イェスカ思想
歴史 [表示]
潮流・派閥 [表示]
概念 [表示]
人物 [表示]
著書 [表示]
組織 [表示]
関連項目 [表示]
イェスカ思想のテンプレート
イェスカ主義(理:jeskavera)とは、イェスカ思想の政治的側面を指す。政治思想的イェスカ思想を特に指して言及する際に使われる。


概要

イェスカ思想をその政治的側面であるイェスカ主義と哲学史的側面であるイェスカ哲学に分けて考える潮流は最初からあったわけではなかった。こういった分離がそもそもユエスレオネ社会党の政争に始まるアレス・デュイネル・エレンの批判に基づき、第三政変期の「イェスカ哲学の政治化」への批判に由来するものである。このため、近現代リパラオネ思想の論者の中には、イェスカ思想のこのような二分割がそもそも特定の歴史に固着した無意味なものであるとする意見もある。しかしながら、典型的なイェスカ思想の思想史的由来がヴェルテウル・シュテック・レヴァーニの批判から芽生えた歴史自由主義であるため、ヴェルテール哲学的な「歴史の無意味性」に抗してイェスカ主義の有意義性を主張するイェスカ主義の論者が多いため、イェスカ主義は世間においても学術領域においてもその存在感を維持し続けている。

AltValuesによる原理的イェスカ主義

イェスカ主義の歴史

イェスカ主義前史

イェスカ主義の説明において、その起点はイェスカの大学時代とされるのがイェスカ哲学との視点の大きな差である。イェスカ哲学が前史をヴェルテール哲学まで遡り、イェスカが生まれてからの時代全体をその成立期と捉えるのに対して、イェスカ主義ではイェスカの人生の一点に明確にイェスカ主義の成立時期を定める。
このため、イェスカ主義の前史とはターフ・ヴィール・イェスカがリパナス(リパラオネ民族主義)に傾倒していた時期を指すことが多い*1。1788年~1992年の間、イェスカは大学で社会哲学を専攻して、戦争などを通して保守的な活動に参加していた。この時点に関してイェスカ主義の論者とイェスカ哲学の論者では評価が異なる。イェスカ主義の立場ではこれ以降アレス・デュイネル・エレンとの接触により、イェスカは革新チャショーテに転向して新たな思想とそれに基づく活動を展開してきたのであって、この時期のイェスカの考えはイェスカ主義とは関係ないという見方である。しかし、イェスカ哲学の視点では少なくともリパナスはレシュトから出てきた思想の一つであり、近現代リパラオネ思想に連なるイェスカの哲学史的基礎としての歴史自由主義という共通点を準備したのであると考える。
いずれにせよ、イェスカ主義者にとってイェスカの保守主義者時代はイェスカ主義を学ぶ上ではあまり重要視されないのが普通である。子供などにイェスカ主義を教える際にそれを物語仕立てにする上では転向の事実は利用できるが、T.V.woltsaskaiju「やさしい正しいイェスカ主義」など革命期に多く出版された子供向けイェスカ主義概説書などではユエスレオネ革命から記述されるのが普通であり、ショレゼスコ以降の時代においても転向を取り上げるのはイェスカ主義としてあまり意味のないこととみなされている。

ターフ・ヴィール・イェスカ期

 ターフ・ヴィール・イェスカによるイェスカ主義は、イェスカ主義における最も根本的で原理的なイデオロギーであると考えられている。その重要な点は、イェスカの著書に対する厳密な理論に基づいた政治的決定をおこなうことにある。また、原理的イェスカ主義はイェスカの政治的実践や決定にイェスカ主義理論の解釈を求める点でも共通している。
最終更新:2021年07月04日 00:14
添付ファイル

*1 T.V.woltsaskaiju「イェスカ基礎」などがこの立場である。