ウェンディ・マーベル

登録日:2010/11/07(日) 17:50:10
更新日:2018/04/14 Sat 16:20:53
所要時間:約 4 分で読めます






力を…もっと“天”の力を…





FAIRY TAIL」に登場するキャラクター。

CV:佐藤聡美
年齢:12歳(→13歳→14~15歳)
所属ギルド:「化猫の宿(ケットシェルター)」→「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」
好きな物:シャルル
嫌いな物:梅干し

紺色の長い髪(アニメでは明るい青色)が特徴の少女魔導士。
かなり華奢な体格で見た目は幼女そのものだが、天竜グランディーネに育てられた天空の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)である。

グランディーネと別れた後に旅に出ていたジェラールと出会い、しばらく行動を共にした後に「化け猫の宿(ケットシェルター)」へ加わったという過去を持つ。

穏やかで健気な性格だが、引っ込み思案で臆病なところもある。その一方で仲の良いシャルルの前ではかなり頑固な一面をみせることも。
「妖精の尻尾」に加入してからは、最強チームであるナツやルーシィたちと行動する機会が多くなり、
彼らの影響を受けてか明るく勇猛果敢な一面も見えるようになってきた。

アニメ版では健気で純粋な性格によりスポットが当てられている。

ちなみに年齢の判明していないナツとガジルとは違い、滅竜魔導士では唯一年齢が明言されている。
なお物語開始時点ではドラゴンスレイヤーの持つ乗り物酔い体質は発現していなかったが、新章アルバレス編で乗り物酔い体質に変化。
移動の際に乗った船で自分も船酔いし、ナツにトロイアをかけれないという事態に陥った。




初登場はニルヴァーナ篇から。
四つのギルドから腕利きを集め、闇ギルドの「六魔将軍〈オラシオンセイス〉」を討伐する困難な任務に相棒の白猫シャルルとともに参加することになる。
七年前に天竜グランディーネが行方不明となったことについてナツと話をしたいがための任務参加だったらしい。

しかし引っ込み思案で臆病な性格が災いして碌に戦線に立つこともできず、おまけに初っ端から敵将に魔法の希少価値に目をつけられて誘拐されてしまうという体たらく。

だがそれ以降は少しずつ前へ進んでいく勇気を見せ始め、毒に犯されたエルザの治癒やニルヴァーナ破壊に貢献。

任務を終え、ウェンディ一人のために作られた幻であったギルドの真実を知ってからはエルザの勧めで「妖精の尻尾」に加入した。


◆キャラクターとして
ナイスバディの女性が多いことに定評のある真島ヒロの作品の中では貴重な子供のヒロインということもあり、ファン魅了されたロリコンがかなり多い。

髪型のアレンジがかなり多く、
確認されているだけでも、ストレート、おさげ、ツインテール、ポニーテール、ウェーブ、おだんご等がある。

特にツインテール姿の愛らしさは全国のペロリストたちを発狂させたとかさせなかったとか。

しかし冥府の門編では、敵幹部の1人童子切のエゼルと戦った際にツインテールを切り裂かれてしまう事態に。
その後彼女は自らの「もう誰にも涙は流させない」という決意のため残った髪も自分で切断してショートヘアにしてしまう。
このことはファンの間に大きな衝撃をもたらし賛否両論の意見が巻き起こった。
しかしロングがよかったという意見が多数派を占めていたと思われる。
特にツインテール好きだった人たちからは、もうウェンディのツインテールは見られないのかという意見が殺到したとか。
そのことを受けてか冥府の門が片付いた後、ルーシィの呼び出したキャンサーの育毛魔法によってあっさりロングヘアに戻っている。





また年頃の女の子らしく、自身の小振りな胸を気にしている節もちらほら。
天狼島篇では治癒魔法を駆使して怪我人の回復させている最中、ナース姿のエルザに男の患者を全員とられたことによって酷く落ち込んでいた。

やっぱり…お胸の差なんでしょうか…(涙目)



マガジンspecial特別企画では「妖精の尻尾」の女性メンバーのグラビアが載り、ウェンディはビキニ、猫の尻尾、猫の耳と可愛らしいグラビア写真を見せてくれた。

なお、この特別企画の応募者限定のグラビアポストカードでは、スクール水着を着てくれた!

スクール水着を着てくれた!

大事なことなので(ry

さらにアニメのオリジナル回では
訳あってピチピチの全身タイツ姿まで披露してくれた。




そしてPSPソフト「ゼレフ覚醒」では、バニースーツ
胸元が開いてるってレベルじゃないエンジェルの服
そしてTバック…もとい誘惑の鎧まで着てくれる!

この通り、原作者からも他媒体スタッフからも大いに好かれているようだ。
そのため某所ではペロリストが大量発生し、今日も数多くのロリコンたちを悶えさせていると思われる。
しまいには少女漫画誌『なかよし』で彼女が主役のスピンオフ『FAIRY TAIL ブルーミストラル』が連載されてしまうほど(全4巻)。
ちなみに作者・渡辺留衣(犬派)によれば、『ブルーミストラル』で終始ウェンディがツインテールなのは完全にシュミらしい。
時系列はウェンディが「新米」と言われている所、シャルルが殆どハッピーと絡んでいない所、ジュビアが短髪な所などから判断するにエドラス突入直前。
このマンガでは妖精の尻尾のほぼ全てのメンバーから溺愛されているが、本編でもだいたいそんな感じ。

スマホアプリ、ブレイブサーガやブレイブギルドでもその容姿ゆえ人気の高いユニットの1つである。
特にブレイブギルドでは描き下ろしカードが他のキャラクターに比べてとびぬけて多く、いかに彼女目当てに課金しているファンが
多いのかを思い知らされる。
なおブレイブギルドではユニットと呼ばれるちびキャラが戦闘を行うのだが、カードによっては専用のちびキャラが存在し中でも
温泉イベント時に獲得できたバスタオル姿のカードを使用すると、バスタオル一枚で街中で戦闘を行うという、
とんでもないシュチュエーションでバトルを行うことができる。


また人気の高い通称エドラス服と呼ばれる制服風のミニスカート衣装で、天竜の鉤爪を放っているシーンのカードが存在しているのだが、
なんとパンチラをしているのである!
これまで本編338話で青の縞パンをはいているのが確認されていたが、本編以外でパンチラが確認されたのはこれが初めてであった。
(ちなみにこのカードでのパンツは白である…)
しかもPCなどの高画質な画面で画像を拡大してみると斬撃のエフェクトが透けて、股間にあるクロッチまできちんと書き込まれていることが分かる。
クロッチまで書き込まれていることが分かる!


大事なこと(ry

ウェンディマジ天使…いやマジ天竜

またフェアリーテイルグッズの中では人気を反映してか、メインメンバーに混ざりグッズ化されることも多い。
中でも彼女のフィギュアは需要が非常に多く、FTメンバーのフィギュアの中では最も高いプレミア価格で取引されることも多い。



◆魔法について
使用する魔法は「天の滅竜魔法」。
空気系の滅竜魔法にはバランス感覚を養わせる「トロイア」、対象の移動速度を高める「バーニア」、対象の攻撃力を強化する「アームズ」など
補助系の魔法が多く、これを駆使して仲間のサポートを行うことが多い。

魔力の源は空気
大気中には大量にある為、ナツやガジルのように補給には困らない。
何せ呼吸をすれば魔力が回復するのだから。

だが環境に依存する面があり、澄んだ空気程巨大な魔力を生み出すが空気が濁った場所では魔法は使えない。
清らかな彼女にはピッタリである。

また「失われた魔法(ロストマジック)」である治癒魔法も使えるため、仲間の中では支援要員として貴重な戦力となっている。

「妖精の尻尾」所属になってからは同じ滅竜魔導士のナツやガジルを見習って攻撃系の魔法を使用するようになり、
天竜の翼撃」「天竜の咆哮」などを取得した。

冥府の門編ではガジルに先立ち、ドラゴンフォースを取得。この時は高濃度のエーテルナノが混じった空気を吸うことで発動した。
発動したすると某サイヤ人よろしく髪と瞳の色が赤紫に変化して、背中と腕に羽根状の結晶が現れた。
その際は悪魔の目でもとらえられないほどの高速で動き、周囲の風を操って敵幹部の1人を単独で撃破する大金星を挙げた。

冥府の門編から1年後には自力でドラゴンフォースの発動が可能となり、戦闘能力はさらに上昇。その反面、とうとう乗り物酔いをするようになった。

余談だが、アースランドの平行世界であるエドラスにいる彼女は物凄くグラマーな美人である。








以下、ネタバレ

実は400年前の世界の住人である(これはドラゴンと関わりのある他の第1・第3世代滅竜魔導士も同様である。)。
イグニールたち人間に与する滅竜魔導士がアクロノギアを倒す事を目的として魂竜の術を使い未来に行くための依り代として選ばれた。
選ばれた理由は身寄りがなかったからである(これはナツを除くドラゴンと関わりのある他の滅竜魔導士も同様である)。
だから双竜コンビとは同じ世代。

ちなみに、年齢が判明しているが、上記理由よりバトル・オブ・フェアリーテイルのときのフリードの術式はひっかかるのだろうか?
(一度死亡したナツは規格外だとしても、ガジルは死亡描写がないのに通れなかったわけだから…)











追記・修正は妖精の尻尾に加入してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/