Mettaton NEO

登録日:20??/??/??(日) ??:??:??
更新日:2022/06/18 Sat 19:59:45
所要時間:約 ? 分で読めます




※この項目にはUndertale Gルート終盤におけるネタバレが含まれています。





ショータイムだ!!





Mettaton NEO(メタトンNEO)とは、UNDERTALEに登場するキャラクターである。
プレイヤーがモンスターを虐殺する道を選ぶ、通称Gルートにのみ登場する。


概要

ホットランド、コアのモンスターを虐殺しつくした主人公を止めるため、
コアの最深部で待ち構えていたメタトンが変身した姿。
右手にはブラスターを装備し、EX形態の時には髪で隠されていた右目は光を放っている。

「対ニンゲンさつりくマシン」の名の通り、攻撃力は90と、ふじみのアンダインには少し劣るが作中3位の攻撃力を持っている。
さらに、体力は30000ふじみのアンダインの体力24000を凌駕する。

BGM

BGMは「Battle Against A True Hero(ほんもののヒーローとの戦い)」のイントロのアレンジである「Power of NEO」。1ループ約30秒と、短い曲ではあるがかなりカッコイイ曲である。

























947811



グフッ…


キ…キミは…

ボクの ファンクラブに…

はいる つもりは…

なさそうだね…



強さ

そう、このメタトンNEO、肝心な防御力が9しかなく、これはふじみのアンダインの11倍のダメージが一撃で入ってしまうことになる。更に攻撃力が90あるにもかかわらず、攻撃すらしてこない。攻撃すると、90万の大ダメージを食らい、上記のセリフを言った後、爆発して死亡する。
以上の事から付いたあだ名は弱体化*1
BGMが1ループ30秒しかないのもつまりそういうことである。
こういった経緯から「まともに戦いたかった」という意見がそれなりに多く、二次創作ゲームでは防御力にテコ入れの入ったメタトンNEOと戦える、というシチュエーションがいくらか存在する。

…が、ニンゲンを殺戮する為のマシーンが手を出してこないことは即ち、こちらをニンゲンとして認識出来ていないことを意味し…

余談

殺害数が未達成の状態でメタトンNEOと戦うと、セリフが変化する。

「グッ…ダメだ アルフィー… ぼうぎょりょくが ひくすぎた…」
「…」
「キミは ボクをたおした… けど…」
「いまの いちげきでわかったよ」
「キミ… ほんきを ださなかったね」
「キミは アズゴアを いっしゅんで たおすだろう…」
「でも キミは ニンゲンを きずつけたりしない」
「キミは かんぜんに あくに そまっている わけじゃない」
「もし そまっている つもりだったのなら… しっぱいだね」
「そして… やりなおすには もう おそすぎる」
「ハハ…ハ… すくなくとも これで ひとあんしん だ」
「ボクが いなくても アルフィーと ニンゲンたちは ぶじ なんだ…!」

メタトンNEOが攻撃してこなかったのは、
もしかすると確かめたかったのかもしれない。
自分の大好きなニンゲンが 本当に悪なのかどうかを。







※しょうめいが まぶしい。






追記、修正お願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年06月18日 19:59

*1 恐らくNEOを乗っ取ったであろうスパムトンNEOが裏ボスレベルの強さを持っていることから考えると、決して弱くはなくキャラが強すぎただけ、DEF-9もキャラから見た相対評価なのかもしれない。メタトンといえど所詮モンスター、高いLOVEと強力な殺意のもと放たれた攻撃に耐え切れるかというと…