紫影のソナーニル -What a beautiful memories-

登録日:2012/02/21 (火) 15:06:36
更新日:2018/04/20 Fri 11:16:28
所要時間:約 7 分で読めます





すべて、すべて
あらゆるものは、意味を持たない

2010年11月26日に発売されたライアーソフト第28弾目の作品。
ジャンルは「スチームパンク・ADV」。
全7章。


【シナリオ】
インガノック等のスチームパンクシリーズと世界観を共有している。
オズの魔法使い、不思議の国のアリスの要素が随所に見受けられる。
詩的で繰り返し表現の多いシナリオのため、人を選ぶがハマる人はとことんハマる。まぁライアーですから。


【BGM】
20世紀初頭のニューヨークをイメージさせるジャズ調。作風にマッチしたBGMは評価が高い。


【スタッフ】
◆企画・シナリオ・ディレクション:桜井光
◆原画・キャラデザ:AKIRA
◆BGM:Blueberry&Yogurt・マッツミュージックスタジオ
OP「Rosa Morada」
ED「Wisteria」
◆作詞:Rita
◆作・編曲:Blueberry&Yogurt
◆歌:Rita


【ストーリー】
20世紀初頭、西暦1907年。

私たちの知るものとは異なる時代、
私たちの知るものとは異なる歴史を歩んだそこには、
無数の蒸気機関が充ちていた。
異常発達した蒸気文明が生み出す排煙は見る間に天を埋め尽くし、
人々から青空を奪い去った。

中でも、最も空が暗いとされる場所があった。

永劫に続く灰色雲と雨に覆われた廃墟、旧・重機関都市ニューヨーク。

5年前に発生した《大消失》と呼ばれる原因不明の災害によって全土が廃墟と化したかつての摩天楼、
合衆国政府によって完全封鎖され、現在では人影のひとつもないその都市へと、
ひとりの女・エリシアが足を踏み入れる。ひとつの目的を持って。

災害の中心地とされる旧マンハッタンへと向かって、女は静かに歩み始める。


一方で──

旧・重機関都市ニューヨークの“地下”とされる場所があった。

地上の誰ひとりとして、その存在を知る者はいない。

薄暗い紫の灯りに照らされる広大な地下空間。
そこには、5年前に消失した摩天楼の街並みが存在していた。
ただし、大いなる歪みを伴って。
異形へと歪み、黒色と紫影に染められた、
出口のないその地下世界《アンダーグラウンド・ニューヨーク》には、
消え去ったはずの人々が確かに存在していた。

7体の《御使い》と呼ばれる怪物の足音に怯えながら。

7体の《御使い》と呼ばれる怪物がもたらす恐怖と苦痛と死に耐えながら。

人々は、歪みの地下都市の中で、何かを待ち続けるかのように留まり続けていた。

そこへ、ひとりの少女・リリィが足を踏み入れる。

記憶の一切を持たずに。

リリィにとって、わかっていることはひとつだけ。

理由はわからない。何があるのか、誰がいるのか。なぜ、そう自分が思うのかも。

それでも、たったひとつだけ。


「マンハッタン。紫色の空の果て」


「あそこに。あたしは、いいえ、あたしだけは、行かないといけない」


―─少女は目指す。遙か彼方の紫影の塔を。

──想い遺した人々の儚い影に、触れ続けながら。涙を、我知らず流しながら。
(公式より引用)


【キャラクター】

◆リリィ
あそこに。あたしは、いいえ、
あたしだけは行かないといけない

CV:かわしまりの
主人公兼ヒロインその1。
《地下世界》を旅する少女。
素直で子供っぽいが、時折意志の強さを見せる。とある理由により服が脱げず、自分ではリボンひとつほどけない。
主人公なので人気投票は当然1位。
猫耳装備の彼女は必見。可愛すぎる。
ペロペロ

◆A
御意。我が女王、リリィ。

CV:古河徹人
リリィを導く《地下世界》の青年。
表情がほとんど変わらないので、感情が無いように見えるが全く感情がないという訳ではない。
3体の《クリッター》、《一輌だけの地下鉄》を操りリリィの旅のサポートをする。
人気投票では発売前、発売後共にリリィに次いで2位。発売後の投票ではリリィと僅か4票差。

◆エリシア・ウェントワース
廃墟都市の最果ての塔。
エンパイアステートビルUの最上部、最果ての部屋をわたしは目指して

CV:野月まひる
(5~6年前 CV:桜川未央)
主人公兼ヒロインその2。
多脚式歩行鞄のジョンと共に地上のニューヨークを旅する唯一の人間。
気丈な性格で意志が強い。
立ち絵ではわからないがかなり巨乳。残念ながらエロシーンがないのは愚か服すら脱がない。ファンからの通称は鉄の処女。
モザイクないゲームだから、諦めろ。
なお過去編の彼女は現在とは似ても似つかない乙女っぷりが非常に可愛い。

◆マオ
ひひひ。ほんと、莫迦なリリィ。

CV:高槻つばさ
リリィの旅先に度々現れる《地下世界》のネコビト。
「ひひひ」と笑うのが口癖。
ネコビトのため、履いてない。

◆ラッキー・ルチアーノ
俺の名前を知らないとは。
あんた、ニューヨークっ子じゃねぇな?

CV:小次狼
幸運の女神に愛されたはずの《地下世界》の人間。
リリィの旅先に何度も現れる、鋼鉄の右腕を持つ伊達男。
マンハッタンの「巨壁(ザ・ウォール)」の先に住む1人の女を愛し続けている。

◆ジャガーマン
ブエノス・ノーチェス!

CV:蘭丸
獣の腕に獣の顔を持つ男。リリィの旅の道中に現れ、リリィを付け狙ってくる。
ブエノス・ノーチェスはスペイン語でこんばんは。
ピューと吹かないジャガーさん。

◆アラン・エイクリィ
ありがとう、エリシア

CV:????
エリシアの回想に登場する青年。若き硝学の卵。
6年前エリシアと恋に落ちるが、5年前の大消失で姿を消す。


【キーワード】
(一部のみ)
◆旧・ニューヨーク
厳然たる現実。以前は機関都市として栄えたが、後述の大消失で廃墟都市となる。
エリシアはここを1人と1台で旅をする。

◆大消失
1902年にニューヨークで発生した災害。大都市が一夜で廃墟と化す。
300万人の住人全てが消える。
原因は一切解明されていない。

◆地下世界
幻想の如き世界。アンダーグラウンドニューヨーク。廃墟のニューヨークをそのまま地下に移したような風景。
ここをリリィとAは旅する。

◆《御使い》
地下世界に現れる化け物。地下の人々を度々襲う。白き姿に輝く輪と翼を持った体躯は天使を彷彿させる。

◆《ルフラン》
地下の住民に起こる現象。御使いに襲撃され「死」んでも、体をメタルに変えて蘇る。
この流れの事を指す。
記憶退行を伴う事が多い。

◆一輌だけの地下鉄
リリィの寝床であり移動手段。客室一輌のみだが勝手に動く。ベッドやシャワーも完備。

◆クリッター
Aの持つ鋼の怪物。《御使い》に対抗できる程の力を持つ。
アントライオンサンハシシダヨ。




――さあ、来い。

女王の言葉を借りて。
来たれ、我が影、我がかたち。

リリィ・ザ・ストレンジャー。
我が、永久にして絶対の女王よ。

きみは、僕が守る。
きみが望むままに僕は戦おう。
たとえ、きみが、魔女だとしても。

凶暴なる冥殿の吐息――

強固なるロックの守り――

そして追記するくろがねの携帯。
我が声に応えて出でよ、我がかたち。

アニヲタの騎士。
クリッター・ツイキシュウセイ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/