野獣先輩


「24歳、学生です」

ゲイ向けアダルトビデオ『Babylon Stage34 真夏の夜の淫夢 〜the IMP〜』に登場する人物。
褐色の肌とガッチリした筋肉質な体型、そして男性にしては高めな声が特徴的。

+『真夏の夜の淫夢』の概要と歴史を教えてやるから見とけよ見とけよ~
イギリスの大作家ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲のタイトル……ではなく
2001年にコートコーポレーションから発売されたゲイビデオ。
元々単なるホモビデオだった本作が有名になった切っ掛けは、
第1章『極道脅迫!体育部員たちの逆襲』に学生時代の某プロ野球選手「 TDN
(当時大卒社会人ドラフト一巡目指名候補)が出演していた事を週刊誌がすっぱ抜いた事が始まりである。
当選手によれば「金が必要だったからで、自分はホモではない」とのことだが、このビデオによってすっかりホモキャラ扱い。
この話題が週刊誌で扱われた際、誌面に「アッ」という文章が記載され、
これが何故か「アッー!」(「アーッ!」ではない)という叫び声として有名になり、
くそみそテクニック』の「ウホッ」に匹敵するゲイを表すタームとして完全に定着した。
ちなみに初期ニコニコ動画の投稿文字コマンドの見本が「アッー」であった。

最初は単なるネットユーザーの「有名人弄り」であったが、
その後間もなくホモビ特有のドラマが変にツボに入ったのか作中の台詞を定型化させたり共演者の特定に走るクッソ迷惑な輩が続出。
2ちゃんねるを中心とするネット上でのホモネタとしてひっそりと楽しまれる事となる。あーあもうめちゃくちゃだよ

ニコニコ動画等では所謂『レスリングシリーズ』といった洋物ホモビのMADシリーズが既に台頭していたのだが、その勢いに陰りが見えたのか、
2009年頃から既に下地が出来上がっていた「ホモビネタ」に便乗する形で急激に様々な人気アニメやゲームに見せかけた釣り動画が投稿されるようになった。
ネタ自体がニコニコで構築されていったレスリングシリーズとは異なり、
2ch等である程度ネタが出来上がっていた淫夢は半ば「ホモビネタ」としてニコニコでも着々と愛好家(意味深)を獲得。
一部修正された本編やどう使うか分からんけどとりあえずMAD用に作ってみた本編の切り抜きBB(ブルーバック)素材が投稿され、
それを元にクッソ汚いMADを作るという事態に。
ネタに貪欲な淫夢民は自分達でも把握しきれない程のネタと定型を現在進行形で増やしつつある。なんてことを…(憤怒)
現在では野球繋がりで「淫夢ネタ」を使用していた2ちゃんねるの「なんでも実況J」板の台頭もあり、
良い意味でも悪い意味でも、今最も勢いに乗っているネットネタの一つと言えるかも知れないそんな勢い乗らなくていいから(良心)

この『真夏の夜の淫夢』は単一のビデオのタイトルであるが、現在は和製ホモビデオの総称と扱われている。
これにより、今ではその短縮形である「淫夢」という単語そのものがミーム汚染でホモビの隠喩となってしまった。
(本来なら(いわゆるサキュバスが見せる)いかがわしい夢・エッチな夢を意味する単語)
詳しくはここを参照して、どうぞ(迫真)

当然ながら「アダルトもの」なので運営に見つかり次第片っ端から削除されているが、
現在では釣り動画だけでなく本編を利用したMAD作品も多くがうpされており、場合によっては運営との削除合戦となる。
また「淫夢ネタ」は、「出演者に似ている有名人」「ここで撮影された」「あの淫夢動画で使われた」
「名前が同じ」「○○(キャラ・有名人)が定型を言った」「くさそう」
等、
掠っただけでもネタにしてしまう貪欲な吸収力で勢い付いてきた故、いわゆる「風評被害」が激しいネタでもある。
だから害悪扱いされるってそれ一番言われてるから。ちなみにカブトボーグ視聴者には完全敗北しました(半ギレ)
特に2ちゃんねるのスレやニコニコ大百科等風評被害を受けた対象のコミュニティに凸し淫夢ネタをばらまいたり、
淫夢ネタを知らない・好んでない者のマジレス反応を定型や釣りで茶化したがる荒らし気質の者も多い。
それがエスカレートした通称「ホモファーレ」事件でとうとうニコニコ運営陣がキレたのか、
その辺りから本編や再生数の多かったMADを運営判断で次々消すという通称「ホモコースト」が勃発。
対する淫夢民も消された動画を復活させ、MAD動画の最後でニコニコ社屋を爆破するシーンを入れるのを「お約束化」させたり等戊辰戦争抗争が続いている。

……と荒らしと釣りに使われやすい淫夢ネタを蛇蝎のごとく嫌うネットユーザーも数多く存在する。
荒れる原因になりやすいので無関係な所で淫夢ネタの投下はしてはいけない(戒め)
ネタがネタだけに好き嫌いが分かれやすいと言う事を頭に入れておこう。
そしてこれは本項のキャラクターを動画に登場させる場合も同様である。

野獣先輩は本編の第四章『昏睡レイプ!野獣と化した先輩』に出演している。
名前の由来もこ↑こ↓から。作中での役名は「田所」であり、もっぱらその2つの名で淫夢民からは呼ばれている。

+『昏睡レイプ!野獣と化した先輩』のあらすじだからノンケは注意して見ろよ見ろよ
水泳部の後輩が練習帰りに先輩の実家に訪問するところから話が始まる。
部活の会話の後、先輩が後輩に屋上で日焼けをしに行かないかと誘う。後輩は快諾し、二人は競泳パンツに着替え、日光浴を始める。
しかし、この後、普段面倒見の良い先輩が豹変。彼の歪んだ愛情が暴走して、後輩に襲いかかる……
「お前のことが好きだったんだよ!(迫真)」
ひとまずモナー達の演じた問題箇所カットバージョン見ていって、どうぞ。

最初はそのクッソ汚い外見、後輩を昏睡レ○プする人間の屑、かん高い喘ぎ声(野獣の咆哮)、
枕がでかすぎるといった要素から人気は今一つであった。
しかし段々と迫真の演技や後輩にアイスティーをおごる人間の鑑といった要素が評価され、
事の発端だった某野球選手を差し置いて一躍人気キャラとなった。

これ以外にも複数のビデオに出演しているのが確認されており、ホモ的にも人気のある男優なのかもしれない。
+と思いきや…
実際の所、当時の本物のゲイの方からの評価はというと、
女みたいに甲高い声でいくいくいくってきもい 肛門きたなくて興ざめ と結構辛辣なコメントだった
個人の評価ではあるが、これを書き込んだ人は真夏の夜の淫夢以外の出演ビデオを把握してる程精通してる方だという事を考えると、
そこそこ信頼できる内容だと言える。
例としては「Babylon Stage 27『誘惑のラビリンス』」第三章『空手部・性の裏技』では空手部の「鈴木」という役名で登場。
同話に出てくる通称「迫真空手部」のMUR大先輩や後輩のKMRもまた、盛んにMADに登場する人気ぶりを見せている。
また2011年、三本目に発掘されたビデオ『SCOOOP!!!1』では 銀粉を体に塗りたくりゴーグルを掛けたメタリックな姿 でパッケージを飾った。
その容貌からサイクロップス先輩と呼称されている。
そして2013年に発掘されたビデオにおいてはインタビュアーのバッ マンと共演、「王道を征く」「やりますねぇ!」等といった名台詞も残した。

淫夢MAD等では(迫真)と称される本編での名怪演によるネタにしやすさや、
出演率の多さによる素材の豊富さもあり、淫夢MADの主人公ともいえる存在感を誇る。
ともすれば犯罪である本編での相手を昏睡させてレ○プ行為による奇抜な行動への違和感の無さ、
かと思えば先輩らしい頼もしさや優しさ、そもそも巧妙に睡眠薬入りアイスティーを飲ませた頭の良さ等により、
人間の鑑と人間の屑を両立させた何をやらせても光るキャラである。

これだけの注目を集めながら正体・2002年以降の行方が全く掴めていない為、
「野獣先輩女の子説」を皮切りに特定兄貴達が日々野獣先輩の正体や行方を推察する「野獣先輩新説シリーズ」も盛んである。
その説はいまや114514説あるという。たまげたなぁ。


THE 淫夢 OF FIGHTERS 810114514』における野獣先輩

同人サークル「studioS」制作のパロディ格ゲー(通称『IOF』)にも登場
(タイトルの元ネタは言わずもがな『KOF』)。
そう、この淫夢ジャンル、同人とはいえ格ゲー化してしまったのだ。これもう(どこまでいくか)分かんねえな。
他キャラのボイスの酷似っぷりに反比例してあまり似てない声や人間離れしたカラーがよくネタにされている。
性能としては遠距離は弾速の速い飛び道具、中間距離は牽制立ちD、近距離はコマンド投げと、どの間合いでも戦える性能を持ち、
コンボも強力で使い易く、一度追いつめれば攻めを継続し易い。初心者でも扱い易いキャラクターとなっている。
紹介トレーラー
大会動画


MUGENにおける野獣先輩

主に淫夢オブファイターズのドットを用いたキャラが複数存在する。
何だこれはたまげたなあ・・・(困惑)

+BRI氏製作 『IOF』再現+一部アレンジ
  • barai BRI氏製作 『IOF』再現+一部アレンジ
『淫夢オブファイターズ』体験版のものを製品版の仕様や性能に近くなるようアレンジしたもので、
大まかには原作通りだが、ボイスが元のホモビのものに差し替えられ、イントロや勝利演出が幾つか追加されているほか、
股間をあてがう通常投げ等の原作にあった動画に使い辛い演出は変更されており、動画使用に優しいアレンジとなっている。
ただし動画での使用の際は、淫夢要素があることを明記してくださいとのこと。淫夢要素はありません(大嘘)

改変やAI製作は自由。
外部AIはIX氏によるものと、小物ロダにアップされた製作者不明のものが存在する。
後者のAIはよりIOF原作寄りになる改変とカラー追加も兼ねている。

+動画

+製作者不明 アーク・サハエル
  • 製作者不明 アーク・サハエル
上記BRI氏改変キャラで、小物ロダにて公開されている。
製作者は名乗り出ていないため。誰が作ったのか分からないキャラである。

オロミズ系特有のポーズ神キャラを意識したっぽい見た目だが並~論外までカラー分けされている。
1Pはカンフーマンが互角に戦える程度の強さだが、7Pの強さは狂クラス、
12Pは攻撃性能がOTHKを所持しているが、準神5柱を即死できない狂最上位程度で、耐性が隔離技術以下という撃破不可能な論外である。
12Pがそんな性能をしているからか、付いたあだ名は「論外先輩」なんだこれは・・・。たまげたなぁ。
なお、有志によって12Pの性能調査を行った動画が上がっている。

+MG氏製作 クソステYJSNPI
  • みーご MG氏製作 ファ○キンステロイダー クソステYJSNPI
2016年エイプリルフール公開。
BRI氏製作の野獣先輩を狂性能に特化したアレンジで、イントロや技演出が多数追加されている。
いわゆるストライダーズの生き残りタイプであり、名前通りステータスが異常に高い(攻撃力約10倍、防御力約930倍)。
……のだが、10Pまではデフォルトで防御力が凄まじく低下しており、実質KYM並の高ライフ紙防御。
ただし防御力変更記述の仕様上ロック技・投げ技以外は実質的に初撃無効となっている。
代わりに攻撃力は高く(後述の低カラーでも約4倍)、一転攻勢時専用技が即死化かつ当身付与されている。
また一転攻勢が一度発動すると技を使ってもラウンド終了まで解除されなくなっている。
このキャラの一転攻勢は性能強化により全ゲージ技が使い放題のため、実質瀕死=ゲジマユ化。
カラー差として、1Pから5Pまでは攻撃力が半減する(それでも約4倍なので十分強いが)。また6Pまではゲージ技の必要・消費ゲージが上がる。
7Pがデフォルト能力で、8P以降はカラーが増える毎に性能が強化される。
オプションは開幕自殺するノンケスイッチ(一部製作者相手だと自動でON )、
一転攻勢専用技がモザイク化するモザイクスイッチ、1P〜6P用の一転攻勢封印スイッチがある。
AIは常時起動しており、基本的には操作不能。

この他にもボーナスステージっぽい改変や、

AI付きで結構強い『淫夢オブファイターズ』の製品版に近付けた改変や、

更に芹香の夫氏の「死の灰を浴びたアミバ」改変でこんなのもいる。
動画削除済みだがDLリンクは健在

これら以外にも、天空ソニック改変で有名なRKDN氏による「Runner_810」というキャラ、
SAMSARA氏による WIN版専用、ファイル容量1GB超え、4GBパッチ必須 のBB先輩(あらゆるBB素材の集合体)も存在する。

出場大会



「ぬわあああああああん、疲れたもおおおおおん」