白騎士(ポポロクロイス物語)

登録日:2011/09/14 Web 01:36:02
更新日:2021/06/03 Thu 17:52:20
所要時間:約 4 分で読めます




拙者の名は白騎士
伝説の剣を求めて、旅をする騎士でござる


白騎士とはポポロクロイス物語シリーズに登場するキャラ。

CV/Ⅰ:池田秀一/初代アニメ・Ⅱ以降:江原正士

概要

名前の通り顔まで覆った白い全身鎧の騎士
古の勇者の一人であるキングナイトの剣を求め、一人で旅をしている(ゲーム以外のメディアでは流星号なると共に旅している)。
ござる口調の騎士という妙なキャラをしているが、正義感に溢れ、誰にでも愛想良く接するその姿はまさに騎士の鏡。ピエトロの良き兄貴分でもある。
焼死しかけたガミガミ魔王をガチで見捨てようとしたのは内緒だ。

その暖かな人柄もさる事ながら、作中ではガミガミ魔王と並ぶネタ及び萌えキャラで知られる。
そのためファンからの人気は非常に高い。

戦闘面でも大体の作品でとても優秀で、物理攻撃のエキスパートとして活躍する。


登場作

ポポロクロイス物語

ガミガミ魔王に剣を奪われ、鎧も錆びてしまい立ち往生していたところでピエトロ達を遭遇。
子供の身でガミガミ魔王を倒そうとするピエトロに感心し仲間になる。
第二章になり一旦分かれるが、魔物の湧いた鉱山で再開する。
この頃から正義漢、実直、馬鹿力、ネタ要素と基本的なキャラが出来上がっている。
ピエトロが母を取り戻し、氷の魔王を打倒した後はフライヤーヨットでキングナイトの剣を探して旅立っていった。
泳げない、高所恐怖症、錆びると彼には最悪の選択な気がせんでもない

戦闘では非常に頼れる存在。
気力を消費する必殺技オンリーという物理ユニット(そのため、MPは0)。体力もずば抜けて高く、「ちょうはつ」というタゲ技もあり壁要員としても役立つ。
Ⅰは気力の残量でダメージが増減するのだが、「きあいため」により1ターンで気力を全回復出来るので非常に効率がいい。*1
また、「ジャンプぎり」が必中かつ射程無限のと地味に狂っており回避率の高い相手とも互角に戦える。
ただ、終盤に覚える技は癖が強くいまいちパッとしない。
HPが高いため死ににくいとはいえ、魔法攻撃に対しても弱い。

ちなみに説明書のイラストでは兜の覗き穴から中の人の肌が見えていた。
以降のシリーズではゲームに合わせてイラストでも目以外見えなくなる。

ポポローグ

過去の世界で白騎士の過去っぽいバケツをかぶったござる口調の家出少年が登場する。
前作で旅立ってしまったため本人の出演はない…と見せかけてエンディングやその後の物語に少し登場する。

ポポロクロイス物語Ⅱ

第1章の鉱山で登場。以降も抜けはあるがコンスタントに仲間になる。
ゴブリンにされるなど情けない場面も目立つが、大地の竜ウルスラの子供ガボに親と間違われる、森の狩人レオナといい雰囲気になるなどやはり目立つ。
サブイベントでついにキングナイトの剣…ではなくキングナイト本人と対峙する場面があるが、白騎士をパーティに入れていると専用のリアクションが見られる。

必殺技が廃止された事により他ユニットと同じくMPを利用するようになり、最大のメリットかつ特徴を失う形に。
決して弱くは無いものの、特技が攻撃一辺倒なのと、途中離脱が多くてレベルが中途半端になりがち。
そのせいかパーティ採用率は低く、前作に比べ不遇と言わざるをえない。
しかし、なんだかんだで範囲攻撃が多いため使いやすい。HPの高さを生かして敵陣に突っ込まして回転斬りをしとけばとりあえず安心。
また、ストーリー上も途中離脱こそ多いが、かなりの期間一緒にいるため最終章では即戦力に十分なりうる。
というか敵が弱い 

ピノン世代以降

Ⅱエンディング後に、フラグをこれでもかと建てていたレオナと結婚。
息子であるマルコを授かるが、家族をほったらかしにしてキングナイトの剣探しを続行するという駄目親父っぷりを発揮する。
十六も下の娘を貰って孕ませておいて放置って…………騎士とはなんなのか。

ポポロクロイス牧場物語

作品内の時系列としてはⅠとⅡの中間にあたる作品だが登場。
お約束といわんばかりに錆びた銅像として登場。PTメンバーとして戦ってくれるものの、ストーリー内では空気のようになってしまった。
だが仲間になった際には相変わらず強い。
というか敵が弱い


素晴らしき白騎士伝説

前述のとおり面白エピソードに事欠かないキャラ。
ここでは彼にまつわる前節の一部を紹介する。

1.鎧
寝る時はもちろん、風呂に入る時も鎧を随時装着し続ける白騎士さん。
長年の友人であるピエトロさえも把握していないその素顔はポポロクロイスにおける最大の謎
何故ここまで頑なに鎧を着続けるのかは定かでは無いが、いくつか諸説があり、主な物は
①極度の恥ずかしがり屋

②呪いの鎧だから脱げない

実は鎧が本体

……おかしな物が混じっているが、一応これらは全て公式という事を注釈しておく。
まあ、レオナと子作りをしたのだから、普通に考えて①か②が妥当だろう。
余談だがPS版1の初期案では鎧を着たまま死んでしまい、そのことに気が付いていない騎士というイメージがあったらしいが原作者に却下されたそうだ。

2.お化けが苦手
騎士なのにお化けが苦手! なんというギャップ萌えなのでしょう!

3.高所恐怖症
騎士なのに(ry

4.ネーミングセンスが安直
  • 厨二でも付けるのをためらいそうな流星号。
  • 縁日のヒヨコ的なノリで名付けられたガボ

こんな名前を自信満々に付けるなんて、流石白騎士さんだ!
マルコ? ああ、あれは多分おかんが付けてくれたんだよ。きっと。
そうじゃなかったらアレだ。きっと生まれたての赤ちゃんは丸々と太ってたんだよ。うん。

5.弱点が塩水
白騎士さんの中では、鎧を除いておそらく最大のネタ。
塩水をぶっかけられるだけで即座に錆びて動けなくなるという致命的な弱点。
というか、塩水が掛かるだけで身動きができないレベルにまで腐食するとは……一体あの鎧はどんな材質で出来ているのか非常に気になるところ。

6.お酒が飲めない。
とあるイベントで発覚。勘違いからジョッキ一杯分のお酒を丸々と飲み干してしまい、あっさりと潰れてしまう。
本人の台詞からみて、ほんの一口でもダメらしい。

7.怪力
ポポロIのとあるボスによって牢屋に捕まった際、あっさりと鉄格子を腕力だけでへし曲げて脱出。
また、瓦礫に頭から突っ込んで抜けなくなったときもなんだかんだいって自力で瓦礫を吹き飛ばして脱出。
剣じゃなくて殴ったほうが強いのでは………。

とまあ、ちょっとほじくり返しただけでもツッコミどころが満載な白騎士さん。

原作や旧アニメを見るだけでもまだまだ面白エピソードがあるので、気になった方は見てみる事をオススメする。

余談

ゲーム版のプロトタイプである漫画「ポポロクロイス物語」では、キングナイトの使った剣=竜尾の剣を手に入れて英雄になりたい結構俗な男だった。
ピエトロ王子の剣を狙って襲い掛かる弁慶のようなキャラだったが、改心して竜尾の剣を手に入れてからは一変。
ほとんどの敵を寄せ付けない無双っぷりを発揮。精神性も英雄にふさわしいものになる。
ゲームと異なり、ただの人間の王子であるピエトロを食ってしまうほどキャラが立っていた。
さすがに作者も問題視したのか2巻ではピエトロと別行動させることで主役となり、3巻では脇役に徹している。
主役となる2巻ではⅡのウルスラ、ガボの元ネタとなったエピソードや4人の魔法使いや氷の魔王、鬼面童子との戦いを経て精神的に大きく成長していく。

ポポロクロイスの前日譚である小説「ポポロ・クロニクル」において、上記の鎧や怪力の出自についての説明があったりする。
というよりもクロニクルそのものが………。



追記・修正は、白騎士さんの鎧をキャストオフさせてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月03日 17:52

*1 ほかのキャラだとゼロからフルには3ターンかかる