ダメージ計略(三国志大戦)

登録日:2010/05/21(金) 19:12:09
更新日:2018/05/01 Tue 22:48:17
所要時間:約 7 分で読めます




ダメージ計略とは、三国志大戦における計略の一種である。

種類としては水計、落雷、火計、毒、衝撃波動の五種でそれぞれに特徴がある。
水計 -FLOOD!-

主に魏が所有するダメージ計略。群雄に于吉、漢では審配が同系統の計略を所有している。
1・2には単純な「水計」もあったが何故か3では影も形も無くなった。

範囲内の敵部隊に知力差ダメージを与える。
特徴としては前方横長範囲で固定なため、城際での防戦には使えないことか。

  • 4に存在する水計

●水計 士気7
所持武将…曹華・馬鈞
「はやくかわいいおよめさんになりたいな~」
「けえぇぇ! ワシの発明を理解せん馬鹿共があぁぁぁ!」
前方横長範囲(横幅カード5枚分ほど)にダメージを与える。
基本的に騎馬かつ知力7である曹華で採用される。対して馬鈞は知力5の攻城兵故にやや使い手のセンスが問われる。

●大水計 士気7
所持武将…荀攸
「ここまで隠しておいた策を、お披露目する時ですね!」
安定した威力に真ん中を進軍すれば両端に届きそうなまでの横長範囲、初心者から上級者まで扱いやすいダメージ計略。
意外と稼働初期の水計はこれだけだったりした。
旧作では一時期大水計ワラで暴れた(当時は右を見ても左を見ても大水計ワラだった)為に威力が据え置かれたが、
威力は当時のレベルまで復活。しかし、当時のデッキパーツとワラ自体が弱体化してしまっている。今後の活躍や如何に。

●城内水計 士気7
所持武将…賈南風
「ウフフ、もがいてみせてよ♪」
まさかの「3」からの復刻。ナスカ絵は強かった。
敵城内に居る敵部隊にダメージを与える。
ただし自らが攻城ゲージを出して居ないと使用出来ず、扱い難いが敵に再起系奥義の使用を牽制出来る。
範囲が限定される為か威力自体は高く、何と兵3持ちの知力4ですら一撃で叩き落す。

●流汗の計 士気6
所持武将…審配
「押し流せぇ!私の汗の様に!」
漢鳴版水計…と言うよりは漢鳴版大水計。漢鳴ゲージが溜まれば溜まる程威力が上がる。
ただ漢鳴の仕様上漢鳴ゲージを溜めるのに他の計略も使用する必要がある上にこの計略自体が重い為おいそれと撃てない。
物凄いネタイラストにあの子安武人氏の怪演ボイスがくっついている為インパクトはある。

●腕立豪雨 士気12
所持武将…呂布(名探偵)
「見せてやるぜ…探偵奥義!」
まさかの名探偵呂布とのコラボ。
原作でも使った技、プッシュアップスコールがまさかの計略化。
なんと消費士気は12(MAX)。そして効果範囲は戦場ほぼ全域
確殺こそ1までだが、基礎威力が馬鹿みたいに高い。さすが士気全部吐くだけある。
なお、溜め計略であり溜め時間は3カウント…ではない。


  • 過去作に登場した水計
●水禍の計
大水計と比べて横幅が短くなり、縦幅が厚くなったような感じ。
威力は大水計と大差無く、鐘会であれば神速デッキ、于吉であればあしたのデッキや呂布ワラなどの裏の手に。
●憂国の水計
強化されて威力が赤壁を超えちゃった最強のダメ計。知力5が落ちる。
しかし国力1と士気7を使うため扱い辛い。

火計 -BURNING!-

所有者の殆どが呉の武将。他国にあるのは自爆のみ。
水計と同じ範囲知力差ダメージだが、範囲は前方縦長長方形で此方は回転可能。

  • 4に存在する火計

●赤壁の大火 士気7
所持武将…周瑜
「炎よ、孫呉の未来を煌々と照らせ!」

THE・火計。周瑜と言えば赤壁の大火、赤壁の大火と言えば周瑜である。とりあえず迷ったら焼け。
範囲が若干他の火計よりも大きく、威力が高い。
こればかり使うと「赤ボタンゲー乙」だの「ノースキルゲー乙」だの言われるがこんなメジャーな計略の対策を取らぬ時点で自業自得なのである。
毎回のver.up時に範囲と威力が修正されるというセガも気を付けてはいるのであろう厨カード。

過去作では強化された過ぎてアルカディアに「赤壁3発でゲームが終わる」とまで書かれた事がある。
同Verで天啓の幻という超絶号令が強化されたため相手に強烈な二択を仕掛ける事が出来、天啓大火デッキが猛威を振るった。

ただ最新作では高武力中知力の武将が何故かやたら多く、結構焼け残しが発生してしまう。美周郎、知力9だから…。
故に現状の呉単デッキではなかなかお呼びがかからない。

某ランカーがこよなく愛するカードで「赤壁四発でみつよしの勝ち」「迷ったら焼け」などの金言が残る。

●火計 士気7
所持武将…朱然・孫桓・吾粲・呂範
「俺たちの力で、戦局を変えてみせるぜ!」
「大義なき侵攻、この炎で阻む!」
「僕たちは少々の逆境には負けませんよ!」
「フフフ…炎でおもてなし致しましょう」
廉価版火計。赤壁の大火と比べると範囲も威力も心許ないが、その分低コストの武将が所有していると言う特徴がある。

●夷陵の炎 士気7
所持武将…陸遜(SR)
「炎よ!敵を焼き尽くし、孫呉を守れ!」
まさかの2以来の復活となった陸遜の火計。範囲が珍しく横に広く縦に狭い。相手の征圧を反転(自領域を相手色に染めてしまう)させる。
ただ確殺がまさかの知力2(陸遜は知力8)・本人のコスト重すぎ(2.5)・征圧反転も仕様変更で旨みが少ないと問題点山積み。
現状ハズレアの域を脱せない。

●自爆 士気3
所持武将…袁術
ダメージが高いが、自身中心円かつ範囲は極狭、ただし士気が安く撤退するのは1コストなので舞姫や城を守ったり、
攻城妨害しに来た部隊に置き土産的にぶっ放すには強力。

●時限式大爆発 士気5
所持武将…孫乾
まさかの名を変えて復活した時限式自爆。威力が50上がったりはしない
約2Cの溜めが必要だが、範囲が自爆とは比べ物にならない程広い。但し所有者が武力2歩兵なのが最大の問題。後ちょっと重い。

  • 過去作に登場した火計
●最後の業炎
ランダム値が激しいのだが、上手く行けば最大威力の火計…なのだが、持ち主の周瑜がコスト3。
長らく復活を待たれていたカードではあったが、復活時はダメージが排出停止時と据え置きなのに士気が1増えており「何をしに帰って来たの?」状態であった。
●戒めの炎・孫呉の炎
追加時はタメが長く、タメが短くなると大暴れ…の後に威力が激減したなんというか哀れな計略。


落雷 -THUNDERBOLT!-

上記二種とは違い、範囲内の舞台にランダムに決められた数の雷を落とす。落としたい敵をピンポイントで狙う使い方に適する。
主に蜀に在籍するカードが所持し、名前に雷がつくとほとんど落雷系統に。

  • 4に登場する落雷計略

●落雷 士気6
所持武将…徐庶・雷銅・夏侯月姫
「御大層な陣だが、破るのは容易いもんだ」
「シビレて弾けろっ!」
「月の光が、あたしを熱くする!」
範囲内に三本の雷を落とす。
蜀の三枚ともハイスペック(特に1.5コスト4/9/2とか言うおかしいスペックの徐庶)に加えて落雷の威力もそこそこ故に、
此方も「ノースキルゲー(ry」「赤ボ(ry」言われるが、こっちも対策をすればいい話である。
知力の低い雷銅までこれを持つが、実は彼の将器には「知力上昇」があったりする。ぶっちゃけ一番コイツの落雷が使われている。
採用率が高い為なのか、度々下方修正を喰らってしまい今や全盛期の面影はない。

●静かなる落雷 士気5
所持武将…張皇后
「強く、気高く! 蜀を守り抜く!」
こちらは落ちる雷が一本のみ。しかし一本あたりの威力は通常の落雷より高く(知力1なら確殺)、移動速度低下の効果がつく。
中知力以上には効果が薄いが、必要士気が軽い上に持ち主が1コスト1/7/1柵魅の騎兵と悪くないスペック持ちなこともあり登場後は前述の三人以上の活躍を見せている。

●天女の錯雷 士気7
所持武将…諸葛果
「天の怒り、その身に受けたまえ」
何故か両親より高武力の娘が持ってきた、範囲内に1本ずつの代わりに当てた相手の征圧力を下げる雷。
知力9かつダメージ自体は「静かなる落雷」に迫るほどだが、肝心の征圧周りが変更されたので無理矢理内乱をもぎ取りたい時にしか活きないのが悩み。
後落雷計略なのに士気7と重い。

●漢鳴の雷撃 士気5
所持武将…王美人
「あんまり酷いと、怒りますよ?」
落雷の漢鳴バージョン。漢鳴ゲージ0の場合は1本しか落とさないのだが、1以上になると増えMAXだと5本も落とす。
基本威力も何故か高く、漢鳴1ですら知力4を確定で叩き落とす。
さすがにやり過ぎたのでバージョンアップで落ちる雷の数に下方修正。


  • 過去作に登場した落雷計略

●受け継ぎし落雷
此方は雷を一本しか落とさないが、コストの軽さと士気5が魅力だった。威力は知力2がミリ残る。
●寡兵の落雷
あの雷銅が3で所持していた計略。
兵力が少なければ少ないほど威力の上がる落雷。雷は二本。ミリだと曹操だろうが諸葛亮だろうが容赦なく沈めていく。
●決起の雷撃
決起のページを参照されたし。
●逆境の雷撃
3.59で追加された逆境計略。
最大士気が下がるほど強いが初めは知力1すら落ちない。


基本は群雄のみ存在する計略。
他のダメージ計略とは違い徐々に兵力を削る。

●滅国の毒牙 士気4
所持武将…李儒
「怨嗟の声と絶望の涙を搾り取れ!」
範囲内全員を毒状態にする。
ちなみに李儒は旧作では「暗殺の毒」と呼ばれる似たような計略を所持していた。
城内に逃げられると効果が切れる。

●甘き毒 士気4
所持武将…厳氏
「周りのみいんなが貴方の敵よ?」
こちらは範囲内で一番武力の低い武将を毒状態にする。
毒の効果は李儒のものより大きいものの、対象が対象なのでピンポイントでスナイプする必要がある。

●美女の毒牙 士気4
所持武将…何皇后
「あたしの邪魔する奴は、い~らない♪」
こちらは漢鳴版毒。勿論漢鳴ゲージが溜まれば溜まる程効果が上がる。
所有者である何皇后が3までの彼女は何だったのかと思う程1コスト優良スペックなので、採用率も良好。


  • 過去作に存在していた計略
●妖毒の舞
舞っているこの部隊に近ければ近いほど毒効果が高い。
移動舞陣とのコンボは強力だが武力が1な上、舞中は内部武力が下がる為に弓一枚にスナイプされると脆い。
●扇動の計
強力な毒効果を与えるが、武力を+7してしまうというデメリットがあり、
毒効果は城内に戻ると消えるが、武力上昇は残るというなんとも言えぬ微妙さ。
ちなみに快進撃中の孫策にかけるとえらい事に。
●暗殺の陰謀


衝撃波動 -SONIC BOOM!-

他のダメージ計略とは違い、武力差のダメージ計略。
飛将気炎撃、守刀防御以外は単体ダメージである。

  • 4に登場する衝撃波動
●守刀防御 士気5
所持武将…孫権(EX)
「守刀防御だっ!」
自身前方の広範囲に武力差ダメージを与えると共に、敵を敵城方向へ一定距離吹き飛ばす。
威力は武力1を確殺、高武力相手でも3割程のダメージ。
因みに所謂漫画家コラボカードであり、イラストは高橋陽一によるもの。
……どう見ても若島津君です本当に(ry

  • 過去作に存在した計略
●火神の一閃
火神・祝融専用計略。威力はアリエナイ砲と同じ理屈で低い。
武力1を一体落とす用と割り切るのが良い。
●猛将の一閃
こちらも同じく一体にしかダメージが当たらない。武力の半分程度の相手なら高確率で吹っ飛ばせる。
●飛将気炎撃
範囲は広く、所持者の呂布に相応しい威力だが士気8消費。落とせなかったら後がめんどい。


流星 -METEOR STRIKE!-

何故流星が?と思うじゃん。
実は4では遂に部隊に流星が落ちるようになり、晴れてダメージ計略の仲間入りを果たした。

●護国の流星 士気5
所持武将…大喬(SR)
「心を一つにすれば、恐れるものなんて…」
と言うわけで現状唯一の流星によるダメージ計略。
溜めの後、戦場にいる最も武力の高い敵に対して流星を落とし、さらに範囲内の敵も一緒に巻き込んでしまう。
ダメージ範囲を全て自軍の征圧領域に変える追加効果もあるが、戦場に敵がいないと完全に士気損になる為使うタイミングを考える必要がある。



[ケースA]
兵士A「将軍!雷雲です!」

呂布「我ガ雷ナドデ倒セルハズガナイダロウ。
我ハ天下無双、呂布ナルゾ!」
戟を高らかに掲げる呂布

\雷をオットセイ/

掲げた戟に見事に雷が!

呂布「ギギギ…」

兵士A「呂布殿がやられたー!」

兵士B「逃げろー!」

[ケースB]

兵士A「周瑜殿、雷雲です!」

周瑜「なに、慌てるな
ああ、お前たち、ちょっと私から離れて武器を掲げてくれ」

兵士ABC「こうですか?」

\雷をオットセイ!/

「ぎゃー」「うわー」「のわー」

周瑜「ふ、我が知に死角無し。」

兵士D「周瑜殿、諸葛亮です!」

周瑜「」

兵士D「周瑜殿が失禁したー!」



追記、修正宜しくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/