ポケモン別考察 / あ行 / か~き / く~こ / さ行 / た行 / な行 / は~ひ / ふ~ほ / ま~や行 / ら~わ行 


マーシャドー


唯一のかくとう・ゴーストタイプかつ数少ないアローラの幻のポケモン。臆病で引っ込み思案な性格だが、を対象の行動や能力をコピーすることができる。
ゲンガーというライバルが存在するが、こちらには「シャドースチール」、「インファイト」、「とぎすます」、「とびげり」が覚えることから差別可能である。

マイナン


名前と特性の通りマイナスに関係するキャラクターに起用される。
おうえんポケモンという分類や火花のボンボンで仲間を励ますという図鑑説明から、チアリーダーに起用されることも。
対になるプラスルとはなどセットケーも多い。
ちなみにプラスルは覚えない「あまえる」「きりふだ」を覚えることができる。

<リンク>

マグカルゴ


唯一のほのお・いわタイプのポケモン。「ようがんポケモン」という分類の通り、キャラクターに起用されることが多い。また、ターにも起用されることも可能。

<リンク>

マシェード


のポケモンだが、珍しく人型に近い外見である。
ゴーストタイプではないものの、怪しい光に惑わされると二度と帰ることができなくなったり、眠った獲物の精気を吸い取るなど、恐ろしい習性を持ち、顔をまで併せ持った不気味な特徴だ。
パラセクト、キノガッサ、モロバレル等ライバルがいるが、こちらは「ちからをすいとる」「あやしいひかり」「でんじは」「ムーンフォース」「ドわすれ」といった技を覚えることができ、特性「はっこう」と「あめうけざら」なので十分差別化は難しくないだろう。

<リンク>

マスキッパ


ハエトリグサがモチーフと思しきポケモンで、鋭い牙が生えた大きな口を持つだけあってくさタイプには珍しく「かみつく」「かみくだく」「むしくい」といった技を覚えることができる。
また、下半身はツタ状になっており、「つるのムチ」や「パワーウィップ」も習得可能で、植物モンスターに多く起用される。
丸く平べったい頭の形は、ハンに例えられることも。
特性ふゆうを持つことを活かしてみるのもいいだろう。

<リンク>

マタドガス


人類の生み出した廃棄物質から生まれたポケモン。最終進化形の双頭ポケモンにつき、双頭・双子・きょうだい・コンビのキャラクターにうってつけだけはなく、ガスに関するキャラクターに起用されることもある。
だいばくはつ」「おきみやげ」といった瀕死状態なる技が多い。
進化前のドガースは、「ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ」でモンスターボールから出現していたが、「大乱闘スマッシュブラザーズDX」にてマタドガスが登場したことで出番を譲られることになった。しかし、「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」では16年ぶりに「フィールドスマッシュ」の雑魚役として復活を果たす。毒ガスに触れるとダメージを受けるだけではなく100%の確率でファイターが最も多いパワーアップアイテムを弱体化することも多い上に、特にボックンメイジカメックと組み合わせると厄介。
「ポケットモンスター ベストウイッシュ」では、ホミカの手持ちとして登場しており、進化前とは思えない挑戦者やサトシのガントル、ケンホロウを無双するほどの実力を持ち、ハハコモリ戦まで活躍を見せた。

<リンク>

マッギョ


唯一のじめん・でんきタイプのポケモン。ヒラメのような姿をしているが、ポケモン図鑑説明文によれば泥に埋まって獲物を待ち構え、電気で痺れさせることからシビレエイを髣髴とさせる。
トラップポケモン」の分類を持ち、技にも「がまん」、「エレキネット」、「ステルスロック」等でトラップ系技が豊富である。
余談だが、『スーパーポケモンスクランブル』では「あいことば」を入力することで通り名を持つ「しばり」であるが、夢特性「すながくれ」であるため「のろわれボディ」を持たない。

<リンク>

マッシブーン


モチーフしたウルトラビーストの一種。自慢のパワーを持ち、「きあいパンチ」、「かみなりパンチ」、「ばくれつパンチ」、「れいとうパンチ」、「れんぞくパンチ」等のパンチ技が覚える。
ヘラクロスが存在するが、こちらは「アームハンマー」、「とびかかる」、「ジャイロボール」が覚えるので差別しやすい。

<リンク>

マッスグマ


モチーフはアナグマと思われるポケモン。まっすぐ直線的な移動が得意として曲がったことが嫌うことから起用される。
ゲームキューブ用ソフト「ポケモンボックス」にポケモンを100匹以上預けると、「しんそく」を覚えたジグザグマのタマゴがもらえることができる(ただし、『スーパーポケモンスクランブル』では覚えることができない)。
ちなみに、分類が「とっしんポケモン」で、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』では「とっしん」が覚えられるようになった。
『スーパーポケモンスクランブル』では何故かロックエリア(3-1)に生息するという変り種である。

<リンク>

マナフィ


単みずタイプの幻のポケモン。オネのキャラクターを起用される。
タマゴ未発見グループに見えるが、メタモンと一緒に育て屋に預けることで、フィオネのタマゴを発見できることからタマゴグループでは水中1・妖精グループに分類されている。
専用技「ハートスワップ」の存在からお互いの能力を入れ替えるキャラクターを起用される。

<リンク>

マニューラ


唯一のあく・こおりタイプのポケモン。キャラクターに起用されることが多い。
分類が「かぎづめポケモン」で、4・5匹のグループで行動するとされており、ずる賢い性格をしている。あくタイプの一致技である「つじぎり」に加え、「きりさく」「シザークロス」を使いこなす氷タイプの剣技の使い手である。(参考:剣士たちの技比較
ただしこの分野に関しては第五世代でレパルダスというライバルが登場したが、こちらは「こおりのつぶて」、「れいとうビーム」、「なみのり」など覚えられることから差別化可能。
頭から羽のようなものが生えていることも起用要因となる。
夢特性は「わるいてぐせ」であり、進化前のニューラは「4コマ大百科」で女怪盗、マニューラはポケダンで盗賊団を務めていたことから、悪役に起用してみるのも一興だ。
一部、進化前のニューラは公式イラストにあわせ体色が紺色になっているものの、体色は『金・銀』では何故か茶色になっていたことから起用することも。

<リンク>

マフォクシー


をモチーフしたカロス御三家のひとつ。ほのおタイプの中でもであり、
女に近い姿をしており、エスパータイプに加えて「みらいよち」や「サイケこうせん」が覚え、精神統一することで未来の出来事を見通す能力を持つ。
キツネ型を担当するキュウコンやゾロアーク、魔女型を担当するムウマージやシャンデラというライバルが多いが、「グロウパンチ」、「すりかえ」等が覚えることから差別可能。
進化前であるフォッコ(後に64話でテールナーに進化)はアニメ版で使い手であるセレナが主人公サトシにヒロインで唯一恋愛感情を抱いていることから主人公の候補№1のキャラに起用も可能。
当初は『ポケットモンスター XY』では「マジカルシャイン」が覚えられなかったが、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』では覚えられるようなった代わりにXYまで専用技だった「マジカルフレイム」がムウマージにも習得されている。

<リンク>

ママンボウ


第5世代から登場する単みずタイプのポケモン。
女性的なイメージから由来はママン+をモチーフしたと思われるポケモンで、ハピナスと似たポジションだが、♂も存在する。
いやしのねがい」、「いやしのはどう」といった回復技が覚えるが、ハピナスとタブンネが覚えられない「アクアジェット」、「ワイドガード」、「ミラーコート」等が覚えることから差別化しやすいだろう。

<リンク>

マラカッチ


数少ない1本足のポケモンで、その見た目はサボテンのキャラクターに起用されることが多い。
ポケモン図鑑説明文のように「はなびらのまい」が覚える他、アップテンポの踊るのが得意とすることからダンサーのキャラも起用できる。

<リンク>

マリルリ


その可愛らしい見た目とは裏腹に、特性「ちからもち」によって凄まじい破壊力を生み出せるポケモン。なりきり界でもその特性は健在であり、力、持ちキャラクターや、見た目とのギャップが激しいキャラに起用する事が出来る。あまり注目されないが、もう片方の特性「あついしぼう」も十分生かせるだろう。
無論、の候補としてもしっかり起用可能。この点ではミミロップがライバルとして立ちはだかるが、こちらは「」、「さわぐ」、「ほろびのうた」といった音技を多数使いこなすことが出来、これによって差別化が可能。(参考:音楽家たちの技比較
この事に関してはプクリンも同様の事が可能だが、ちからもち込みであれば火力は雲泥の差であり、そしてみずタイプである事がミミロップやプクリンとの最大の差別化点となる。
サイドストーリーにて三石琴乃が声を担当したことがあり、そのためか声優ネタとして使われることが多い
はらだいこ」、「プレゼント」など、結構変わった技も色々使えるので活用してみよう。
他にもマリルが「ぞうきんみたいなにおい」と作中で言われてしまったり、ルリリからマリルに進化する際に一部の個体がメスからオスに性転換してしまうなど、ネタに欠かさない系統だ。
『ポケットモンスター 金・銀』でレア度が高かったが、『ポケットモンスター エメラルド』では、様々な道路に生息していることが多くなった。
XYではフェアリータイプが追加された。

<リンク>

マルノーム


呑み得意とするキャクターにもちろん起用されるほか、
顔文字のような顔つきも特徴的な一匹。
主観にもよるだろうが、同タイプで技構成の似たベトベトン・ダストダスと比べると、愛嬌があると感じやすい外見ではないだろうか。

<リンク>

マルマイン


モンスターボールに似た赤と白丸いしたポケモンで、禿頭のキャラターに起用される。
ダンボールのあだ名を持ち、するメー強い
第2世代までは全ポケモン中最も高い素早さ種族値を誇っていたため、素早動きのキャラクターの候補としても活躍している。
またアイテムに化けていることも起用要因。

<リンク>

マンタイン


エアームドの種族値とは対になっており、こちらには特防種族値が140と高いポケモン。高さが2.1mと大きいが、攻撃が低めで大人しい性格である。
グラフィックではテッポウオが張り付いているが、捕獲してもテッポウオは手に入らず、戦闘でもテッポウオは攻撃に加わらない。なお、『ダイヤモンド・パール』以降のマンタインのグラフィックにはテッポウオは登場しなくなったようだ。

<リンク>

マンムー


イノムーが「げんしのちから」を覚えた状態でレベルアップして進化した姿で、性格が攻撃的に変わった唯一のじめん・こおりタイプのポケモン。キャラクターを起用される。
進化前のイノムーはシシのキャラクターを起用される。

<リンク>

ミカルゲ


ヤミラミと同じく数少ないゴースト・あくタイプのポケモン。「ふういんポケモン」の分類の通り、怨霊の集合体ともいわれ、れているキャラター魂のキャラに起用されることが多い。また、のないタイプの組み合わせを持っているのも特徴で、外見はブラックホールのような姿をしており起用可能。
鳴き声から、陰陽に起用してみるのも一興だ。

<リンク>

ミノマダム


ミノムッチ♀がLv20で進化したポケモン。野生での出現時、及び戦闘終了時の地形によって姿を変えるという珍しい特徴を持つ(ただし進化系のミノマダムとは異なり、タイプは変わらない)。草木、砂地、ゴミの再現は言わずもがな、全てのフォルムをセットで使用するのも一つの手だ。
一方、もう一つの分岐進化先であるガーメイルとセットで扱われることも。

<リンク>

ミミッキュ


唯一のゴースト・フェアリータイプで、でピカチュウに擬態しているが、本来の姿は未だに明かされていない不明のポケモン。愛嬌のあるポケモンだが実は、中身を見たある科学者がショック死するほど恐ろしい場面を持つ。しかし、人や他のポケモンに近づきながら仲良くなりたいのか、本当は寂しがりかもしれない。攻撃の際は、ボロ布の下から影のようなを出すことがある。
ばけのかわ」はダメージを一度だけ防ぐことができる優秀な特性だが、首がへし折れてしまうもののこれは無傷の証拠。
第7世代から参戦した関わらずグッズ及び対戦界では人気を誇り、圧倒的な実力を持ちながら上位に昇りついた。
「サン&ムーン」第4話「モクロー登場! アローラでポケモンゲットだぜ!!」以降でムサシの手持ちとして登場するが、サトシのピカチュウを憎悪するあまりに、ムサシの指示を無視して容赦なく攻撃を仕掛けることがある。
「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」では相手を呑みこむかのように包みこむ専用Zワザを獲得。上記のように対戦界でもなりきりネタでも多方面で活躍していた彼だが、これを生かして新たに丸呑み系のネタにも起用してみるのも面白いか。
この場合はマルノームの存在がちらつくが、こちらにはシャドークローやじゃれつくなどあちらが覚えない技も多いのでそれを生かした使い方で差別化を図っていきたい。

<リンク>

ミミロップ


個別ページ⇒ミミロップ

ミュウ


初代幻のポケモンである単エスパータイプ。全ての技が覚えられることから能力に関するキャラクターに起用される。
ミュウツーとは違って非常に短くて細い細やかな体毛、かわいらしさを兼ね備えている点から同タイプのポケモンとの使い分けが可能。
南米ジャングルの奥地に住むとされているが、『スーパーポケモンスクランブル』では何故かファクトリーエリア(4-3)に生息するという変り種である。

<リンク>

ミュウツー


個別ページ⇒ミュウツー

ミルタンク


ポケモンで、「」「ルク」という明確なイメージを持ち、またしかいないためケンタロスやバッフロンとの差別化が可能。
上述した特徴からへの起用も可能で、更にアニメのエピソード「せいぼミルタンク」特性「きもったま」を持つため母親キャラの候補としても活躍できる。

<リンク>

ミルホッグ


主にのキャラクターに起用することが多いが、特性「はっこう」や「あやしいひかり」が覚えることから発光のキャラに起用することもある。
出っ歯使いのラッタというライバルいるものの、「けたぐり」、「さいみんじゅつ」、「がまん」等が覚えることから差別可能。

<リンク>

ミロカロス


第3世代から登場する単みずタイプのポケモン。モチーフはと思われるが、実際はリュウグウノツカイに似たような外見を持つ。
ポケモン図鑑によれば、最も美しいとされるポケモンであり、「いつくしみポケモン」に分類されており、そのキャクターの候補に選ばれることが多い。
凶暴な性格であるギャラドスとは対照的に、見る者の心を癒して争いごとを鎮める力があり、自らの体がピンクに輝くとき、荒んだ心を忘れさせる波動を放つという慈愛と慈悲の象徴を持つ。
一部、進化条件が第3世代と第4世代のDP/Pt・OR・ASはうつくしさMAX、第4世代のHGSSでは、懐き、第5世代とX・Yではきれいなウロコを持たせて通信交換するという変わった唯一の存在である。

<リンク>

ムーランド


第5世代に登場するポケモン。外見はヒゲに生やした老人を彷彿とさせるが、こちらも♀が存在する。
ポケモン図鑑説明文によれば山や海で遭難した人を救助することが得意とすることから救出隊のイメージに強い。

<リンク>

ムウマージ


紫や黒の服装姿、ポケモン図鑑のという記述、マジカルポケモンという分類などの特徴から、
エスパータイプを持たないながらもターの候補として起用される。
「いやしのすず」「いやなおと」「ほろびのうた」と、音を使った技も得意とする方である。(参考:音楽家たちの技比較
PDWでは「古びた洋館」に生息しており、夢特性を持たないが通常で覚えられない技「れんごく」を習得した。
上記よりメスのイメージが強いが、雌雄比は半々でちゃんとオスも存在する
なお、『ポケモン+ノブナガの野望』に登場するノウヒメのパートナーポケモンとして務めており、妖艶のキャラとの相性が良い。

<リンク>

ムクホーク


ような姿をしたポケモンだが、髪型にリーゼントに起用することは忘れてはいけない。
攻撃種族値が120、素早さ種族値が100と恥じず、「最強クラスポケモン(物理&ひこうタイプ)」に選ばれており、トゲキッスと同じくひこうタイプのトップクラスと言えるだろう。
『ポケモン+ノブナガの野望』にも登場しており、唯一の最強のひこうタイプの技である「イブバード」を使用する。だが、ゲーム本編と異なり、与えたダメージの3分の1ダメージを自分も受けるではなく、自分の防御を1段階下がる上で、1マスしか進まなくなるデメリット効果が変更されており、まさにライチュウのひこうタイプ版と言える。これまで対策としてかくとうタイプの技である「インファイト」が存在しないことにより、いわタイプやはがねタイプには突破できなくなってしまっている。

<リンク>

ムゲンダイナ


ガラル地方に落下した隕石の中に潜んでいた伝説のポケモン。竜の骨格のような姿をしており、分類が「キョダイポケモン」というホエルオーですら超えるほど上回る。
「マクロコスモス」のローズの計画によって目覚め、エネルギープラント屋上にダンテはモンスターボールを投げるも失敗に終わり、主人公まで襲い掛かる。撃破するとムゲンダイマックスすることで、禍々しい巨大な手の容姿になり、プレイヤーが使用できない(他にも「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊」の闇のディアルガ、「スーパーポケモンスクランブル」のくろのラスト、「ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮」の氷触体、「ポケモン超不思議のダンジョン」の虚無の影、ダークマターが存在するが外伝に非ポケモンとして扱う)敵専用のポケモンはダークルギア以来となる。

ムシャーナ


型のエスパーポケモンで催眠術使いとスリーパーとの共通点が多いが、外見的には異なる点が多くピンと薄紫のかわいらしい姿で目を閉じている
ゲームシンクのマスコット的存在なだけあって眠りするキャラターに起用されることが多い。
進化前のムンナは見た目のかわいらしさから、ピンク色のキャラアイドル系のキャラヒロインのキャラに起用される事もある。
しかし、『ポケモン+ノブナガの野望』ではムンナの「サイケこうせん」は火力が高いのに何故か「さいみんじゅつ」になっている。しかも相手をねむり状態になるだけでダメージを与えることができないことからサポート型と言えるのだろうか。

<リンク>

メガニウム


ジョウト御三家の単くさタイプのポケモン。キャラクターに起用される。
竜脚類ということに関してはトロピウスというライバルがいるが、「いやしのはどう」、「くさぶえ」等が覚えられることから差別可能。

<リンク>

メガヤンマ


ヤンヤンマが「げんしのちから」を覚えた状態でレベルアップで進化したポケモン。のキャクターに起用されるだけではなく、メガネキャラにも起用可能。
「つばめがえし」、「きりさく」、「つじぎり」等斬撃技も覚え、ポケモン図鑑説明文によれば、高速飛行してすれ違いざまに対象を噛みちぎるという設定のことから「むしくい」が覚えるが、「かみくだく」が覚えられない。
また、同じDP新進化であるトゲキッスとはとして扱われることもある。

<リンク>

メタグロス


個別ページ⇒メタグロス

メタモン



<リンク>

メブキジカ


鹿モチーフされたことからうってつけのポケモン。季節によって背中の毛色と匂いが変わる珍しい特徴を持つ。
専用技「ウッドホーン」は、相手に与えたダメージの半分だけHPを回復する技「ギガドレイン」と同様だが物理技であり、直接攻撃も付いている。

<リンク>

メロエッタ


イッシュ地方の幻のポケモンの一種。音楽関係するキャラに起用される。フォルムチェンジが可能であり、ステップフォルムでは、数少ない女性型のかくとうタイプに起用することから重宝されることも言える。専用技「いにしえのうた」存在からアイドルのキャラに起用されるようだ。
…と言っても歌やパンチ技だけではなく、実は剣技も習得できたりする。
外見は♀に見えるが、性別不明であることから起用する時は注意しよう。そのためこれを利用して男性のキャラに起用することも可能である。
他のももクロポケモンとセットで扱われる際には、ボイスフォルムの場合は女性的なイメージ、ステップフォルムの場合はオレンジ色のキャラ担当をすることもあるようだ。

<リンク>

モジャンボ


モンジャラが「げんしのちから」を覚えた状態でレベルアップで進化したと思われており、全身を覆う蔓が特徴を持ち、顔と体が一体化したような姿をしたポケモン。
第4世代では「最強クラスポケモン(物理&くさタイプ)」に選ばれていたが、最強クラスポケモンの中では最も使いにくく使用率も低い上に、キノガッサとは比較に劣る。しかし、技のケースには「パワーウィップ」、「いたみわけ」、「いかりのこな」等が覚えるので損はないだろう。

<リンク>

モルフォン


初代ポケモン。色違いはモルフォチョウを髣髴とさせる名前だが、分類が「どくがポケモン」である。
毒蛾だけに限らずキャラに起用されることも忘れてはいけない。
特性「いろめがね」にはキャラに起用されるのがカギとなる。

<リンク>

メレシー


カロス地方にある「うつしみのどうくつ」にしか生息しないポケモンで、性格は臆病である為か出現しにくい。
分類が「ほうせきポケモン」であることから宝石に関するキャラクターに起用されることも少なくない。
『ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー』では、ゲーム本編に登場しないが「マジマ」「ナイト」「ジョーク」「ダイイ」は外見や体格がそれぞれ若干異なり個体名も持つメレシーが登場している。

<リンク>


モロバレル


くさ・どくタイプのポケモン。キャラクターに起用されることが多い。またアイテムに化けていることも起用要因となる。
キノコ型ポケモンということに関してはパラセクト、キノガッサというライバルがいるが、唯一4倍弱点を持たない他、「だましうち」等覚えられることから差別可能。

<リンク>

ヤドキング


ヤドンが「おうじゃのしるし」を持たせて通信交換で進化したポケモン。名前に「キング」の通りにに起用されることが多い。ただし、名前に「キング」とあり、♂限定のような感じもするが、実際は♀も存在する。
ニドキング・ケッキング・キングドラなど他にも「キング」という名を冠するポケモンは多くいるが、その中でも王冠をかぶっているのはヤドキングだけだ。
頭にシェルダーが噛みついているが進化の際手持ちにシェルダーは必要ないようだ。

<リンク>

ヤドラン


個別ページ⇒ヤドラン

ヤナッキー


三猿の一匹の単くさタイプのポケモン。サルのキャラに起用される。
同じ三猿であるバオッキー、ヒヤッキーとは三つ子のきょうだいのキャラクターなど、セットケーが多い。
また、頭部にトゲのような物にリーに起用可能だ。
同じ二足歩行のサル型ポケモンにエテボース、ゴウカザル等がいるが、気性が荒い性格で、「やどりぎのタネ」等覚えられることから差別可能。
『ポケモン+ノブナガの野望』で三猿と共に参戦するが、「タネばくだん」が存在されておらず、何故か「リーフストーム」を使うタマゴ技である。

<リンク>

ヤミラミ


個性ページ⇒ヤミラミ

ユキノオー


固体ページ⇒ユキノオー

ユキメノコ


ユキワラシ♀が「めざめいし」を使用して進化した姿。のキャラクターを起用される。
また、外見から起用されることが多いようだ。

<リンク>

ユクシー


UMAの一匹で、知識の神と呼ばれるポケモン。エムリットとアグノムとは
普段は目を閉じているが、目を合わせた者の記憶を一瞬で消してしまう能力を持つ
また、頭にメロンパンのような形の部位があることも起用の要因となる。

<リンク>

ユレイドル


「いわつぼポケモン」の分類の通り、壷のイメージや防御種族値が97と特防種族値が107と高めで、非常に豊富な補助技を持つポケモン。
その見た目からウミユリイソギンチャクに起用することもあるようだ。
頭部の触手から、ドレッドヘアのキャラクターに起用してみるのも一興だ。

<リンク>

ヨノワール


大きな1が特徴。また、魂を取り込みあの世へ運ぶという設定は、彿とさせる。
他にはポケダンで悪役を務めた経緯からか、起用されることもあるようだ。
ヨマワルの特性「ふゆう」の影響で夢特性が存在しなかったが、第6世代に夢特性「おみとおし」が存在したことにより戦略が増えた。また、「ポケモン+ノブナガの野望」に登場する特性「ジャミング」、「ブラックホール」、「すごみ」が登場しているため再現を活かすのもある。
進化前のサマヨールも、、もしくは外見や、なんでも吸い込むという図鑑説明から起用される事がある。
進化前のヨマワルは骸骨や幽霊のキャラクターに起用される事がある。

<リンク>

ヨルノズク


エスパータイプではないのだが「さいみんじゅつ」「ねんりき」「しねんのずつき」「じんつうりき」「サイコキネシス」「ゆめくい」など様々なエスパータイプの技を多く覚えることができるノーマル・ひこうタイプのポケモンで、ャラクターにうってつけだ。
他の技に「ナイトヘッド」、「ぎんいろのかぜ」を覚えられる変り種である。

<リンク>