風鳴八紘

登録日:2016/10/04 (火) 18:24:06
更新日:2020/03/31 Tue 11:39:27
所要時間:約 3 分で読めます




歌え、翼ッ!!



風鳴八紘とは『戦姫絶唱シンフォギアGX』の登場人物



日本国内閣情報官にしてシンフォギア装者の風鳴翼の父親、つまりあの司令の兄でもある。

国民の生命、財産、権利を守るためには、
合法も非合法も関係なく、最善の手立てを即時遂行する冷徹・怜悧な人物。(GX公式サイトの用語解説より引用)

しかし、この様な人物だからこそマリアが国連のエージェントからS.O.N.Gに異動出来たりエルフナインが機密であるシンフォギア・システムの改修に携わる事が出来たのも事実である…また其の繊細かつ剛腕な手腕は静かに燃える炎と喩えられている。
また、ドイツの聖遺物研究機関アーネンエルベと太いパイプを持ち諜報員としても一流である。
後述の理由から現場保全能力も卓越していると言えるだろう。
ただ今まで登場した風鳴一族とは異なり戦闘能力は一般人並み。

弟の弦十郎とは「弦」「八紘兄貴」と愛称で呼び合っているあたり、人としての情を捨て去っている訳でも無さそうである。
が、翼に対しては「――お前が娘であるものか」「どこまでも穢れた風鳴の道具に過ぎん」とかなり辛辣な言葉を投げかけている。





以下衝撃のネタバレに付き注意







彼は翼の父親ではなく、腹違いの異母兄妹である。(つまり弦十郎も翼との関係は叔父と姪では無く異母兄妹である)
彼の父親の風鳴訃堂(表向きは翼の祖父)は風鳴の血を色濃く残す事を目論んで、
八紘の妻と交わり子を授かった、其れが翼なのである。

その事情を知った八紘は翼に憎悪にも近い感情を抱いたがこの様な事態を招いた張本人でもある訃堂への反逆の意味も込めて古き家の習慣に囚われぬ様に自由に羽ばたいてほしいと「翼」の名を授けている。

前述の辛辣な言葉は結果的に翼が家を出る原因を作ってしまったが、それは彼なりに翼が夢に向かって羽ばたく際に必ず問題として立ち塞がるであろう家の務めから遠ざけようとした不器用さと優しさの表れでもある。
フィーネによるイチイバル紛失問題で責任を取って表舞台から消えたとはいえ訃堂が健在だとしたらどんなちょっかいを出して来るか分かったもんじゃないのだから。

そんな彼だが散らかったままの翼の部屋を10年間も当時の状態に保ち続けたというある意味で物凄い事をやっている、其れはGXで10年ぶりに里帰りすることに為った翼としても驚きを隠せなかったようだ。


更に言うと彼の不器用さは確実に翼に受け継がれている、Gで命の危機にあるを(物理的にも)突き放した時に顕著だが。


名前は五話で弦十郎の口から語られる形で登場、其処で翼の父親(表向きは)でもある事が明かされる。
続く六話でも翼の精神世界にて登場し上述の辛辣な言葉を投げかける。

そして第九話、要石が狙われる事から派遣された翼達をそっけない態度で出迎えたものの直後にファラの襲撃に遭い屋内に避難する。
翼達の奮戦の甲斐なく要石は破壊されてしまうも八紘は淡々とアーネンエルベからもたらされた情報を伝え
その直後に不器用っぷりを炸裂させる。

その後、10年前のままとなっていた部屋の片づけ等で少しずつ真意に触れてきた所で再び襲来してきたファラに追い詰められた翼に身の危険も顧みず冒頭の言葉を投げかける。
この言葉と後に続いた言葉に奮起しイグナイトモードを起動した翼によってファラは追い詰められるが剣と定義した物を破壊する哲学兵装を越えない限り撃破の糸口はつかめない。
其処へ…


夢を見ることを恐れるなッ!!


この励ましを受けた翼は「剣では無く夢に羽ばたく翼」というとんちで以て哲学兵装を打ち砕きファラを文字通りに一刀両断してみせた。
やはりこの兄弟、夢に関して拘りがあるようだ。



そして最終話では再び世界に旅立つ翼を陰ながら見送りつつ弦十郎に今回の事変「魔法少女事変」に関して質問していた。


本編終了後のCMではある意味GXでの問題を更に拗らせた原因でもある二人(イザーク・マールス・ディーンハイム、立花洸の両名)に巻き込まれる形ではあるが自己紹介しかけるなど人間らしいところを見せていた。



追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/