CHUCK

登録日:2018/04/01 (日曜日) 23:11:00
更新日:2018/04/07 Sat 08:48:54
所要時間:約 5 分で読めます




CHUCKとは、2007年から2012年にかけてアメリカで放送された海外ドラマ。

【ストーリー】
スタンフォード大学の優秀な学生だった青年チャックは、カンニングの濡れ衣で退学させられ、実家で姉と暮らしながら家電量販店「BUY MORE(バイモア)」で働く退屈な日々を送っていた。
そんなある日、旧友のブライスから送りつけられた怪しいメールを見た彼に異変が起こる。
なんとそのメールにはCIAやNSAの全機密を集めサブリミナル化した最新テクノロジー、インターセクトが隠されており、チャックの脳にはインターセクトを通じてアメリカ中の機密がダウンロードされてしまったのだ。

事態を重く見たCIAとNSAはそれぞれのエージェントをチャックの護衛として派遣。
チャックはCIAのエージェント、サラとNSAのエージェント、ケイシーの護衛のもと、数々の国家機密にからんだ危険な任務に挑んでいく。
最悪機密保持のため国家に抹殺されるという危険も抱えたまま・・・。
過酷な任務と日常の両立の中でチャックはスパイとして成長、監視役であったサラとケイシーも彼を認め、3人の間には奇妙な連帯感が芽生えていくのであった。

というコメディ全開のドラマ。

何がコメディといって登場人物の大半が揃ってよくも悪くもぶっ壊れており、前述のごとくシリアスな設定にも関わらず、メインキャラの余計な行動のおかげで話が迷走することしばしば。
特に家電量販店のメンバーが本筋に一枚かんでくるとろくなことにならない。
しかし本筋はスパイ任務やインターセクトの開発者である父親探しなどシリアスで、ド派手なアクションも楽しめる。
アクの強過ぎる仲間たちや仕事と任務の間に挟まれて右往左往したり時には自ら話を引っ掻きまわしたりするチャックの姿に爆笑必至だが、時にはスパイとしての過酷な現実に直面し苦悩することも。
また、CIAのサラとの恋の行方も見所である。

吹き替え版は草尾毅らベテラン声優陣がかなりはっちゃけた演技をしているので必見。

製作総指揮はマックG。

【キャラクター】

チャールズ・バトウスキー(ザッカリー・リーバイ)
日本語吹き替え:草尾毅

主人公。愛称チャック。
家電量販店バイモア バーバンク支店で故障した家電の修理を担当している、ドジで気弱な冴えないオタク青年。
頭の中に政府の機密情報が詰まったインターセクトをダウンロードして人間コンピュータになってしまい、 スパイ活動に携わることになる。
一応チームリーダーなのだがモーガンら仲間たちがろくに働かないので、職場では振り回されてばかりいる。
インターセクトをダウンロードして以降は、サラやケイシーと任務に赴くことが多いが、敵に捕まったりとこっちでもろくな目にあっていない。しかし機転はきくほうで、上手く状況を切り抜ける糸口を見いだすことも。
スパイ活動のことは周りに内緒のため、バイモアの仕事と任務が重なることも多く、バイモアの仕事に支障をきたして不審を買うことも多い。
やや調子に乗りやすいが素直で優しい性根の持ち主で、周りの人間をとても愛しており、周囲からも愛されている。
また、常人では耐えられない情報量のインターセクトに適合する優れた頭脳の持ち主である。
スタンフォードを退学以降、進むべき道に悩んでおり、彼の成長も物語の中心となる。

実はインターセクトは彼の父親が開発したもの。
初期のインターセクトは機密を脳にダウンロードするだけのものだったが、その後アップデートに伴い、スパイ活動に必要な様々なスキルを状況に応じて与えてくれるものになる。
しかし、インターセクトの情報が蘇るには視覚や聴覚からの特定の刺激が必要であり、なかなかそれを使いこなせず苦労している。

ちなみに中の人は、塔の上のラプンツェルのユージーン。

サラ・ウォーカー(イヴォンヌ・ストラホフスキー)
日本語吹き替え:魏涼子

本作のヒロイン。チャックの護衛となったCIAの美人エージェント。
頭脳明晰かつ格闘に強く、ややツンデレだが優しいいい子。
普段はバイモアの近所のホットドッグ屋(途中でヨーグルト屋に変更)で働いており、店内にはチャックたちエージェントの秘密基地が隠されている。
チャックには比較的最初から好意的であり、物語を通じてチャックの優しさに惹かれ、恋愛関係に。
しかし任務との狭間で悩み、チャックとの関係が危うくなることも。
詐欺師の父親がおり、学生時代はいじめられっ子だった。

ジョン・ケイシー(アダム・ボールドウィン)
日本語吹き替え:山野井仁

ジャックとサラと行動を共にするNSAエージェント。ツンデレ2号。
短気で過激な厳つい中年マッチョ。レーガン大統領を崇拝する愛国者。
その過去には謎が多いが、親の代からのNSAエージェントであり、世界各地でスパイ活動に携わっていたらしい。
ドジで気弱なチャックを当初全く信用しておらず、盗聴したり監視カメラを仕掛けたり阿呆呼ばわりしたりしていた。
筋金入りの不幸体質であり、チャックに愛車を壊されたりとかなり悲惨な目にあっている。
自白剤を打たれた際仲間たち相手に別人のようにデレまくったり、生きているのに訳あって葬式をあげられたりとギャグ方面で度々いじられる。
普段はバイモアでチャックと一緒に働いているが、気が短いせいで問題を起こすことも多い。
しかしなんだかんだでチャックに甘く、チャックのスパイとしての試験にこっそり手を貸したり、
チャックとサラが出奔した際は自分だけハブられたことに対して激怒したりと寂しがり屋な面も見せる。
アレックスという娘がいる。

ブライス・ラーキン(マット・ボマー)
日本語吹き替え:中谷一博

チャックの元親友でサラの元相棒兼元カレのコネチカット州出身のブライス。
インターセクトを盗み出し、チャックにダウンロードした。
カンニングをでっち上げてチャックを退学に追い込んだのも彼だが、全てはCIAのスカウトからチャックの人生を守るためだった。
後に詐欺師になってFBIのコンサルタントに雇われたりはしていない。

モーガン・ギレルモ・グライムス(ジョシュア・ゴメス)
日本語吹き替え:栗野志門

チャックの20年来の親友兼トラブルメーカー。
ヒゲ面の小柄な青年。陽気で友達思いだがサボり癖があり、ドジさはチャック以上。
チャックからは度々その素行に突っ込みを食らっている。
シーズン2まではチャックの任務を知らず、知らず知らずのうちに任務や事件を引っ掻きまわしより厄介にする役どころが多かったが、シーズン3でチャックのスパイ活動を知り、自分もスパイにしてもらうが、相変わらずヘマばかりしている。
エリーに惚れているが相手にされておらず、後にアレックスと好い仲になる。

エリノア・フェイ・バトウスキー(サラ・ランカスター)
日本語吹き替え:寺川府公子

チャックの姉である美人医師。愛称エリー。
チャックと実家で同居している。
賢く優しい理想のお姉さん。
チャックがスパイをやっていることは知らず、度々約束をすっぽかしたりするチャックを不審がっている。
デヴォンというイケメンの彼氏がいて(通称『おみごとキャプテン』)、途中で結婚した。

ビッグ・マイク(マーク・クリストファー・ローレンス)
日本語吹替き替え:朝倉栄介

バイモア バーバンク支店の店長。
アフリカ系の巨漢で、働かない部下たちに寛容な代わりに自分もあまり働かないで食べてばかりいる。
釣りが趣味でオフィスには巨大カジキが飾ってある。
一度離婚した後、何とモーガンの母と再婚した。
ちなみに彼の従兄弟はダイ・ハード1のマクレーンの相棒パウエル警察官であるという公式設定があり、
実際にクリスマスにバイモアで立てこもり事件が起こる回で登場している。

レスター・パテル(ヴィク・サヘイ)日本語吹替き替え: 増田隆之
ジェフリー・バーンズ(スコット・クリンスキー)日本語吹替き替え: 坂本くんぺい

チャックとモーガンの同僚。常に2人でつるんでいる。
職場のトラブルは大体こいつらとモーガンのせい。
常にサボることばかり考えており、チャックに届いたPCやビッグ・マイクのカジキを盗んだり、エリーの結婚式を台無しにしたりとやりたい放題。しかし何だかんだで人は良く憎めない連中である。
ジェフスターというバンドを組んでいるがお世辞にも上手くはない。


追記、修正は暗号化されたインターセクトでお願いします。





この項目が面白かったなら……\ポチッと/