NIRVANA

登録日:2012/03/16(金) 17:39:14
更新日:2018/09/09 Sun 14:07:06
所要時間:約 3 分で読めます




だから覚えておいてくれ、
徐々に色あせていくなら、いっそ燃え尽きたほうがいい



NIRVANA(ニルヴァーナ)は1987年に結成されたアメリカのロックバンド。

それまでのロックのイメージや在り方を根本からひっくり返し、しばしばニルヴァーナ以降と比較されるほど世界中に強いインパクトを与えたバンドである。

1989年に1stアルバム『ブリーチ - BLEACH - 』でデビュー。
当時はまだインディーズのローカルバンドだったが、
その後メンバーチェンジを経て1991年に発売された2ndアルバム『ネヴァーマインド - NEVERMIND - 』の頃にはメンバーが定着。
このアルバムが世界中で爆発的にヒットしたことで一躍人気のバンドへとのし上がる。
1993年には3rdアルバム『イン・ユーテロ - IN UTERO - 』を発売。

しかしそんな矢先1994年にカート・コバーンが銃で頭を打ち抜き自殺したことでバンドは解散してしまう。



メンバー

ボーカル

カート・コバーン

左利きのギターがトレードマークのバンドのフロントマン。
バンドの曲はほぼ彼が作っている。
彼のファッションや人間性から、当時のティーンエイジャー達の憧れの的であったが、
幼い頃に両親が離婚してから精神を患っており自分の生き方と周囲の重圧に葛藤し、耐えきれなくなってしまい自から命を絶ってしまった。
嫌いなものが多く某ガンズのあの人や某パールジャムのあの人と特に仲が悪かった。
(しかしパールジャムのあの人はライバルであったカートの死に涙を流していたという)


ベース

クリス・ノヴォセリック
カートと共にバンドを立ち上げた人。もし彼がカートにデモテープを渡さなかったらニルヴァーナは存在しなかっただろう。
カート以外で結成時から在籍したメンバーは彼のみ。現在は音楽業界から足を洗ったよう。


ドラム

デイブ・グロール

名盤ネヴァーマインドから加入、彼のパワフルなグルーヴとコーラスワークは、バンドに新しい風を吹き入れた。

解散後はFOO FIGHTERSを結成、こちらも大成功をおさめ現在も活躍中。



作品解説

1st『BLEACH』
記念すべきデビューアルバム。
インディーズということもあり非常に荒削りだがニルヴァーナの原点が詰まっておりネヴァーマインドよりこのアルバムを支持するファンも多い。
全体的にハードな曲が多く当時はblack sabbathやblack flagなどからの影響が伺える。paper Cutsではカートの悲鳴のようなシャウトが聴ける。


2nd『NEVER MIND』
最大のヒット作、非常に評価が高いアルバム。
収録曲のSmells Like Teen Spiritがあまりにも有名だが、本作は良くも悪くも後のロックに強い影響を与えた。
カートが大嫌いなアルバムでもある。


3rd『IN UTERO』
前作の成功に悩んだ末に、カートの意向が強く現れた作品。このアルバムがニルヴァーナ本来の音とする声も多く、最高傑作に挙げる人も多い。

しかし、このアルバムの一番のキモはなんといっても


『Rape Me』


だろう。
当時の中学生はどんな思いでこの曲を聴いていたのだろうか。



追記・修正おねがいします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2018年09月09日 14:07