実践例 > その4

★このページのパーティ・立ち回りは 第六世代の環境をベース に作成されたものですなwww注意以外ありえないwwww

★使用ヤーティ

ヤケモン 性格 特性 持ち物 ステータス 技1 技2 技3 技4
ゆうかん いかく
[スカイスキン]
ボーマンダナイト 202-205-100-130-101-108
[202-216-150-140-111-126]
(H252 A252 D4)
すてみタックル りゅうせいぐん じしん だいもんじ
いじっぱり ちからもち せいれいプレート 203-112-102-×-103-71
(H220 A252 B12 D20 S4)
アクアテール じゃれつく ばかぢから はたきおとす
ひかえめ ふゆう こだわりメガネ 157-×-128-171-128-106
(H252 C248 B4 D4)
リーフストーム かみなり めざめるパワー炎 ボルトチェンジ
いじっぱり ハードロック たつじんのおび 191-211-150-×-107-60
(A252 D252 H4)
ストーンエッジ じしん ばかぢから れいとうパンツ
いじっぱり いかく こだわりハチマキ 172-156-135-×-136-78
(H252 A252 D4)
はたきおとす とびひざげり ストーンエッジ れいとうパンツ
れいせい バトルスイッチ いのちのたま 167-70-170-112-171-72
(H252 C252 D4)
シャドーボール ラスターカノン めざめるパワー氷 せいなるつるぎ

★選出

自分ヤーティ 相手パーティ





んんwwwww見せ合いで相手にドラゴンがいないですなwwwww
さらに見せあいで相手に鋼もフェアリーもいないですなwwwww
ただし数値で受けを成立させるポリゴン2がいますぞwww

相手にドラゴン,鋼,フェアリーがいないためここはヤーマンダを選出したいところですなwww
しかしヤーマンダで役割を持てる相手がバシャーモくらいしかいませんぞwww
おまけにこのヤーマンダは物理型であり、りゅうせいぐんの威力が期待できませんなwwww

以上のことから、ヤーマンダの選出は避けた方がよろしいでしょうなwww
しかしそうなるとバシャーモがこのヤーティに対してかなり刺さり気味になりますぞwwww
したがってバシャーモに役割が持てて厄介なポリゴン2にもはたきおとすとばかぢからが入るヤリルリは確定ですなwwwwww

相手PTでヤリルリに対して強いポケモンはボルトロス,ゲンガーですなwwwwww
ボルトロスにはカットヤトムやヤサイドンが、ゲンガーにはヤルズキンが役割を持てますぞwww
このことからまずヤルズキンは選出確定以外ありえないwwww

ヤリルリ、ヤルズキンで苦戦しそうな相手はボルトロス,スイクンですなwwww
先ほどのボルトロスに役割が持てるカットヤトム、ヤサイドンのうちスイクンを考慮すると、カットヤトムを選出する以外ありえないwwww

念のために役割範囲の確認をしておきますぞwwww上が役割の持てるヤケモン、下が役割対象ですなwww
自分ヤーティ
相手パーティ

んんwwwwヤルズキンが過労死しそうなので大事に扱う以外ありえないwwww
それでは選出が決まったので先発を決めますぞwwwシングル戦は先発の相性が非常に重要ですなwww

ここで必要な考え方は、負け筋を作る対面は何かを考えることですぞwwwwなんとなくで選ぶのは絶対にありえないwwww
具体的には今回選出する3匹全体に対して最も有利に立ちまわれるポケモンを考えるべきですぞwwwwつまりゲンガーガルーラですなwwww
特にメガゲンガーのヘドロばくだんはヤルズキンに対して超高乱数2発であり、毒の一貫性が高すぎますなwwww
以上のことから、先発はヤルズキン以外ありえないwwww

1匹目 2匹目 3匹目


★対戦

自分 相手
HP172/172
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
いきょうとが しょうぶを しかけてきた!
いきょうとは バシャーモを くりだした!
ゆけっ! ヤルズキン!
ヤルズキンの いかく
あいての バシャーモの こうげきが さがった!

■1ターン目

●選択

自分 相手
HP172/172
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
んんwww対戦よろしくお願いしますぞwwww論者たるもの常に相手に敬意を払う以外ありえないwwwwwww
ここは説明不要ですかなwwwwヤリルリに交代以外ありえないwwwww

●行動

自分 相手
HP203/203
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
ヤルズキン もどれ!
ゆけっ! ヤリルリ!

自分 相手
HP139/203
[||||||||||||||||||||||          ]
HP
[|||||||||||||||||||||||||||||   ]
あいての バシャーモの とびひざげり!
こうかは いまひとつのようだ……
あいての バシャーモは
いのちが すこしけずられた!
あいての バシャーモは
かそくで すばやさが あがった!


■2ターン目

●選択

自分 相手
HP139/203
[||||||||||||||||||||||          ]
HP
[|||||||||||||||||||||||||||||   ]
んんwwwwいかくを入れているので余裕で受けられましたなwwwwww
ここは素直にアクアテールを選択してはいけませんぞwwww 本番は耐える以外ありえないwwwwww

どういうことか説明しますぞwwww
まずこのバシャーモが取れる行動は総合的にロジックすると交代以外ありえないwwww
なぜならここで相手はバシャーモを失うと一般的なズルズキンの突破が厳しくなる上に、こちらのヤーマンダ対策で必ず物理受けが控えているからですなwwww
一方で居座ることによるメリットはこちらがはらだいこをする場合のみですぞwwww明らかにリスクとリターンが釣り合っていませんなwwwww

仮に物理受けに交代するとして、出てくるのはポリゴン2スイクンですなwww
特に厄介なのはスイクンですぞwwwもしこのポケモンがメジャーなHB特化のゴツゴツメット持ちだった場合、そのまま攻撃するとヤリルリのHPが削られてしまいますなwww
するといかくを入れたバシャーモのとびひざげりを2回耐えることが不可能となり、こちらのサイクルが実質崩壊してしまいますぞwwwwwwありえないwwww

以上のことから、この場面はこちらも交代以外ありえないwwww
問題はどちらに交代するかですなwwwwここは相手からするとポリゴン2とスイクン両方がいた場合、スイクンを優先的に出してくるはずですぞwwww
したがってそれに有利なカットヤトムに交代以外ありえないwwwwwポリゴン2が来ても悪い対面ではないですぞwww

●行動

自分 相手
HP139/203
[||||||||||||||||||||||          ]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
いきょうとは バシャーモを ひっこめた!
いきょうとは スイクンを くりだした!

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
ヤリルリ もどれ!
ゆけっ! カットヤトム!!


■3ターン目

●選択

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
んんwwwマーベラスwwww見事にスイクンが出てきましたなwwww
ここは絶対にかみなり以外ありえないwwwwwwwwww

迷わずかみなりを選択する理由は以下の通りですぞwwww一言でいえば電気の一貫性が非常に高いからですなwwww
  • 特化メガネかみなりでH252スイクン、無振りバシャーモ、無振りボルトロス、無振りゲンガーが確定1発
  • 同条件で無振りガルーラが低乱数1発、H244ポリゴン2が超高乱数2発
  • 特化メガネボルトチェンジだとスイクンが倒せない(ヤルズキンが消耗してラスト一体に役割を持てない可能性がある)

ここまでわざわざ計算する必要があるのか、と思うかもしれませんが、可能であればダメージ計算は行った方がよいですぞwww
被&与ダメージが分かっていれば型の判別やこの先の試合運びがスムーズになりますからなwwww怠慢はありえないwwwww

なお、このように相手の交換を誘い、それに合わせてこちらも交換して有利対面を作ることを釣り出しと言いますぞwwww
初心者には難しいですが有用なテクニックなので覚えておく以外ありえないwwww

●行動

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
いきょうとは スイクンを ひっこめた!
いきょうとは ボルトロスを くりだした!

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[                                ]
カットヤトムの かみなり!
あいての ボルトロスは たおれた!

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[|||||||||||||||||||||||||||||   ]
いきょうとは バシャーモを くりだした!


■4ターン目

●選択

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[|||||||||||||||||||||||||||||   ]
んんwwwwエクセレントwwwww相手のサイクルが崩壊しましたなwwwww
ここで今一度役割関係を把握しておきますぞwwww

自分ヤーティ
相手パーティ

バシャーモのところがヤルズキンとヤリルリの二匹になっているのはいかくを入れないと後出しが出来ないからですなwwww
カットヤトムはスイクンに役割が残っているため捨てるわけにはいかず、ここはヤルズキンに交代以外ありえないwwwww

●行動

自分 相手
HP172/172
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[|||||||||||||||||||||||||||||   ]
カットヤトム もどれ!
ゆけっ! ヤルズキン!
ヤルズキンの いかく
あいての バシャーモの こうげきが さがった!

自分 相手
HP82/172
[|||||||||||||||                 ]
HP
[|||||||||||||||||||             ]
あいての バシャーモの フレアドライブ!
あいての バシャーモは こうげきの はんどうを うけた!
あいての バシャーモは
いのちが すこしけずられた!
あいての バシャーモは
かそくで すばやさが あがった!


■5ターン目

●選択

自分 相手
HP82/172
[|||||||||||||||                 ]
HP
[|||||||||||||||||||             ]
んんwww相手はフレアドライブでしたなwwwwヤリルリがいる状態でスイクンとカットヤトムの対面が発生したら相手の負けなので妥当なところでしょうなwwww
問題になるのはここでヤルズキンをこのまま捨てるべきなのかどうかですぞwww仮に温存しておいたらもう一度いかくを入れる機会が手に入るかもしれませんなwwww
しかしどちらにせよヤリルリvsバシャーモで読み合いが発生し、万が一の急所のことも考慮するとここはヤルズキンを捨てるべきですぞwwwはたきおとす以外ありえないwwww

●行動

自分 相手
HP0/172
[                                ]
HP
[|||||||||||                     ]
あいての バシャーモの フレアドライブ!
ヤルズキンは たおれた!
あいての バシャーモは こうげきの はんどうを うけた!
あいての バシャーモは
いのちが すこしけずられた!
あいての バシャーモは
かそくで すばやさが あがった!

捨てが成立しましたなwwwwもちろんヤリルリを繰り出す以外ありえないwwww

自分 相手
HP139/203
[||||||||||||||||||||||          ]
HP
[|||||||||||                     ]
ゆけっ! ヤリルリ!


■6ターン目

●選択

自分 相手
HP139/203
[||||||||||||||||||||||          ]
HP
[|||||||||||                     ]
んんwww今回二回目のターニングポイントですぞwww一見圧倒的有利な状況ですなwwww
しかし慢心はありえないwwwここで自分の勝ち筋負け筋を整理しますぞwwww

勝ち筋:このままヤリルリがバシャーモを倒す、ヤリルリがバシャーモのとびひざげりを一発耐える状態でスイクンとカットヤトムが対面する
負け筋:スイクンに交代された後カットヤトム交代読みのバシャーモに交代、スイクンに交代されてヤリルリが倒されバシャーモとカットヤトムの対面になる、カットヤトムへの交代読みでバシャーモが居座る

可能性としてはこれくらいでしょうなwwwwここで相手はスイクンに交代するのが安定のようにも思われますぞwwww
したがってここはカットヤトムを後出ししたいところですなwwwしかし裏を読まれて居座られたらまずいですぞwwww
んんwww貴殿ならどうしますかな?wwwwちなみにヤリルリはゴツゴツメットのダメージ1回+とびひざげり1発は確定耐えしますぞwww

回答の一つとしては、じゃれつくorはたきおとすを選択することですなwwww
もしスイクンが出てきても今度はカットヤトムに交代するかバシャーモ読みで攻撃するかの二択なため、この行動が負けに直結することはありえないwwww
しかしその場合は運が大きく絡む上に判断が難しいんですなwwwwもちろん間違ってはいませんぞwwww

ここで思い出してもらいたいのは実践例2で用いた先制技を考慮させて倒す方法ですなwwww
つまり、相手はヤリルリが持つアクアジェットを想定している、という考え方をすることですなwww
これを考慮すると、相手から見たヤリルリはHPが1でも残っていればバシャーモを倒すことが出来るんですなwwww
すると、スイクンのねっとうやゴツゴツメットでヤリルリを処理するしか相手の勝ち筋はありえないwww
相手から見てこちらのヤリルリはゴツゴツメットを破棄させるはたきおとすが(持っていれば)安定行動に映るんですなwww

以上のことから、ここはカットヤトムに交代以外ありえないのは総合的にロジックすれば3秒でわかることだwwww
もっとも実際の対戦では時間ギリギリまで考えることになるかもしれませんがなwww
しかしこういった考え方は経験を積むことで思考が洗練されて徐々に可能になっていきますぞwwww

●行動

自分 相手
HP139/203
[||||||||||||||||||||||          ]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
いきょうとは バシャーモを ひっこめた!
いきょうとは スイクンを くりだした!

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
ヤリルリ もどれ!
ゆけっ! カットヤトム!!


■7ターン目

●選択

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
んんwwwwビューティフォーwwwwwwww
これで負け筋は消えてなくなりましたなwwwww必然力で技は必中以外ありえないwwwwww
迷わずかみなりを選択ですぞwwww

●行動

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[|||||||||||                     ]
いきょうとは スイクンを ひっこめた!
いきょうとは バシャーモを くりだした!

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[                                ]
カットヤトムの かみなり!
あいての バシャーモは たおれた!

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
いきょうとは スイクンを くりだした!


■8ターン目

●選択

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
相手はかみなり外しワンチャンにかけてバシャーモに交代でしたなwwww外すのはありえないwwwwww
かみなりで終了ですぞwwwww

●行動

自分 相手
HP157/157
[||||||||||||||||||||||||||||||||]
HP
[                                ]
カットヤトムの かみなり!
あいての スイクンは たおれた!
いきょうととの しょうぶに かった!


★総評

ぺゃっwwwwwここまでやつかれさまでしたなwwwwwwヤーティは絶対勝利以外ありえないwwwww
この実践例ではプレイング考察にあったリスク管理を行うことを意識していましたぞwwwww
相手PTはレートでよく見かけるポケモンを集めた火力アタッカーと耐久ポケモンを織り交ぜたPTですなwwwグッドスタッフPTと呼ぶこともありますぞwwwww

今回の立ち回りのキモは、やはり釣り出し勝ち筋負け筋の理解ですなwwww
釣り出しは上で実際に示したように決まれば非常に強力な手段となりえますが、当然常に失敗した場合のリスクが付いて回りますなwwwそしてこのリスクが完全に0になることはほぼありえないwwwww
しかしそのリスクを把握し軽減することはできますなwwwそれが負け筋の模索ですぞwwwww

釣り出しでの負け筋の模索とはつまり、現在の状況で相手が居座るメリット・リスクは何か、それに対しこちらの釣り出しが失敗した場合に負ける可能性はどれだけあるのかを考えることですなwww
この全体的なリスクとリターンを総合的にロジックすることで釣り出しを行う明確な理由が担保されるんですなwwwwなんとなくで行うのは絶対にありえないwwwwwwww
また、これを実戦で用いるためにはポケモンの構築や型への深い理解、そして数ターン先の未来を想定するロジカルブレインが必要不可欠になりますぞwwwww
経験を重ねて常にスマートな選択をしていく以外ありえないwwwww

今回の相手PTには広範囲重火力なアタッカーが多いですなwwww当然ヤーティおよびそのヤケモンたちはメジャーな広範囲重火力アタッカーに対して役割が持てるように出来ていますぞwwww
しかし今回のバシャーモに対するヤリルリのように、2匹単位で対処するあるいは2回目の受け出しが効かないといった状況になることがありますなwww
このような場合、こちらのサイクルの崩壊が早まる可能性が高いことは総合的にロジックしなくともわかることですなwwww

今までの実践例では、1周目は下手な読みは避け、圧倒的超火力の試行回数を増やすことで場を崩して制圧するのが主なプレイングでしたなwww
しかし今回は交代を頻繁に行い、全てカットヤトムのかみなりのみで相手を制圧していきましたぞwwwwこの理由は前述のこちらのサイクル崩壊速度電気技の一貫性にありますなwwww
前者は今までも述べてきましたが、2周目でこちらのサイクルが崩壊してしまう可能性が比較的高かった、ということですなwww悠長に行動していては詰んでしまいますぞwwww
一方で後者ですなwwwドラゴン技に限らず相手PTにヤケモンのタイプ一致技が一貫している時、相手のサイクル崩壊速度を著しく上昇させることが可能になりますぞwwww
このように、自分と相手のサイクル崩壊速度の差を考え、自分よりも相手のサイクルの方が早く崩壊する回答を導き出すんですぞwwww

このようなロジックと戦術は初心者論者には難しく、上級者テクニックと言えますなwwww
しかしこれらは経験を積み、常にロジカルに考えることで必ず身につくはずですぞwwww
重要なのはヤーティ神を敬い、勇猛なる志を持って冷静に立ち回ることですなwwwww

+おまけですなwww相手PTの選出考察ですぞwwww
まずはこちらのパーティに対してよく刺さっているバシャーモは確定ですなwww
次にバシャーモが辛いボーマンダ、マリルリ対策にポリゴン2かスイクンも確定ですなwwww
ただしポリゴン2を選ぶとマリルリ(のはたきおとす)+メガボーマンダで受けが成立しなくなりますなwwww
したがってポリゴン2を選ぶならはたきおとすを避けるかボーマンダに起点を作らせない選出が必須になりますぞwww
しかしボーマンダは型が多いため、耐久不安なゲンガーボルトロスを入れておけば安心とはいえないんですなwwww
以上のことから相手はなるべくリフレクターを覚えるスイクンを確定で出しておきたいところですぞwwww
そしてラストはボーマンダにでんじはとめざ氷、マリルリに10まんボルト、カットロトムに珠めざ氷で確2、草結びorきあいだまでドサイドンに打点が持てるボルトロスで決定ですなwwww
なお、ガルーラはいかく持ち2体+ギルガルド+ドサイドンを考慮するとまず出てこられませんなwwww