変なおじさん(志村けん)

登録日:2022/07/05 Tue 20:25:25
更新日:2022/07/24 Sun 07:19:25
所要時間:約 4 分で読めます




キャー!こ、このおじさん変なんです!
なんだ君は?
なんだチミはってか?そうです、私が変なおじさんです。


変なおじさんは、志村けんが演じたコントのキャラクターで、バカ殿と並ぶ彼の代名詞的キャラの一つ。

【なんだこの概要は?なんだこの概要はってか?】

1987年に開始した「志村けんのだいじょうぶだぁ」に初回から登場。「だいじょうぶだぁ」では後半に登場しており、コントのトリを飾っていた。

バカ殿様などでも変なおじさんが「友情出演」することもあり、バカ殿と変なおじさんが合成で共演するシーンも見られた。

見た目はピンクのステテコと紫の腹巻、顔にはホクロなどやシミが数箇所あり、髭は青々としており頭の上部分が禿げ上がっている。
2000年以降はシャツが自身の似顔絵イラスト付きに、また老眼からか眼鏡をかけて登場するようになった。

人形やキーホルダーのキャラクター商品として、バカ殿などと一緒に見た人も多いのでは?

【そうです、これがコントの流れです。】

様々な場所に変装して侵入し、女性の飲みかけのドリンクを飲む等イタズラ

どさくさに紛れて女性(主にいしのようこ・優香)に抱きつく

相手の女性が変なおじさんに抱きつかれてキャー!と叫ぶ
↓ 
人が大量に集まってくる

女性が「このおじさん、変なんです!」と叫ぶ

田代や肥後といったツッコミ役から「なんだ君は?」と聞かれる
↓ 
「なんだチミはってか?そうです、私が変なおじさんです。」と開き直る
↓ 
変なおじさん♪だから変なおじさん♪と踊り、だっふんだ!とガラスが割れる音で締める。

当初は日常風景に突然出没するような例が多かったが、次第に凝った登場パターンとなっていった。
主な登場パターンでは看板に扮する、看護師やバレー部の同僚や恋人に変装する等。
果てはマイケル・ジャクソンの「スリラー」や名作映画のパロディまで現れた。

派生キャラクターとして研ナオコが扮した「変なおばさん」も存在する。
渡辺直美が「バカ殿」に出演した際は渡辺が変なおじさんに扮し、バカ殿の志村けんから「なんだ君は?」と突っ込まれるという貴重なシーンも登場した。

2021年に放送された『志村けんとドリフの大爆笑物語』では、志村役の山田裕貴がこのコントを再現しており、ツッコミ役には本家と同じ肥後が起用されている。


【余談ふっんだあ】

  • ネタの原曲は「ハイサイおじさん」。
  • 変なおじさんについて、志村本人は「自身の本心や願望」であるといい、毎回やろうと決めてやった唯一のキャラであると述べている。
  • 志村の自伝のタイトルも「変なおじさん」である。現在は完全版が電子書籍化もされている。
  • オチのだっふんだぁは、志村が敬愛していた落語家・桂枝雀の持ちネタ「ちしゃ医者」のくだりから拝借したもの。
  • 2000年には志村レーベルの深夜番組シリーズとして「変なおじさんTV」という同キャラが主題となった番組も制作された。番組では志村が変なおじさん、優香が変なおじさんの娘に扮し、おでんの屋台でゲストとトークをするコーナーが設けられていた。
  • 同じフジテレビで放送されていた「めちゃ2イケてるッ!」では、2代目変なおじさんを決める「変なおじさん選手権」という企画が開催されたことがある。



なんだこの追記修正は?
なんだこの追記修正はってか?そうです、私が変なwiki篭りです。

この項目が面白かったなら……\だっふんだ!/

最終更新:2022年07月24日 07:19