METAL GEAR 2 SOLID SNAKE

登録日:2011/08/12(金) 20:07:31
更新日:2020/03/27 Fri 18:54:19
所要時間:約 4 分で読めます




1990年7月20日発売の、コナミ製MSX2用ゲーム。
METAL GEARの続編。

概要

前作の大ヒットを受けて制作されたメタルギアシリーズの第2作目。
敵兵の視界範囲の拡大、以後おなじみとなるレーダーの実装などシステムなどが改良され、前作と同じく国内外で高い人気を誇る。

次回作のメタルギアソリッドで名前が出てくる「ザンジバーランド事件」を描く。 

ストーリー

1990年代後半、世界は安定化の時代を迎えようとしていた。
冷戦は終わり、米ソ、中ソなどの大国間の雪解けに始まり、各地の地域紛争も和解、緩和に向かい、もはや核兵器の脅威も過去の産物と化していた。

しかし、平和を好まない者たちもいた…

ソ連、中国、中近東に隣接する小国、ザンジバーランドに軍事政権が樹立。
ザンジバーランドは世界各国の廃棄用核兵器貯蔵庫を襲撃、未廃棄であった核兵器を奪い、世界で唯一の核武装を遂げた後、隣国に対して無差別侵攻を開始したのである。
核保有を放棄した世界に再び「核の脅威」が芽を出そうとしていた。
一方、30年は持つといわれた地球の石油資源の枯渇が予想以上に早く訪れ、石油に代わる安全な代替エネルギーが得られないまま世界は深刻なエネルギー危機に直面していた。
そんな中、チェコの生物学者キオ・マルフ博士によって、高純度の石油を精製するという微生物「OILIX」が発明され、それを巡って世界は再び緊張状態に移行。アメリカの学会に出席するためにチェコを離れたマルフ博士は渡米中、ザンジバーランドに拉致されてしまった。

ザンジバーランドは核兵器と「OILIX」によって軍事優位を確保しようとしているのである。
わずか数ミクロンの微生物が世界を動かそうとしている…。

前作の後、隠遁生活を送っていたソリッド・スネークに、再び任務が下った。

OPERATION INTRUDE F014
ザンジバーランドに潜入、拉致されているチェコの生物学者キオ・マルフを奪取せよ

登場人物

前回の事件でFOXHOUNDの名を一躍世界に知らしめたが、現在は除隊している。しかしキャンベルの要請で再び任務につく。

  • ロイ・キャンベル
前回で裏切り者と明らかになったビッグボスに代わる、FOXHOUND総司令官。
スネークを呼び戻し、作戦中は無線でサポートする。

  • ホーリー・ホワイト
スネークの一月前に潜入していたフリーの女性ジャーナリスト。スネークを無線サポートする。

FOXHOUNDのサバイバル教官。
ピースウォーカーデートミッションでビッグボスとイチャイチャしてたカズヒラ・ミラーその人。
スネークを無線でサポート。
彼がいなければ、スネークは硫酸のトラップを越えられなかっただろう。

  • ジョージ・ケスラー
世界の様々な傭兵部隊に参加していたが、ザンジバーランド独立戦争にて負傷し、以後は戦争情報屋となる。
スネークを無線で(ry

  • キオ・マルフ
チェコの生物学者で、革新的な微生物「OILIX」を発見、改良していた。
また、ゲームマニアである。

ハァ‥ハァ‥速いだろう?


以下ネタバレ











ザンジバーランドの総司令官


ザンジバーランドを築いたのは、かつてスネークがアウターヘブンで倒したはずのビッグボスだった。
ビッグボスはスネークに敗れた後、義体化して(いわゆるサイボーグ化)して延命していたのだ。

さらにはスネークの戦友だったグレイ・フォックスもこの騒乱にビッグボスと共に参加していた。
フォックスはTX-55メタルギアの改良型、メタルギア改Dに搭乗するもスネークに破壊され、地雷原での素手での殴り合いでも倒される。

さらにビッグボスも全ての装備を失ったスネークの前に現れるが、百円ライターとラッカースプレーを組み合わせた即席の火炎放射機に倒されたのだった。よい子は真似してはいけません

余談

  • グレイ・フォックス関係で語られることの多い本作だが、ザンジバーランドの名前自体は何故か後々あまりスポットを当てられない。続編ではビッグボスの息子達がこぞってアウターヘブンの再興を目論むが、ザンジバーランドは基本的にスルーされる。なんでや!
  • 本作から無線通信画面ではスネークと通信相手の顔グラフィックが表示されるようになったが、そのグラフィックは今と違って写実的…というか実在の俳優がモデルになっている。例を挙げるとスネークはシルベスター・スタローン、ビッグ・ボスはショーン・コネリーといったところ。移植版では肖像権の配慮のためか、新川洋司のイラスト準拠のドット絵に変更されている。
  • 本作には劇中にも登場したメタルギア改Dの他にメタルギアG(量産型メタルギア・グスタフ)が登場する予定だったが、データ容量の関係で没になってしまった。設定上は改D同様マッドナー博士が開発した局地戦での歩兵支援用重歩行戦車で、改Dから軽量化のため核モジュールを取り外し、代わりにセンサー類を強化している。先述通り没になった機体だがコンセプトである「メタルギアによる歩兵支援」は、後に 月光 で実現することとなる。





スネーク「こちらスネーク…潜入ポイントに到着」

キャンベル「スネーク…相変わらず、時間通りだな。よし…『OPERATION INTRUDE F014』開始。もう一度確認する。君の任務はアニオタwikiに潜入、荒らされている項目を追記・修正すること」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/