真選組

登録日:2009/09/02(水) 22:41:28
更新日:2021/01/25 Mon 22:57:28
所要時間:約 2 分で読めます




銀魂に登場する江戸の治安を守る特殊警察。

局長の近藤勲・副長の土方十四郎・一番隊隊長の沖田総悟を中心に数十人で形成している。
全十隊と監察方が存在し、一つの隊には十人前後が所属している。
たまに武州などで行われる新隊士の募兵で人数を増やしている模様。
幕府に属している(この事から攘夷浪士達には「幕府の犬」、銀時や神楽には「税金泥棒」と呼ばれている)ので権力も一応ある。

主な仕事は攘夷浪士の捕縛や将軍の護衛など。たまに一般の警察のするような仕事をすることもある。
しかし、創設者でもある警察庁長官松平片栗虎に便利使いされ、くだらない事柄に駆り出されることもよくある。

戦闘時には刀ではなくバズーカや手榴弾などの兵器も用いることも多く、
犯人逮捕のついでに暴行や破壊活動(特に沖田と土方によるもの)を行うため、世間からの目も冷たい。
そのためによく「チンピラ警察24時」と言われている。
イメージアップのためにアイドルの寺門通が一日局長になったこともある。

万事屋とは腐れ縁でよくトラブルが起きる。
戦闘専門の集団ゆえか、その他の知識は壊滅的で将軍のペットであるカブトムシ捕獲の命を受けた時などは的外れで陳腐な作戦しか思い付かないので、
万事屋の面々からも軽蔑されていた。
しかし銀時たちからは馬鹿にされながらもその正義感と使命感は評価されており、いわく「馬鹿でぶっそうで江戸の平和を守る」と称されて共闘することも多い。

普段は横行する上司への悪口・悪戯(ほとんど沖田)も鉄拳制裁で済ませているが、真選組動乱編では隊内の反乱者達を多数粛清した。

ただし主要メンバーの忠誠心は政府・幕府に対しては皆無であり、あくまで近藤がこの道を選んでいるから付き従っているからが大きく、極論すれば近藤勲の私兵集団と呼んでもいい。
実際、劇場版「万事屋よ永遠なれ」での5年後の未来では近藤が幕府に逮捕されてしまったことから隊丸ごと攘夷志士に鞍替えしてしまった。


「さらば真選組編」では前章の「将軍暗殺編」での失態の責任を取らされて近藤と松平が切腹させられることになり、解体されてしまった。

主だった隊士の他に、ゲスト的に名在り隊士が登場することもある。



追記修正しなかったら局中法度違反で切腹だオラァ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年01月25日 22:57