カーヤ/天の邪鬼

登録日:2022/06/29 (水) 03:04:16
更新日:2022/07/28 Thu 15:58:30
所要時間:約 3 分で読めます





ンフフフ……あいつらは俺の獲物なんだよ。

横から出て来て勝手な事をされちゃ困る。そういうことさ……。

じゃあな、あばよ!



出典:学校の怪談、15話『悪魔のおまじない 闇の儀式』、2000年10月22日~2001年3月25日まで放送。
フジテレビ、ぴえろ、SME・ビジュアルワークス、
©講談社・フジテレビ・アニプレックス・ぴえろ、
dアニメストア、(C) NTT DOCOMO

概要

『カーヤ/天の邪鬼』とは『学校の怪談(アニメ)』の登場人物。


『カーヤ』というのは主人公である宮ノ下さつきの自宅で飼われている黒い猫である。
右目が黄色、左目が水色のオッドアイ
ちなみに放し飼いしているらしく、よく宮ノ下家の外をウロウロしている。

さつきの母親である宮ノ下佳耶子の葬式があった日に宮ノ下家で飼われる事になったという経緯があり、そういうこともあって宮ノ下家にとって特別な猫。
特に宮ノ下敬一郎がカーヤの事を大事にしている。

しかしその敬一郎が天の川小学校に転校した初日、友達が出来るか不安でさつきに内緒でカーヤを学校に連れてきたことが事の発端。
放し飼いの猫がランドセルの中なんて狭い所に長時間居たいわけがなく、隙を見て脱走。旧校舎へ。
そのためさつき達が旧校舎へ入ったのが全ての始まりだった……。

そこで下記の天の邪鬼を霊眠(封印)させようとしたのだが、霊眠先を指定していなかったので近くにいたカーヤに霊眠させてしまったのだ。
以後最終回までカーヤ=天の邪鬼である。



天の邪鬼



出典:学校の怪談、1話『今夜霊達が甦る!!天の邪鬼』、2000年10月22日~2001年3月25日まで放送。
フジテレビ、ぴえろ、SME・ビジュアルワークス、
©講談社・フジテレビ・アニプレックス・ぴえろ、
dアニメストア、(C) NTT DOCOMO

天の川小学校の旧校舎に住んでいた大妖怪。
通常時は猫程度の大きさで、妖力も人間を驚かせるくらいしかない。
しかし天の邪鬼という名前の通り、人間が恐怖を感じれば感じるほど、その恐怖心を力に変える事が出来る。
そうなると体も巨大化し、大妖怪と言う自称に恥じない姿となる。
さらにオバケだけあってオバケ――特に旧校舎を住処にしている――に詳しい。

本編の28年前、1973年3月15日に小学五年生だったさつきの母・神山佳耶子によって校舎の裏側にある裏山の大楠木に霊眠させられた。
その霊眠法は「魔法陣で火を囲み、「じゃぐじゃぐ眠れ」と唱える」というもの。
しかし本編の時代になって、裏山は土地開発を行うようになり天の邪鬼が眠っていた大楠木も切り倒されてしまった。
当然眠りから覚めた天の邪鬼は旧校舎に再び住み着き、憎き女の娘のさつきと出会ったのである。
その結末がカーヤへの霊眠である。

カーヤの体に霊眠された際に妖力の大半を失っており、この体から出て行く事が出来ない。
(とはいえこの状態でも結構強いし、さつきと佳耶子の絵画を使ってタイムホールを開いたりできるが)
この体から出て行くにはカーヤを殺すか、天の邪鬼の妖力が満ちる時を待たなくてはいけない。
もしくは旧校舎にいる全てのオバケを霊眠させるかのいずれか。

そんな天の邪鬼の性格はと言うと、やはり名前の通り天の邪鬼。よりはっきり言うとツンデレ
元々さつきと敬一郎のことを親子二代に渡って自由を奪った奴として激しく憎んで……いた。
だが宮ノ下家の一員として生活していくうちに徐々に態度が軟化。さつきと敬一郎との間に奇妙な絆のようなものが生まれてくる。
そのためさつきがオバケ騒動に巻き込まれても、当初こそさつき達の怖がる姿を見て恨みを晴らしつつ、
さつき達に「旧校舎のオバケを霊眠させてカーヤの体から解放される」という目的のために協力するというスタンスだった。
しかし、いつしか自分の霊眠とは関係ない旧校舎以外のオバケ騒動でも助言をしてくれるようになった。

実際の所、本編の途中には妖力が完全に回復し、いつでもカーヤの体から完全分離できる状態だった。
しかしさつき達の交流で人間の事が好きになっていた天の邪鬼は自分の意思では出ていけなくなっていた。



そして最終回、旧校舎に住むオバケの王とでもいうべき『逢魔』が復活。
逢魔の力は凄まじく、猫の姿の自分やさつき達では敵わない事を悟った天の邪鬼は、自ら逢魔に攻撃され瀕死になる事でカーヤの体から解放され、逢魔と戦う。
そして逢魔を霊眠させるために足止めし、一緒にまとめて霊眠したのだった……。


しかし一月後の佳耶子の墓参りの日に――?




追記・修正はオッドアイの猫を飼ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年07月28日 15:58