レナート(キャプテン翼)

登録日:2020/08/10(月) 23:05:48
更新日:2020/08/19 Wed 14:43:57
所要時間:約 6 分で読めます




概要

 テクモ版キャプテン翼の登場人物。「II」から「V」まで登場。
 ポジションはGK。国籍はブラジル。所属クラブチームはサンパウロ(「II」~「V」)。
 ヘルナンデスの色違いである。
 「I」のエンディング後にブラジルに渡った翼がサンパウロに加入した事で、「II」からサンパウロを操作して試合をする機会が多くなるのだが、その大半において彼がGKを務める事になる。

 「II」から「V」まで一貫してサンパウロに所属し続けているのだが、これは彼とジウの2人だけである。作中では特に描写は無いが翼とは結構仲が良いらしい。
 また「II」から登場したオリジナルキャラの中で「V」まで続投しているのは、彼とジウとゲルティスの3人だけである。

 ブラジルの代表選抜の最終候補に、毎回のように最後まで名前が残り続ける程の優秀なGKなのだが、残念な事に後一歩の所で代表入りを逃し続けてしまっている可哀想な人。
 しかし「IV」ではルート次第では、控えGKではあるが南米選手権において念願の代表入りを果たす。

 …このように、「設定上では」優秀なGKという事に…なってはいるのだが…。



「II」での活躍


 レナート君、鋭いパンチング!!だが、届かない!!

 決まったーーーーーゴーーーール!!

 敵の9番のボレーシュートが、サンパウロゴールに突き刺さりましたーーーーーー!!


 これは「II」で割と目にする光景。
 そう、確かに彼は「設定上では」優秀なGKなのだが、実際に試合をしてみると敵の9番とかいうモブキャラのシュートでさえも、まともに止める事が出来ないのだ。
 いくらこっちが翼のドライブシュートで得点を量産しようが、対戦相手にも同じように得点を量産されてしまうので、大抵の試合では冗談抜きで点の奪い合いになってしまう。
 一応数値上では森崎よりは優秀なのだが、正直あまり大差は無い。

 それでもレベルが上がればモブのシュートなら止められる事があるのだが、カルロスのミラージュシュートとかザガロのダブルイールとか撃たれよう物なら、もう本当にどうしようもない。
 そしてリオカップでは初戦を除いて全ての試合で必殺シュートを持つ敵がいるので、頻繁に彼が必殺シュートで宙を舞う姿を見せられることになる。
 先発メンバー全員が必殺技を持っている全日本との試合では、彼など存在しないも同然である。

 これによってプレイヤーたちに付けられたあだ名が「ブラジルの森崎」
 おまけに作中で新聞記者たちから「ブラジルには優秀なGKが居ないぞ」とか言われる始末だし。

 このように作中での彼は、あまりにも扱いが酷過ぎるのだが、それでも続編では…。


「III」での活躍


 カルロス「いくぜ!!ミラージュシュートだ!!」

 レナート君、鋭いパンチング!!

 辛うじて弾いた!!こぼれ球になったーーーーー!!


 これは「III」で割と目にする光景。
 前作と違い数値上では非常に優秀であり、モブのシュートならほとんどシャットアウトし、必殺シュートでさえも結構な確率で止めてくれる。
 名実共に正真正銘、

 「代表選抜の最終候補に毎回残り続ける優秀なGK」

 に恥じない活躍を見せてくれるようになった。

 ただしこれ程の優秀なGKであるにも関わらず、彼を…というかサンパウロを操作する機会があるのは、たったの3試合のみ。
 この強さを前作でも見せてくれよ…。

「IV」での活躍


 再びザルキーパーに逆戻りしてしまった。
 翼、ジウと共に念願のプロ入りを果たし、正GKバモラの負傷により即座に試合に出場する事になるのだが…やっぱりモブのシュートさえも止められない。プロに入ったために周囲全体が強敵ばかりになってしまったという事なのだろうか。
 しかもルートによっては正GKバモラが怪我から復帰し、彼は控えに回されてしまう事に。

 一応ルートによってはメオンと共にブラジル代表のGKとして選抜され、南米選手権に出場する事になるのだが、どう考えてもブラガンチーノの優秀なGKであるタファエルを選ぶべきだと思うんだが…。
 え?ゲルティスはどうしたって?彼は普段はヨーロッパでプレーしてるからね。

 本作においての彼を象徴している…というかネタと化してしまっているのが、ゲーム開始直後のパイサンドウ戦で失点した際のストラットとのやり取りだろう。

 ストラット「何だ、貴様!ゴールに突っ立ってるだけでキーパーをやろうってか!?ポストの方がまだマシだぜ!!」

 レナート「なにィ!?」

 …あながち間違ってない(シュートを撃たれたらレナートではほとんど止められないが、ポストに当たれば止められる)

 こんな雑魚まっしぐらの彼ではあるが、それでも本作には「レベル変動制」という独特のシステムがある。
 幾らレナートより優秀だからと言ってメオンやバモラばかり使ってしまうと、彼らのレベルばかりが突出してしまい、その分だけ敵が余計に強くなって痛い目を見る事になってしまうのだ。
 なのでメオンやバモラだけではなく彼も適度に使って、選手全員のレベルを調整してやらないといけないので、控えに回っても彼の出番が全く無くなる訳では無い。

 …活躍出来るのかどうかは、また別の話ではあるのだが…。


「V」での活躍


 遂に顔グラフィックが与えられた*1。能力的にも悪くは無い。
 ただし本作ではサンパウロに正GKバモラが復帰しており、彼は控えGKに回されてしまっている。
 おまけにストーリーモードでサンパウロを操作する機会は、たったの1試合のみ。

 余程の縛りプレイでもするか、バモラのガッツが尽きてしまったとかでもない限り、彼を使用する機会はまず無いだろう。あまりにも不憫…。




 ストラット「何だ貴様ら!!PCの前に突っ立ってるだけで追記、修正でもしようってのか!?冥殿の方がまだマシだぜ!!」

 アニヲタたち「「「「「なにィ!?」」」」」


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年08月19日 14:43