榊逸仁

登録日:2020/06/03(火) 06:27:06
更新日:2020/06/05 Fri 19:28:52
所要時間:約 ? 分で読めます




現在この項目は、「内容が薄い」という理由で加筆・修正依頼が出されています。対応できる方は加筆・修正をお願いします。

榊逸仁とは、宇崎ちゃんは遊びたい!の登場人物。CVは髙木朋弥

桜井と同学年の三年生。誕生日は6月3日の21歳。
美男子で家は別荘も有しているお金持ち。運動神経も高く、フットサルではサッカー部相手に実質一人で12点差を付ける程(加えて相手を無得点に抑えている)。部活には入っていない。

桜井とは大学に入ってからの友人で、彼の事を「サク」と呼んでいる。花の事は二巻まで交流は無かったが、度々桜井と一緒にいる所を見ているので存在は知っている。
綺麗な海を見たくなったと急に沖縄に二週間程出向く自由人気質や、学舎内で二人の関係をセクハラ気味に追及する等デリカシーの無い部分はある(作者や花いわく「顔はいいけど結構最悪」)が、感性自体は真っ当な常識人のそれであり、他の登場人物(主に亜実)の暴走に呆れたり態度や言動に心の中でツッコミを入れる事も多々ある。
世話好き、お節介やきで海に出掛ける時車や宿を手配したり、花の相談にわざわざ喫茶アジアに出向いたりしている。後述の合コンの帰りに女子側の不満を聞いてあげたり、学祭の実行委員になった知り合いの相談に乗る等付き合いもいい。実行委員に冗談混じりに出した案が通ってしまって景品や必要な用品の手配を(実行委員でもないのに)全部任された時は投げ出さずやり遂げているので責任感は強い*1
交流の場で他者を顧みない振る舞いが目立つ人間には男女問わず良い気持ちはせず、誘いを断ったり容赦なく正論で糾弾する事も。

顔は良いので女性からはモテる。どれくらいかはサッカー部の合コンで女子側は彼が参加するならと即決し、その合コンで女子全員お持ち帰りになった程(彼はその合コンは数合わせで頼まれたから参加しただけで、何もせずに駅で解散している。因みに男子側は自分達で悲惨という二次会を行った)。女子グループから飲み会に誘われる事もしばしばある。

桜井には花と知り合うまで会うたびに「『華』がない」「彼女作れ」と言っていた。花の事を知ると二人をくっ付けようと肝試しを企画したり学祭デートを勧めたりしている。これに対して亜実とは意見の違いから対立する事もあるが、何もしなければ何も起きないと亜実も理解しているので渋々手を貸している。
この様なお節介をするのは楽しい大学生活を送って欲しいという思い以外にも何かあるらしいが詳細は不明。桜井も行く気は無かった学祭に義理として参加する等、彼の事は大事にしている。
花関連の愚痴も聞いているが、紛らわしい発言*2にも誤解せず正確にその時の状況を察している。

花とは互いに「自分が知らない桜井真一を知る者」として、それについて聞いたり聞かれたりしている。花が桜井に好意を寄せてるのは知っているが、関係をステップアップさせる意思も誰かと付き合うかもという危機感も全然無い彼女には頭を抱えており、亜紀彦から苦労を偲ばれている。
因みに自身は彼女はおらず、また作る意思も無い模様。

作者が彼を出した理由は、「先輩が大学で真正のぼっちだと思われたら可哀想だから」。花は彼が出てくるまで桜井に友人がいるのを嘘だと思っており、本当だと知った時は涙を流していた。

追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/