オーリン(DQⅣ)

登録日:2012/11/20(火) 22:13:54
更新日:2018/04/19 Thu 09:20:07
所要時間:約 3 分で読めます




オーリンとは、ドラゴンクエストIVに登場する男。

筋肉質でケツアゴの中年の男。

第4章で登場。
マーニャミネア姉妹の父親にして高名な錬金術師であるエドガンの弟子。

エドガンが進化の秘法を闇に葬ろうとした時はオーリンは賛同するが、それをよしとしないもう一人の弟子のバルザックがエドガンを殺害。
その際にオーリンも怪我を負ったらしくコーミズ村から逃亡、近くの洞窟の奥底で傷を癒していた。
何故洞窟?と思われるかもしれないが、この洞窟の奥にはエドガンの隠し部屋がある為である。

洞窟を潜ってきたマーニャ達に再会した後は二人の敵討ちを手伝う為にNPCとしてパーティーに加入する。
HP95、攻撃力48とオーリンに出会うレベル帯の姉妹からするとかなり屈強で、物理アタッカー兼肉壁として非常に役立つ。
ただし、呪文の類いは一切使えないので、過信は禁物。
ちなみに武器は鉄の槍。

師匠の娘である姉妹の事は敬意を持って接している。


単純な戦闘技能以外にも、キングレオ城の魔法のカギが無いと開かない扉を力づくで開ける事が可能というスキルを持つ。
この為、ゲーム進行上オーリンを加入させるのは必須となっている。
ただ、魔法のカギは錬金術師が作る品で、恐らくオーリンも所持していたと思われるのだが……この事には後にマーニャが呆れている。
もっとも、「知られざる伝説」の記述によれば、オーリンは弟子といっても主に材料や炉の管理など力仕事を任されていたそうで、
錬金術そのものの知識は余り伝授されていなかったようである(装飾など金物細工の心得はあるようだが)

ちなみに、後にアリーナも盗賊のカギの扉を助走つきで蹴破るという技を見せている。


そして宿敵バルザックに深手を負わせるもののキングレオが登場、成す術もなく投獄されてしまう。
牢屋には先代のキングレオ王がおり、一行にエンドール行きの乗船券を与え、牢屋の奥の通路から逃してくれるのだが……。

牢屋から脱出した際に兵士達に見つかりオーリンが応戦、マーニャとミネアはその場をオーリンに任せて逃げるのであった。
城から一旦出てから戻ってくると、そこにはただのしかばねと化したオーリンの姿が……。

かくして、マーニャとミネアは父に続きオーリンを失った悲しみと共に船に乗り、キングレオを離れるのであった……。



が、実はオーリンは生きており、後にキングレオから遥か北のフレノールの宿屋で療養している所に会える。
キングレオ城で働いていた踊り子が逃げる際に、既に死んでいたと思われたオーリンが立ち上がり、踊り子と共にフレノールまで逃げてきたのだという。

まさかの再会に姉妹は歓喜。
療養中の身なので一行には同行しないが、バルザック撃破済みだとこれでエドガン様も安らかに眠れると安堵する。


その高い攻撃力でアッテムト鉱山の雑魚を打ち倒していく姿はかなり頼りがいがあるだろう。





ちなみにドラクエⅤでこのオーリンという名前を主人公につけると、
パパスから少し残念な事を言われる……。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/