コーデリア

該当キャラが2名います。


コーデリア(サガフロンティア2)


「ウィル・・・ さようなら・・・」

スクウェアの架空歴史物RPGである『サガフロンティア2」のウィル編に登場するキャラクター。
主人公のウィルの護衛役(ヴィジランツ)となる、最初の仲間の一人。愛称はコーディーハッハー!
サンダイル歴1220年生まれで、ウィルと出会ったのは1235年。どちらも15歳である。
主に槍を使って戦うのが得意。このゲームでは序盤から強力な槍が手に入り、槍技自体の使い勝手もいいため主力となる。

基本的に活動的で、弱者を見捨てる事ができない性格。
序盤は勝気な台詞が多いが、ウィルとの仲が進展すると歳相応の少女らしい発言が目立つようになる。
シナリオの展開によっては後にウィルの妻になる。しかしまた、プレイヤーの選択次第では悲運な運命を辿る事にもなる。


MUGENにおけるコーデリア(サガフロンティア2)

『聖剣伝説』キャラに定評のあるdkn氏が、原作のデュエル中のドットを用いて製作したコーデリアが存在する。
槍のリーチを活かして戦うが、投げが無いなど近距離は苦手。
特殊システムとして原作と同様の行動力(以下AP)が存在する。
初期はAPが4あり、APがある間攻撃を相手に当て(ガード含む)、その攻撃が終了するまでにコマンド入力すると連続攻撃できる。
必殺技を使うとAPが多く消費され、0になると行動終了後また初期値に戻る。
AIもデフォルトで搭載されており、並~強ぐらいの強さ。12Pでは狂下位クラスとなる。

出場大会



コーデリア(パネルでポン)

任天堂のパズルゲーム『パネルでポン』に登場する女神。ラスボスである。
魔王サナトスの裏で糸を引き、妖精の世界「ポップルス」に災いを起こした張本人。

+ネタバレ注意
実は主人公であるリップのお母さん、妖精の女王コーデリア。
実は今までの事件は彼女が起こしており、誰が次の女王に相応しいか試したのであった。なんという傍迷惑な
高難易度でノーミスクリアすると…?

テーマ曲は風の音とパイプオルガンの奏でる静謐にして荘厳な曲で、神の威圧感に溢れている。

『ポケモンでパネポン』では、何故か本家パネポンの音楽が全曲丸ごと未使用なのにデータ上に存在しており、チートで聴く事ができるが、
ゲームボーイの音源でコーデリアのテーマの特徴である風の音を表現した結果、凄い事になっている。

またゲームキューブの『パズルコレクション』でも登場する。やはりラスボスとして登場するが…?
+ネタバレ注意
こっちは上記の母親とは完全な別人。
Normalモードではコーデリアがラスボスだが、Hard以上ではクジラのジルバがラスボスとして控えている。
そしてHardをノーコンティニューまたはSorV-HARDでラスボスのジルバを倒すと、
真のラスボスとしてエンディングの表示をぶち破ってコーデリアが真の姿で乱入してくる。

…その真の姿とは「マンガリ」「ミンギリ」「ヒンダリ」の3人組の魔女「おばば」。恐らく名前の由来は「真ん中or曲がり」「右」「左」だろう。
見た目は貧弱極まりないが、全体的にCPUが強めなこのゲームでも 開幕10連鎖を決めてくる事がある など、もはや理不尽の域。
…ゲームの仕様上何連鎖されようと撃ち返せる上に30秒で死ぬ事もあるし、その難易度をここまで勝ち抜いてきたプレイヤーなら何とかなる相手だが。

コンティニューはできず彼女らに勝っても負けてもエンディングだが、
勝つと魔力を使い果たして小さくなった上に、ヒンダリの飼っていたエリザベスというカエルに食べられてしまう(死んではいないが)。
その後「ふん!これで終わったと思ったら大間違いだよ!」と気になる台詞を言うが別にその後のストーリーがあるわけでもなく続編もないため、単なる捨て台詞と思われる。

また、負けてしまうとエンディングのメロディーがNormal版になる。


MUGENにおけるコーデリア(パネルでポン)

ZGP氏製作のコーデリアが存在する。
誰が相手でもイントロで原作の会話が表示される。
AIは未搭載。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [コーデリア(パネルでポン)]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2020年02月05日 11:14