永帝革命(シンテーア管理主義革命)とは1532年にシンテーア帝国で発生した管理主義革命である。


概要

背景

国栄党独裁による社会保障体制の崩壊

 シンテーアは1499年から国栄党の独裁体制に入っていた。国栄党は新自由主義を掲げる、保守自由主義政党であり、拝金貴族たちの支援を受けていた。
 拝金貴族は国栄党を通じてシンテーアの政治を完全に掌握した。これにより彼らは拝金貴族階級により有利となる政策を次々に打ち立て、市民階級は次第に困窮していった。
 生産体制がより機械化してくると、拝金貴族たちは単純労働者を次々と切り捨てはじめ、シンテーアの失業率はやがて20%を超えるに至った。一方で、中産知識階級からでさえも富の吸い上げが行われ、劣悪な労働環境の中に置かれた。

 市民階級はベーシックインカムの導入を求めて活動を行うも、国栄党はそれの一切を聞き入れず、失業者を「競争に敗れた負け犬」とした。国栄党は彼らに対し「働かざる者食うべからず。食扶ちとなるよりかは潔く死ね」と言い放ち弾圧した。

 国栄党の行動指針は「競争による国力の強化」であり、当時軍事力を強化していたヴァルエルク共和国との戦争に備え国力を強化しようとするものであった。市民から富と労働力を吸い上げ、社会保障が必要な弱者には「死んでくれ」と言わんばかりの国栄党の政策は国を根本から疲弊させていった。

管理主義の台頭

 アオン・シオンらは、国栄党の拝金主義独裁政治に対抗すべく、学生による管理主義研究会を発足。市民階級が新しい思想管理主義への理解を深めるために、草の根レベルで活動した。
 一方アオンらは軍事方面での蜂起も画策、軍人であるゲイス・シレガーの協力をこじつけ、1532年に蜂起。
 時のケニアズであるルニアス・ジヴェジルスを内部に引き入れていた管理主義研究会は、「シンテーア管理主義共和国暫定政府」を立ち上げ、シンテーア国家の正当性を主張した。

革命の勃発

 国栄党は共和国暫定政府の指導者のひとりとなったルニアス・ジヴェジルスを精神病認定し、それを原因に彼をケニアズから強制的に退位させ、その妹であるレギアル3世を即位させた。
 国栄党は管理主義に対し徹底抗戦を唱え、市民に対してもゲリラ狩りを行った。また暫定政府の指導者のひとりギャッコーおじさんが病死すると、それを機にV3作戦を開始した。

 共和国暫定政府は次第に広範囲で市民の支持を拡大し、軍人も共和国に離反しつつあった。最終的に、国栄党はレーオントレイオンにて包囲された。

革命裁判と革命の暫定終結

 レーオントレイオンが包囲されると、共和国は革命の終結を宣言し、革命裁判を行った。これによりA級拝金罪となったレギアル3世らが処刑された。
 しかし、一部共産主義者が労働者による独裁を訴え離反、生き残った拝金貴族も反撃の機会をうかがっていた。アオンらはこれを受け、革命の継続を訴えた。

革命の継続と革命の終結

 ルニアスは革命軍を率い、残った拝金貴族と離反した共産主義者を殲滅した。アオン・シオンはかつてのシンテーア帝国の国としての立場を引き継ぐため、国名には「エミュンス」を使うべきと判断した。
 真の革命終結宣言がなされると、ルニアスは政権をアオンに譲り、アオンは国名を「シンテーア管理主義共和帝国」に改めた。

永帝革命の3つの側面

 永帝革命は後世に語り継がれ、ジエール国内外で小説や映画、ゲームの題材となっている。その際に永帝革命はおおよそ3つのテーマで取り上げられる。
 永帝革命の3つの側面は「怒れる市民の抵抗」、「学生の青春物語」、「兄妹の物語」である。

関連項目