タイプ別考察@フェアリータイプ



フェアリータイプの性能

攻撃面 防御面
弱点 かくとう・ドラゴン・あく 弱点 どく・はがね
半減 ほのお・どく・はがね 半減 かくとう・むし・あく
無効 無効 ドラゴン

さかさバトル

攻撃面 防御面
弱点 ほのお・どく・はがね 弱点 かくとう・むし・ドラゴン・あく
半減 かくとう・ドラゴン・あく 半減 どく・はがね

攻撃面

これまで弱点が2つしかなかったかくとう・ドラゴン・あくタイプに弱点をつける。
こちらが弱点をつかれるどく・はがねタイプに半減される他、ほのおタイプにも半減される。
実際には複合で色々変わってくるのだが、半減されるどく・はがね・ほのおの弱点をつけるのでじめんと攻撃相性が良い。

防御面

これまで猛威を奮っていたドラゴンを無効、かくとうを半減できるのが目を引く。
弱点となるどく・はがねはどちらも攻撃範囲がせまいといわれる点で共通する。

傾向

その名の通り妖精に関する作品が属する他、トゲキッスや技「てんしのキッス」の存在から天使に関する作品が多い。
また、アイドルポケモンとも言える可愛らしいイメージが大きい為か、向け作品癒し作品も扱われる。
作品もかつて毒タイプとして扱われていたが、第6世代においてペロッパフ・ペロリームが登場したことによりこのタイプに移籍することとなった。
第5世代までノーマルタイプの技だった「つきのひかり」や新技の「ムーンフォース」の存在からもある。

フェアリータイプをもつ複合タイプとその主な作品

複合タイプ 主な作品
ノーマル THE iDOLM@STER、うたの☆プリンスさまっ♪、おじゃる丸、ケット・シー (バンド)、ご注文はうさぎですか?、サンリオ、スケッチブック、だがしかし、たまゆら(アニメ)、とんがり帽子のメモル、なかよしペットシリーズ、nintendogs、ラブライブ!、Re:ステージ!(14)
★炎 HKT48、おでんくん、クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!、太陽の天使マーロー お花畑は大パニック!、天使のフライパン、天使のわけまえ (テレビドラマ)(6)
ARIA、ウンディーネ(小説)、温泉幼精ハコネちゃん、しずくちゃん、水月 (ゲーム)、ちびねこトムの大冒険、ぴちぴちピッチ、水の旅人 侍KIDS、守り人シリーズ(9)
電気 AKB48、Que 〜エンシェントリーフの妖精〜、JAMアキハバラ、ソードアート・オンライン、超次元ゲイム ネプテューヌ、電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェル、電脳天使 (小説)、光神話 パルテナの鏡、堀江由衣、LINE (アプリケーション) (9)
愛天使伝説ウェディングピーチ、あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ、カードキャプターさくら、竹取物語、となりのトトロ、花さか天使テンテンくん、ハナヤマタ、富士すばるランド、ぶどうの木 (洋菓子店)、ムーミン、森の陽気な小人たちベルフィーとリルビット、夢のクレヨン王国、レモンエンジェル (アイドルグループ)、レモンエンジェル (テレビアニメ)、レモン月夜の宇宙船、レモンの天使(16)
エルフ 〜サンタの国からやってきた〜、白雪姫、ちっちゃな雪使いシュガー、ハッピーアイスクリーム!、フェアリー (漫画)、プリティーリズム、ロッテ(7)
★格闘 おとぎ銃士 赤ずきん、ガールズ×ヒロイン!シリーズ、月光仮面、センダイガールズプロレスリング、テイルズ オブ シリーズ、闘姫伝承、美少女戦士セーラームーン、プリキュアシリーズ(8)
うんこさん-ツイてる人にしか見えない妖精-、バロック (ゲーム)、Panty&Stocking with Garterbelt、魔動天使うんポコ(4)
★地面 アラビアンナイト 砂漠の精霊王、砂の妖精、Riviera 〜約束の地リヴィエラ、ロウきゅーぶ!(4)
飛行 アンパンマン、AIR、風のクロノア、戦闘妖精・雪風、そらのおとしもの、たまこまーけっと、ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-、ぴよぴよ天使、わがままなツバサ(9)
エスパー おジャ魔女どれみ、オシャレ魔女♥ラブandベリー、おひめさまナビゲーション、コメットさん、しゅごキャラ!、スーパードール★リカちゃん、探偵オペラ ミルキィホームズ、月夜のフロマージュ、東京ミュウミュウ、ナースエンジェルりりかSOS、ぴたテン、ひみつのアッコちゃん、フェアリーランドストーリー、ふしぎ星の☆ふたご姫、星のカービィ、マイリトルポニー、まほうのルミティア、まほコレ~魔法☆あいどるコレクション~、魔法使いサリー、魔法のプリンセス ミンキーモモ、まもって!ロリポップ、見習い魔女とモコモコフレンズ、ミルモでポン!、夢色パティシエール、夢のチョコレート工場、リルぷりっ(27)
おしりかじり虫、甲虫王者ムシキング、少年忍者部隊月光、月のしっぽ(4)
JEWELINCLE じゅえりんくる〜12の妖精とふしぎな宝石箱〜、パネルでポン、フォーチュンサモナーズ 〜アルチェの精霊石〜、ムーンクリスタル (ゲーム)、ムサピィのチョコマーカー(5)
ゴースト Angel Beats!、おとぎストーリー 天使のしっぽ、恋するプリン!、死神とチョコレート・パフェ、スリーピー・ホロウの伝説、世話やきキツネの仙狐さん、月姫シリーズ、D→Aシリーズ、東方Project、夏目友人帳、乃木坂46、満月をさがして(12)
ドラゴン SKE48、神様家族、神羅万象チョコ、セイント・ビースト、戦国驍刃デュラハン〜下弦の継承者〜、デュエル・マスターズ、FAIRY TAIL、プリンセスコネクト!、ヨーロッパ(9)
アウトブレイク・カンパニー 〜萌える侵略者〜、悪戯天使、いたずら天使チッポちゃん、NMB48、エンジェル伝説、快盗天使ツインエンジェル、ガヴリールドロップアウト、傷だらけの天使、ゴッド・アーミー/悪の天使、サディスティックムーン、シスター・ルカは祈らないで!!、僕は友達が少ない、しはるじぇねしす、ダーク・エンジェル (バンド)、BLACK/MATRIX、撲殺天使ドクロちゃん(16)
アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-、ANGELIC LAYER、神無月の巫女、ギャラクシーエンジェル、きんいろモザイク、鋼鉄天使くるみ、ドアマイガーD、ヘキサムーン・ガーディアンズ、ミクロマンシリーズ(9)

★マークは現在ポケモンに存在しないタイプの組み合わせ

フェアリータイプが使うおもな技

タイプ一致攻撃技
技名 直接攻撃 物理特殊 威力 命中 PP 対象 追加効果・備考
ムーンフォース × 特殊 95 100 15 単体 30%で特攻↓
マジカルシャイン × 特殊 80 100 10 全体 通常攻撃
ようせいのかぜ × 特殊 40 100 30 単体 通常攻撃
チャームボイス × 特殊 40 --- 30 全体 必中
ドレインキッス 特殊 50 100 10 単体 与えたダメージの半分HP回復
じゃれつく 物理 90 90 10 単体 10%で攻撃↓

補助技
技名 直接攻撃 命中 PP 対象 追加効果・備考
あまえる × 100 20 単体 攻撃↓↓・第5世代までノーマルタイプ
てんしのキッス × 75 10 単体 混乱・第5世代までノーマルタイプ
つきのひかり × --- 5 自分 HP回復(通常は1/2、晴れは2/3、その他天候は1/4)・第5世代までノーマルタイプ
ジオコントロール × --- 10 自分 1ターン目に貯めて、2ターン目に素早さ↑↑特攻↑↑特防↑↑・ゼルネアス専用技
ミストフィールド × --- 10 全体の場 5ターン地面にいるポケモンは状態異常にならない・ドラゴンタイプの威力を半減
アロマミスト × --- 20 味方1体 味方の特防↑・フレフワン専用技
フラワーガード × --- 20 全体の場 くさタイプの防御↑
つぶらなひとみ × 100 30 単体 攻撃↓(優先度+1)
フェアリーロック × --- 10 全体の場 次のターン、すべてのポケモンは逃げられないようにする・クレッフィ専用技
トリックガード × --- 10 味方の場 そのターンの間、すべての味方への変化技を無効化する・優先度+3・クレッフィ専用技

要注意作品

単体として

星のカービィ:主人公であるカービィは「ピンクの悪魔」の異名を持つ。
カードキャプターさくら:通称「NHKの本気」と言われる通り、今でも根強い人気を誇る非常にポテンシャルの高い作品。もちろん、個々の戦闘能力も非常に高いので注意。
夢色パティシエール:第56回(平成22年度)小学館漫画賞児童向け部門受賞作品に認定された。
探偵オペラミルキィホームズ:予想の斜め上をいく展開に視聴者は度胆を抜かれること間違いなし。
となりのトトロ:言わずと知れたジブリの名作。公開から長年経った今でも金曜ロードショーなどで攻撃を仕掛けてくる。

チームとして

セーラームーンシリーズ:言わずと知れた名作。それぞれ高い戦闘力と浄化能力を持っているので注意。
おジャ魔女どれみ:ニチアサ幼女向けアニメらしい可愛らしくポップな絵柄とは裏腹に、骨太・意外と重いストーリーは今でもなお評価され続けている。
プリキュアシリーズ:41人のプリキュアの合体技は極めて強烈。食らったら一撃で粉砕される。今後も人数は増えると予想される。
THE iDOLM@STER:765プロの個性豊かなアイドルたちのパフォーマンスには魅了されること間違いなし。876プロの3人やモバイル版(デレマス、ミリマス、エムマス、シャニマス)にも要注意。
うたの☆プリンスさまっ♪:男性アイドルアニメ&ゲームの先駆け。ST☆RISH、QUARTET NIGHT共々高い歌唱力と予想の斜め上を行くパフォーマンスで腹筋と財布にダメージを与えてくる。

ご意見所

< @wiki PR >