真・三國無双5

登録日:2012/01/08 (日) 11:42:20
更新日:2018/04/27 Fri 08:12:17
所要時間:約 3 分で読めます




コーエーが2007年に発売した真三國無双シリーズの第五作目
2008年にPS2、2009年にPSPでSpecialという変更点多数の作品が発売された

★連舞システム
今回の醍醐味はやはりこれ
連舞レベル体力、無双ゲージの他に設定されており、敵を斬れば斬るほどアップしていく
レベルがアップすれば、通常攻撃とチャージ攻撃が強化され攻撃を繋げやすくなる
反対にあまり長い間敵を斬らずにいる、または敵の強烈な攻撃を受けると次第に下がる

連舞レベルは1、2、3、∞に分けられる
しかし、初期状態ではどれだけ敵を斬ったところで2でとまり3以上にはならない
武将ごとに設定されているスキルツリーで、連舞が3以上になるスキルを獲得する必要あり
スキルツリーに関しては後述

攻撃が長い間繋がるので楽しいという意見もあれば、レベルを上げるのが面倒という意見もあるので賛否両論

なおシステムには戦略兵器や拠点等々と言った物があり中々戦略性が高い
★スキルツリー
武将ごとに設定されている要素
何本も枝分かれした線の上に置かれたスキルを、戦闘終了時にもらえるポイントで獲得していく
恩恵は基本能力アップ、計略強化、一定時間走ると移動速度マックス、耐性アップ、連舞3以上解禁等多種多様

左端から順番にしか獲得できないので注意

★攻撃モーション
今作が大きく評価を落とす最もたる原因
ほぼ全員の武器が変更となった。
が、明らかに使いにくい武器と使いやすい武器があり、今までのイメージもあるため賛否両論。

無双モードが存在する武将を除いて、殆どの武将が戟、槍、ハンマー、剣等の使い回しのモーションになっている。
ただし、例外的に無双モードがない小喬は固有モーションを持っている。
Specialでは孫策がモブ武将が使う槍のモーションのままだが、他の無双武将が槍のモーションを使わないようになったので一応固有モーションになる。
PSPのSpecialで追加された孟獲も無双モードはないが固有モーション。
せめてコンパチでも差別化の為に無双乱舞を変えたり、技、力、速の武器デザインをちゃんと作れば…。

★リストラ
どういう訳か前作4のキャラクターが何人かリストラされた
リストラ被害者は

星彩、姜維、ホウ徳、大喬、孟獲(PSPSpecialで復活)、祝融、左慈

左慈だけは最新作品でも復活していない。
まあ彼の人物像とストーリーは、正史と演義の両方からかけ離れ過ぎたものだったので仕方ないのかもしれないが…7で念願の復活となった。
★無双モード
今回は一部武将にしか用意されてないと前作よりボリュームダウンしており、史実などよりオリジナル重視になっている。

・魏
夏侯惇、典韋、張遼、司馬懿、曹操、曹丕、張コウ

・蜀
趙雲、関羽、張飛、諸葛亮、劉備、馬超、月英

・呉
周瑜、陸遜、孫尚香、甘寧、孫堅、太史慈、凌統

・他
貂蝉、呂布

魏・蜀・呉の後ろから二人はSpecialで追加された
★ハードについて
初登場はPS3版だが、後に「special」としてPS2に移植された 。
しかしながら画質の低下、処理落ちの悪化など評価を下げる点が目立ってしまっている。
また、何故PS3→PS2にグレートダウンしたのかも謎。
ついにはPSP版も発売する。

同時期に無双OROCHI魔王再臨の処理落ち等の問題もあった為、無双シリーズの人気は暫く下火傾向になってしまう事に…。







追記・修正よろしく。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/