佐藤信也(みつどもえ)

登録日:2011/04/16(土) 22:09:58
更新日:2019/12/23 Mon 13:15:44
所要時間:約 3 分で読めます




良くも悪くも優等生。





イケメン爆発しろ。










































優等生改め―――変態。


みつどもえ』の登場人物。読みは「さとうしんや」




鴨橋小学校6年3組。幼なじみのふたばや親友の千葉とつるんでいる。
一人称は「俺」。人からは「佐藤」「佐藤くん」「しんちゃん」(byふたば、ひとは)「変態パンツ」(byみつば)などと呼ばれる。

自他ともに認めるイケメンであり、サッカー部のエース。しかも勉強も出来る、と正真正銘のリア充である。爆発しろ。

女子にもモテモテで、保健室に行こうとした際には、十数人の女の子が付き添いを申し出た。

性格は変態ぞろいのみつどもえの中ではかなりまともであり、基本ツッコミ役である。千葉、ふたばが馬鹿なことをやっていると冷静に突っ込む。



しかし彼が話のメインに来ると、

  • 変態扱いされるか
  • ろくでもない目に会うか

の、二択である。

バレンタインにはクラス問わずに大勢の女子から腐るほどのチョコを貰えるらしい。175卵性では、自分宛てに貰ったチョコは食べないと公言している。爆ぜろ。

それを嫉む親友の千葉に嫌がらせ(セクハラ)を受けたりする。※例として、秘技の実験台やブルマを履かせられたり。女子よりも反応がよい。

因みに、佐藤の母親(あかり)も学生時代、千葉の母親(和実)にセクハラを受けていた模様。
それが影響してるのかはわからないが、母子ともにレイプ目。
父親以外の家族からもよく変態扱いされる。

三つ子とは幼なじみの関係。佐藤はふたばに気があるようだが、ふたばには幼なじみとしか思われていない。
また、みつばとひとはには変態と思われている。しかし、草次郎には「ふたばを任せられる」との評価。実に羨ましい。

吉岡が眉毛を剃り、ふたばそっくりになった話では登場人物の中で唯一、吉岡と見抜く。そしてフラれた。

宮村が溺れた時には一人だけ人口呼吸を拒まれる描写がなかった。

また、SSS隊(佐藤が好きでしょうがない隊)からストーカー被害を受けている。
初めて出会った時は、パンを渡してあげるなど親切にしていたが、最近では遂に「触りたくない」との評価を下した。

三十路に追いかけられたこともある。


最初は誤解から変態扱いされていたが、徐々に変態になりつつある。



~輝かしい変態行為の数々~

  • 同級生や姉のパンツを被りはぁはぁする。

  • おがちんのジャンパースカートを剥ぎ取る。

  • 女装癖あり。指摘されて開き直ることも。

  • 親友の母親の胸を道端で揉む。

etc……。



常軌を逸した変態だよ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/