ボケナメコ

登録日:2012/09/09(日) 16:20:10
更新日:2020/03/24 Tue 00:09:18
所要時間:約 3 分で読めます




ピクミンに登場する原生生物。

和名:アカボケオオナメコ

1のみの生物である為、科は設定されていない。
1のみの登場で、2ではリストラされた。


名前の通り、キノコの形状をした生物で笠は赤く、柄は黄色い。笠の中心部から触角が2本生えている。
短い足が2本あり、歩き回る事が可能。

樹海のヘソのヒカリダケが生えている窪地の中心部にいる。近くには間欠炎がある他、マロガエルやトビンコがいる。
普段は寝ているがオリマーピクミンが接近すると触れなくても起き、オリマー達から逃亡するように移動する。
基本的に直接攻撃してくる事はなく、ボケナメコを放っておいてもボケナメコによってピクミンが死ぬ事はない。

弱点は柄の部分で赤い笠の部分は弾力性があり、ピクミンを投げ付けてもダメージを与えられない。
ピクミンをボケナメコにまとわりつかせるとボケナメコは転倒、暫く逆さのまま暴れている。

当然弱点となる柄は上に位置する為、攻撃するにはピクミンを投げる必要がある。オリマーがボケナメコに近すぎると投げたピクミンが笠にぶつかって柄まで届かずに落ちる。

そして数秒後にはピョンと飛び起きるのだが、この時に笠の裏から赤紫色の胞子を身体の周囲に撒く。
この胞子はボケナメコ唯一にして最大の攻撃手段だが、この胞子でもピクミンが死ぬ事はない。


しかし……


胞子の餌食になったピクミンは葉や花が茶色いキノコに、体色は毒々しい紫色、目も病んでいる感じ、おまけに怪しい声を出すキノコピクミンへと変貌する。
キノコピクミンはオリマーの指示を聞かず、ボケナメコに着いて回る。しかも、オリマーやピクミンに対して攻撃してくる。
こちらのピクミンもキノコピクミンを攻撃する。

キノコピクミンはピクミンやオリマーから攻撃を受ける事によりまだ元のピクミンに戻る可能性はあるが、そのまま死んでしまう事も多い。あと間欠炎に突っ込もうなら元が赤ピクミンだろうが関係なく燃える。


一番確実なのはボケナメコを倒す事。倒せば正気に戻る。
ボケナメコを倒すと死骸はピクミン30匹分の栄養を含んだものとなる。
また、宇宙船のパーツの一つ「オメガスタビライザー」を飲み込んでいる為、ボケナメコとの戦闘は不可避である。
見た目はボケナメコの死骸の方が重そうだが実際はそうではないらしく、死骸は10匹で持てるがパーツは30匹いないと持てない。

また、オリマーパンチのみで撃破するなら被害は確実に0だが、太陽メーター3時間分の時間がかかる。

パーツを飲み込んでいる1体しかいない為、一度倒すと同じデータ内で復活する事はない(パーツを飲み込んでいる生物はヤマシンジュ以外は復活しない)。


チャレンジモードでは大水源にて2匹登場、内1体はオニヨンから近い位置にいる。



次作のタマゴムシやカマドフマ等でピクミンに指示が取れなくなる事はあっても、ピクミンを洗脳して敵に変えてくる敵はボケナメコのみ。

いつもは頼れる仲間だからこそ敵に回すと恐ろしいという事を教えてくれる敵である。




追記修正をお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/