アホリズム(漫画)

登録日:2010/04/17(土) 01:04:17
更新日:2018/07/16 Mon 01:24:35
所要時間:約 3 分で読めます





ガンガンWINGで2008~2009年に掲載され、その後ガンガンONLINEにて(2009~2016年)連載されていた漫画。
作者:宮条カルナ、単行本は全14巻。マンガアプリ『マンガUP!』でも読める。

2018年7月号より続編『弩アホリズム』が始まっている他、ガンガンONLINEにスピンオフとして『堕アホリズム』も連載。こちらは作画を田中ひかるが担当。



▲世界観

楽しい高校生活を夢見て田舎から出てきた主人公六道黄葉が入学した楢鹿高等学校は、
生徒が自身が持つ文字を使って「神蝕」と呼ばれる試練に立ち向かっていく、スクールデイズサバイバルである。
戦いの中には過激な描写も多い。
(Wikipediaより引用)

表題の「aphorism」は「格言」の意で、各話のタイトルは「始」「黒」のように全て漢字一文字で表される。


以下、1巻までのネタバレを含みます。









▲登場人物

■1組

  • 六道黄葉(もみじ)
本作の主人公。
勉強も運動も並で身長も低い事を気にしているが、
それを変わる事を望み楢鹿高校に入学する。
性格は気弱で小心者の臆病者。

文字は「変」。
黄葉が知っている人ならば、その人自身の姿や声を変える事が出来る。
(但し、スポーツ万能な人に変わっても、運動神経などは黄葉のままである)
また、自身のピンチ時にはもう1人の黄葉に変わる事があるが、黒髪の長身と似ても似つかぬ姿をしており、
最初の蝕である「始」数体に対して容易く倒してしまったりと、常人では考えられないほどの運動能力を持つ模様。

  • 比良坂アイラ
本作のヒロイン。
黄葉がバスに轢かそうなところを助けたところが出会い。
黄葉自身は彼女に好意を寄せてるが、天然なため当の本人は気付いていない。

文字は「刀」。
刀をイメージをすると自分の刀を出現させる事が出来る。
剣術の家系で育った彼女は、幼い頃から刀の修行をしていたため刀を扱う事ができる。

  • 日向三十郎
黄葉とのルームメイトの生徒。
博識で1組のまとめ役。
「貸した飲み物代150円分で命を懸けろ」という面からそうとう腹黒い。
因みに姉は楢鹿高校を卒業している。

文字は「智」。
能力はこれまで出てきた蝕のデータの詳細を調べる事が出来る。
新しく出た蝕のデータも追加する。

  • 坂崎志絵
1組の生徒。

文字は「炎」。
初日の蝕「始」にて炎の能力を使うが、
上手くイメージ出来ずに大火傷を負ってしまう。


▲設定

  • 舞台
自身の将来を約束された一年制の学校「楢鹿高等学校」。
但し、それは生きてここから卒業出来たらである。

  • 空の島
見れる事が楢鹿高校に入学するための条件(一般人には見えない)。
蝕の発生と関係あるらしい。

  • 神蝕
通称:蝕
太陽と空の島が重なる時に発生する現象。
文字によって様々な試練を生徒達に与える。
基本的に蝕は生徒達を殺すが、稀にそうじゃない蝕もある。
日向曰わく、初日の「始」以外は全てランダムである。
曇りや雨、夜など太陽が出ない日は蝕は発生せず、普通の授業が行われる。

  • 文字
生徒達が蝕から生き残る為に与えられた能力。
入学式後のHRに生徒達に配られた紙に漢字一文字を書き、
それを発声するとその紙が弾け、体のどこかに刺青のように書いた文字が浮かぶ。
基本的に能力を使うには、経験とイメージ力が重要となる。
原則として一人一文字ずつとされている。

  • 蝕の種類
「始」
初日限定の蝕。
半数近くの生徒を喰い殺した。


追記・修正よろしくお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/