ポーラ・マッコイ

登録日:2021/05/05 (Wed) 22:20:10
更新日:2021/05/06 Thu 23:53:30
所要時間:約 3 分で読めます




ポーラ・マッコイとは『ニセコイ』に登場するキャラクターの一人。
アニメでの担当声優は沼倉愛美。


【プロフィール】

誕生日:5月5日 ※孤児なため偽造
血液型:B型
身長:147cm


【概要】

千棘の実家のギャング・ビーハイブのヒットマンチームに所属する少女でのアメリカ時代の同僚。
学年は楽達よりも一つ下。
金色の瞳とヘアバンドで纏めたショートカットの銀髪が特徴。
夏場でもマフラーを身に付けている。

裏社会では白牙(ホワイトファング)の通り名で知られたヒットマンだが、トップの座を鶫に奪われた事で彼女をライバル視しており、現在も彼女を通り名の黒虎(ブラックタイガー)と呼んでいる。

一年時の秋、突然来日し鶫の前に現れると決闘を挑む。
その後、偶然居合わせ決闘を止めようと巻き添えを食った楽への鶫の態度を見て趣旨を変更し、どちらが先に楽の唇を奪えるか強引に勝負を開始する。
楽の拉致には成功するものの、本気を出した鶫の前に負けを認め*1帰国する。
しかし翌年、再来日すると凡矢理高校に入学しそのまま鶫のアパートに居候している。



…と、ここまでだけ見ると腕利きの美少女ヒットマンというように思うかもしれないが、実はこのポーラ、何を隠そう「超」が付くほど残念な美少女なのだ。
以下ではその所以を語っていこう。

登場時こそシリアスな雰囲気を醸し出していたが、実際は年相応どころかそれ以下のレベルで子供っぽい精神年齢をしている。
食べ物の好き嫌いが激しく、ニンジンのほか野菜類全般が嫌いで食事の際は徹底的に寄り分けて残している。その一方でハンバーグ、カレーライスオムライスのほかお菓子が好きという極端なまでの子供舌。
日々の献立を考える鶫にとっては悩みの種である。
また、真面目に学校に通う気がなかったためテストでは赤点どころか一桁台を連発する始末。
身体能力は高いが全く泳げないだけでなく自転車も補助輪がないと乗れない。
注射を怖がって学校を脱走、怪談話もダメ。
景品のお菓子目当てに学園祭のミスコンに参加するが、「黙っていれば優勝できる(=余計な事は言うな)」と助言されたのを鵜呑みにして何もしゃべらなかったせいで失格扱いになった事も。
これらの点を指摘されると「悪いか!」とすぐに開き直りがち。
そもそも鶫に対抗意識を抱くようになったのも、初対面時に男に間違われたのが原因。
よりによって気にしている胸元を見て判断された事を根に持っている。*2

そんなこんなでダメな部分が目立ちがちが、若くしてヒットマンとなったその腕前と努力は伊達ではない。
しかし、不器用でプライドが高い性格もあってかつては鶫以外に友達と呼べる者もおらず孤立しがちだった。
鶫の方もなんだかんだ手を焼きつつ彼女を気にかけており、ライバルというよりかはお姉さん役兼保護者ポジションとして接している。
日本へやって来たのも成長した自分を認めてもらいたいのと任務とはいえ鶫が無言でアメリカを発ってしまい寂しくなったのが本心で、成長ぶりを褒められた際は堪え切れず泣き出してしまった。
鶫の楽に対する恋心も早々に見抜いており、奥手な鶫をくっつけようとあの手この手でけしかけている。
入学してからもしばらくは一匹狼を気取っており、友達になろうと接してくる小咲の妹・春にぶっきらぼうに接していたが、出先で熱を出し倒れた鶫を助けるのを手伝ってもらった事や楽に諭された事で他のクラスメイトからも「チッコイ」とあだ名で呼ばれるなど徐々に打ち解けていった。
因みに、積極的な春を適当にあしらおうとするポーラに無言の圧力を送る彩風涼(風ちゃん)という一種の三すくみが発生している*3

日本での暮らしで心境にも変化があったのか、卒業後は大学院に進学し知的な女性へと成長している。


追記・修正はお菓子を用意してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月06日 23:53

*1 建て前もあるため間接キスという形で決着をつけた。

*2 因みに鶫はこの時点で胸は少しある。

*3 この二人との交流がきっかけでのちに和菓子にはまる