敗北の予防線とする、いわゆる「マイナー厨」と呼ばれるプレイヤーを生み出す結果にも繋がってしまった。

2008

  • 3/20 「ポケモンレンジャー バトナージ」 発売
この作品もダイヤモンド・パールと連動があり、
期間限定で配信されるスペシャルミッションにより、マナフィ・ダークライ・波動弾リオルがDPで入手できた。
こちらも現在においては通常プレイでミッションを出すことは出来ない。

  • 3/25 「みんなのポケモン牧場」 配信開始
ポケモンファンが待ちに待った通称「DP版ポケモンボックス」の登場である。
このソフトでのご褒美的ポケモンとして、フィオネと催眠術ミュウがある。
フィオネは、マナフィを持っておらず友達がいない人は大いに助かっただろう。
さらにミュウを配布以外で入手出来るのはこのタイトルだけ。おまけにXDを経由せずとも催眠術を覚えているナイスな仕様である。
だがフィオネもミュウも受け取った後強制セーブされるので、個体値厳選は出来ない点に注意。
さらに今作はポケモンとのコミュニケーションが主なので、預けたポケモンは預けたソフトでしか引き取れない点にも注意。
全部預けて最初から…は出来ません。預けたソフトはハブ役にしましょう。

  • シェイミの配布
この年の劇場版公開劇場でシェイミが配信。
同時期にシェイミスカイフォルムやギラティナオリジンフォルム等、既存ポケモンのフォルムチェンジした姿が存在することが明かされた。
また前売り券の配布でもらえるレジギガスはプラチナに連れて行くとレジ3匹に会えるという特典が発表される。

  • イバンの実の解禁
その前売券特典でもらえるレジギガスが持っていたのが、ここで初登場となるイバンの実。
「ピンチのとき(HPが1/4以下のとき)に発動し行動順が早くなる」という効果があり、
「素早さは低いが、大爆発を使える」等のポケモンを主として、多くの需要を得る。

また、この年に最初のワールドチャンピオンシップが行われた。
ジュニアリーグではアメリカ人が全国大会決勝と同じく砂トリパで、シニアリーグでは先の全国チャンピオン=Lv1ドーブルが優勝。
けっきょく トリパが いちばん つよくて すごいんだよね


  • 9/13 「ポケットモンスター プラチナ」 発売
「ダイヤモンド・パール」のマイナーチェンジ。

  • 新道具「バトルレコーダー」の登場
バトルの様子を録画・再生できる道具。新しくなったグローバルターミナルで送受信もできる。
以前はDS上で世界にバトルの様子を見せるには、ビデオを買いバトルをしながら録画してwedサイトに公開するしかなかったが、
このバトルレコーダーの登場で気軽に世界に公開できるようになり、より気軽なバトルの研究が可能となった。

  • 教え技の追加
げきりん、ダストシュート、こごえるかぜ、たねばくだんなど、一気に教え技が増えた。これによって影響を受けたポケモンも多い。
さらに3色パンチやこごえるかぜなどのエメラルド版限定だった教え技(の一部)が復活。
これでエメラルド版を持ってない人も教え技を使えるようになり、ダイパの新特性・新タマゴ技と両立できるポケモンが増えた。

  • 催眠術の命中率変更
催眠術の命中率が70から60に下げられた。(というより戻された)

  • 状態異常の持続時間変更
「ねむり」「こんらん」の最低ターンが2から1に変更され短くなった。
「アンコール」の最低ターンが2から3に変更され長くなった。
これにより、前述の命中率低下と合わせて「さいみんじゅつ」が大きく弱体化。バランスが調整された。

  • おいうちバグ
天候が変わっている時においうちを使うとバグる。
そのためおいうち導入がバトルそのものをめちゃくちゃにしてしまう可能性が出てしまい、導入がためらわれる事態になった。

  • 覚える技の変更
一部のポケモンの覚える技が変更された。
ウツボットのリーフブレード、ハッサムのバレットパンチなど、これによって強化されたポケモンも多い。

  • バトルフロンティアの復活
エメラルド版にあったバトルフロンティアが復活。これによって、ダイパよりも気軽に本格的なバトルが楽しめるようになった。
ダイパにあったバトルタワー、
レンタルポケモンを駆使してバトルを進めるバトルファクトリー、
巨大なルーレットがバトルの行方を左右するバトルルーレット、
バトルに勝つともらえるキャッスルポイント(CP)をうまく使って、有利にバトルを進めていくバトルキャッスル、
1対1で10連戦に挑み、相手の出すポケモンのタイプを選べるバトルステージがある。
エメラルド版よりはブレーンに会いやすくなったなど難易度に手が加えられたが、
それでもファクトリーを筆頭に鬼畜難易度なのは相変わらず。
その他、バトルタワーにはエメラルド版同様、個体値に関する情報を提示するジャッジがいる。


  • エメループ等の乱数現象の解明
「エメループ」とはエメラルドループの略で、ポケットモンスターエメラルドで同じ個体値のポケモンが出てしまう厄介な現象。
…だったのだが、2008年11月末にある人がそのエメループを解析し、
ソフトリセットから野生ポケモンと遭遇するタイミングで個体値が決定することが分かり、同時に高個体値が手に入るタイミングが判明。
それがネット上に広まり、高個体値のポケモンが簡単に手に入れられるようになってしまった。
有名なものとしては臆病最速めざパ地ラティオスがある。
このエメループの解明により、交換でのレートは大きく崩壊。後の公式大会、対戦等に少なからぬ影響を与えることとなった。
さらに某スレではエメラルドのみならず、プラチナでの乱数固定厳選の研究も進められた。

2009

  • アルセウスの解禁
配信時のレベルは100。
当時の仕様上、レベル100になるとドーピング薬以外での努力値振りが不可能な為、その点で大きな非難を浴びるが、
考察等で合計種族値720の凄まじさを見せ付ける。
また、このアルセウスは後に発売されるHGSSに於いて、シンオウ3竜を捕獲する為のキーポケモンとなる。


  • 9/12 「ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー」 発売
「金・銀」のリメイク。
元々金銀リメイクを望む声が多かったユーザーが多い中、メディアでも大きな発表告知がありファンを喜ばせた。

  • 孵化環境の改善
「パワーリスト」等のパワー系アイテムで対応した親の個体値を確実に遺伝出来る、
変わらずの石による性格固定が♂のポケモンの性格も遺伝出来る様になった、などの仕様変更。
DPtからの爺前固定も勿論可能で、孵化環境が更に改善され、対戦用のポケモンを誕生させる事が容易となった。

  • 新たなタマゴ技の習得
HGSSに新たなタマゴ技が追加された。これによって大きく強化されたポケモンも多い。
例として、もろはのずつきを獲得したボスゴドラ、パワーウィップを獲得したフシギバナ等。

  • 新たな教え技の登場
今作にも継続登場したバトルフロンティアでも、BPと引き換えに教え技を覚えてくれる人物がおり
Ptで登場した教え技に加え、新規の教え技を覚えられるようになった。
主な新規の教え技はけたぐり、いかりのまえば、いたみわけ等。
特にけたぐりは、次の年の禁止級伝説が解禁されたWCSで禁止級伝説の大半が重かったり、
ユキノオー、バンギラス、メタグロス等の流行により高威力を期待でき、
インファイトと違って、耐久を維持できる等の理由でトップクラスの使用率となる格闘技になった。


  • ミュウ配布
ポケットモンスター 金・銀10周年記念に、11/11~11/23ではHGSS限定でWi-Fiよりミュウが先行配布されることとなった。
GTSには出せないものの、初期Lvが5で性格も厳選可能である点に注目したい。
HGSSにおいて教え技がさらに追加されたため、対戦での活躍も期待できるだろう。
過去にも幾度とミュウは配布されていたが、イベントや映画限定が多く、ハードルが高い傾向にあった。
だが今回はWi-Fi環境さえ整っているor対応した店が近くにあれば1ソフト1匹限定とは言え、より気軽に入手できたため
今まで以上にミュウの普及が進んだ。

・ラティ系配布
2009年11月27日から2010年1月11日の間、HGではラティオス・SSではラティアスを呼び寄せる道具「なぞのすいしょう」が配布された。
ミュウと同じでWi-Fi環境があれば家でも入手できる。ちなみにシンボル系で登場するので、シンクロ厳選も可能。
これによりラティ系の厳選が非常に楽になり、準伝説使用可の対戦では高確率で出くわすように。
ちなみにこのラティ系は倒してしまってもニビシティからでれば復活する。

2010

  • 3/6 「ポケモンレンジャー 光の軌跡」 発売
ポケモンレンジャーシリーズ3作目。例によって今作も本編作品と連動があり、
Wi-Fi配信の特殊なミッションをクリアする事で、マナフィ・デオキシス・シェイミ・ヒードランを本編作品に送ることができた。
特にヒードランは性格がれいせいに固定されているとは言えここでしか覚えないふんかを覚えており非常に有用で、
幾多の廃人がヒードラン目当てにこのソフトを購入したのだった。
更にはミッションを受け取っておりかつヒードランを未送信のROMを中古から探す行為は「ドランくじ」と呼ばれ、
これまた幾多の廃人がドランくじに挑み苦渋を舐めさせられたのであった。
ミッションの配信期間が過ぎて数年と経ってしまった現在では、噴火ヒードランに巡り合うのは至難の業と言ってもいいだろう。
見かけたら大事にすべし。

  • WCSでのルール変更
去年のWCSがメタグロスやクレセリア等の決まったポケモンばかりが出ていてマンネリ化していた為か、
禁止級伝説を手持ちの中に2体まで入れられるというルール変更を決行。それにより劇的に環境が変化した。
GSルールという禁止伝説を使用できる対戦ルールとして後の世代にも親しまれ、研究が進む中で有名な初手が数多く作られていった。
主な有名な初手
カイオーガ&ルンパッパ(雨パと非雨パの両方が存在する)
ミュウツー&ユキノオー(必中となった吹雪を連打)
ホウオウ&ルンパッパ(ノオー、グロス、サルなどの非伝説に強いホウオウとオーガに強いルンパッパのコンビ)
ゴウカザル&パルキア(パルキアの同族運ゲーを阻止するためのサルの組み合わせ)
ディアルガ&ドーブル(トリパと非トリパの両方が存在する。読みにくい)
クレセリア&グラードン(クレセリアが手助けなどでサポートし、グラードンが地震を連発する。トリパでもある)
勿論これ以外にも数多くの初手が存在する。

  • 絶対零度スイクン配布
この年の劇場版前売券の特典として配布されたのが、通常では覚えないフレアドライブなどを覚えたエンテイ、
はどうだんなどを覚えたライコウ、そして「ぜったいれいど」などを覚えたスイクンのいずれか1体(いずれも色違い)であった。
性格のんき固定、色違い固定、プレシャスボール固定というデメリットがあるが、
ラプラス以上の耐久の非常に強力な絶対零度持ちが登場するとして、配信前から大きな話題になっていた。
解禁後にはWCSで早速登場して全国優勝を果たすなど、前評判に違わぬ大暴れ。
配布ポケモンが直接大会に影響を与え、環境にも大きく爪痕を残したのはこれが初のことであった。
(ダークライのダークホールも影響を与えたが、ドーブルを介してのことなので間接である。)

余談であるが、第5世代(ブラック・ホワイト)において、
自分のIDで捕獲できるアルセウスが配布された(パソコンとWi-Fiに接続できる環境が必要だが)事によって、
ダイヤモンド・パール・プラチナにおけるてんかいのふえの配布は永久にお蔵入りとなってしまった……。