沖縄あわも

登録日:2017/08/30(水) 14:09:29
更新日:2018/03/21 Wed 11:41:40
所要時間:約 4 分で読めます




ボクは――沖縄あわも!
今月から「ふるさと女学院」の中等部に転校してきた13歳さー!
よろしくね、ずん子ちん!!(ベタベタ


出典:東北ずん子のイラスト/3Dデータ、http://zunko.jp/com_illust.html
17年8月30日、(C)SSS合同会社


沖縄あわもは東北ずん子関連キャラクターの一人。


【概要】

かりゆしを着た日焼け肌の少女。
シーサーのような髪飾りを付けている。
誕生日は11月1日。

公式プロフィール
CV:古賀葵
ふるさと女学院、中等部一年生
ずん子の後輩。自由奔放な一匹狼だが、実は作中キャラで一番頭がいい。毒舌。
趣味:常に面白いイベントを待ち焦がれている。焦れると自分からイベントを起こすことも。
釣りも好き。
特技:手に持った「あわ銛」は所有者の本能に基づく力を高める。
砂糖水を飲むと酔っ払って酔拳のような動きになる。
将来の夢:風に流されるまま自由に生きること。

年齢は13歳。

あわ銛の正体は、暗黒大将軍の姉が所持していた神器「本能の剣」。
契約者の知性を退行させる作用があり、シーサー型の制御装置を髪飾り代わりに身に付けることで作用を抑えている。
それでも、若干の退行はしており、脳への影響から砂糖水で酔ってしまう。

真の能力は細工した砂糖を摂取した人物を正気に戻す「あわもリマインド」


【公式小説での活躍】

ネット版

初登場は「酔っ払った女子をおもちかえりさせるたった一つの方法」。
暗黒大将軍がずん子に接触した直後に、中等部に転入した人物として関西しのびに怪しまれ、
ずん子達が会いに行くと、おはぎ雲に追われていた。
初対面のずん子の本名を言い当てるなど、怪しさを見せていたが、

「……ずん子ちんがさっきから言ってる、「ずんだ餅」って、ナニ?」

ずん子の地雷を踏んでしまったため「本当はずんだ餅知ってるんだろ」と拷問を掛けられるも、一旦疑惑は有耶無耶となり、

東北イタコの詐欺に利用される、大江戸ちゃんこの食わず嫌いを治す協力をする、川釣りを楽しむ、
中部つるぎに挑戦したいしのびに協力し毒舌でずん子達を蹂躙する、
東北きりたん中国うさぎ共同制作の東北じゅん子フィギュアの盛られた胸部を酔った勢いで現実的なサイズに削るなど仲良く過ごす。


しかし「夏コミ直前!同人ゴロの見分け方!」で、暗黒大将軍の弟子であることが判明し、
暗黒大将軍が炎上商法を始めてからは、情報を得ようとするずん子達に追われることとなる。
ずん子達よりも数枚上手で容易く逃げてはいたが、北海道めろんにより簀巻きにされ東北家に連行、
数日間、ずんだ餅だけで過ごすという拷問のような食生活を過ごしていた。

めろんにより解放され、交換条件で暗黒大将軍に関する質問に答えるが、
アンコの素材の砂糖のためにサトウキビを提供し莫大な利益を得、他の地域の食事がどうなろうと知ったこっちゃないと伝えたためにめろんの怒りを買う。

ずん子達に追われながらも、学院には普通に通っており、
「友人が教育実習生に寝取られる事案が発生」では、赴任しためろんを危険視し、
匂いを打ち消すための装置を設置するなど活動するも、ずん子達に破壊され失敗、友人を寝取られた。


暗黒大将軍が真の姿を取り戻してからは、ずん子達を本拠地の砂糖工場に呼び寄せる、
「大都会」に接触し食事を勧めるなどと、不可解な行動を見せ、

こしあん派とつぶあん派に二分された日本人が接触し、合戦が起こる寸前に、
「細工した砂糖を摂取した相手を正気に戻す能力」を発動し、人々の洗脳を解いた。

「砂糖がないとアンコは作れない! ボクはししょーの味方になったふりをして――全国津々浦々にボクの砂糖でできたししょーのアンコが行き渡るタイミングを待っていた、ってことだね! ――つまり!」
「この勝負、はじめから決まっていたんだよ!」


暗黒大将軍の一件が解決した後は「大都会」に加入。
危なっかしい4人を見兼ねての加入であり、自由を好む本人的には正式メンバーではなく傭兵のつもり。
「それに、そもそも沖縄は大都会じゃ……ごほんごほん。」


ずんだホライずんでの活躍】

「納豆ファクトリー」の一員として登場。
めろんと共に行倒れのふりをして東北家を訪ね、最後のずんだ餅を踏みにじり、ずんだと納豆の戦いの火蓋を落とした。

その正体は第三勢力・暗黒大将軍の手下。
ずんだと納豆の決戦を傍観し、ちゃんこが誤解に気付いた瞬間に、大将軍と共に乱入した。


くぅ~っ! 追記・修正した直後って、すぐに全身に酔いが回るよねー! あははははは!///
この項目が面白かったなら……\ポチッと/

添付ファイル