ヨンパチショック(KOTY)

登録日:2011/08/13 (土) 21:48:35
更新日:2018/06/28 Thu 15:07:50
所要時間:約 3 分で読めます




2007年にクソゲーオブザイヤーで起こった出来事。四八ショックと呼ぶ人もいる。

簡単に説明すると四八(仮)の出来が酷すぎてKOTYの作品選考基準のインフレを招いてしまったというもの。

ヨンパチショック発生前のKOTYはその年で一番のクソゲーを決めるというよりも期待外れ、ガッカリゲーを決めるようなものだった。

なので、実際にプレイしたら普通なのに発売前宣伝が過剰だったり、
レビューのインパクトが強かったせいで糞ゲと呼べないものが選考されたりしていた。

しかし2007年は電波、低難易度、エルヴァンディアゴー!(実際には使われていない)で過去の大賞よりもネタ色が強く、
知名度も低いエルヴァンディアストーリーと実は良作だったオプーナの2作がKOTYを盛り上げており、少しずつ変化を迎えようとしていた。

オプーナの発売から3週間後にヨンパチが発売。そしてヨンパチショックが起こる。

飯島多紀哉が少し前に繰り出したONI零 戦国乱世百花繚乱と
アパシー 鳴神学園都市伝説探偵局の出来がアレだったため期待している人も多かった。

ヨンパチの項目にも書かれている事なのだが電波、バグ、不親切、盗作など問題点があまりにも多く酷いため余裕で大賞に輝き、
スレ住人のクソゲーへの考え方が変わり多くのゲームに対して「ヨンパチよりもマシ」として動じる事が無くなった。

例えばヨンパチ発売から2週間後に発売した遊戯王デュエルモンスターズGXタッグフォースエヴォリューションは、
好評だったTFにTF2のカードを加えてPS2に移植したものだが、
原作がアニメであるにも関わらずTFにあったボイスの削除や追加要素がやっつけだったりと、
例年ならばノミネートしてもおかしくない作品だったがそれでもスルーされた。


その後

ヨンパチによりKOTYの空気が変わったが、その弊害として翌年からはノミネートする作品が無くなるのではないかと心配する人も多かった。
そんな心配とは裏腹に2008年据置部門は七英雄を始めとして豊作だった。

2009年もSSαの猛攻、W大賞、ゲー無、社長公認、メジャマくんとネタは多かったもののノミネート作は減り、2010年は更に減った。

そして2011年はキャサリンやマインドジャックが年始に少し話題になった程度で、
9月になるまで有力候補が現れないという事態になってしまった。
ゲーム業界的には良い事なのだが同時に開発費の高騰、ソーシャルゲームの普及、
東北地方太平洋沖地震による被害等でソフト自体が出ていないためゲーム業界が危ういとも考えられる。 
と思いきや年末の魔物が続々と出現し年始に発売したソフト2本が注目される等、
ヨンパチショックなんてあったのかと思う程話題作が充実した。

2012年は海外・国産それぞれ2作品がノミネートし「和洋のクソゲー大戦」が開戦。
年末間近に日本陣営からKOTY史上最強のクソゲーもとい「ゲー霧」と恐れられた太平洋の嵐~戦艦大和、暁に出撃す!~が出撃、それまでのノミネート作を霧の彼方に葬り去りぶっちぎりの低評価で大賞を奪取した。

2013年は去年の敵討ち、完結済アニメなのに打ち切りED、鬱を通り越して投げ出したいシナリオ、死調整、次世代機からの刺客と様々な特色を持つ5本が襲来。

2014年はヘッポコな戦車部隊と特殊部隊の戦争に年末のダークヒーローが颯爽と乱入し、大賞を掻っ攫ったが、ノミネートは3本に減った。

2015年は2本のみのノミネートだったが、それぞれ過去の栄光をかなぐり捨てたまさかの強豪の参戦でスレ住民に衝撃を与えた。

2016年は一昨年と同じ3本のノミネートだったが、帰って来た兵士、KOTYの舞台をぶち破る牛、苦痛を齎す冒険者と新たなジャンルからの襲来もあった。

2017年は5本。三文の価値もない商品以下、霧、お隣の国からやってきたクソFPS、あらゆる要素が滑ったミステリー、そして新要素の暴走でクソ化した新世代STGによる高レベルの戦いが繰り広げられた。


ちなみにPSPゲーの為携帯版の話になるが、2010年12月発売のAKB1/48 アイドルと恋したら…はその名前と発売会社的にヨンパチを想起させる作品だが、
クソゲーハンターからすれば魅力の無い内容だったり、携帯版スレは同時期に発売したプーペガールDS2で盛り上がっていたため、
一部の人間が大賞にしようと躍起になった以外で話題にならなかった。
その後もAKB関連無関連に関わらず「48」「しじゅうはち」を想起させるタイトルのゲームが出た場合、そしてそのゲームがクソゲー的な評価を受けた場合ネタにされることがある。
それだけ四八(仮)というゲームが与えた影響は大きかったのだ。





=\四/<追記・修正ゴー!
= 仮
=/|

この項目が面白かったなら……\ポチッと/