創造の使徒ミケラ

登録日:2020/07/13 Mon 18:41:00
更新日:2020/08/03 Mon 16:54:35
所要時間:約 ? 分で読めます






ンフハハハハ!これも、これも、これも!美しくないんだなぁ、アナザーアースの物は……フン!

フフフフ……教えてやらなきゃねぇ、最高の「芸術作品」ってものを。



創造の使徒ミケラとは、スーパー戦隊シリーズ第22作『爆竜戦隊アバレンジャー』の登場人物の名称である。

声:緒方文興


概要
邪命神デズモゾーリャに仕える邪命体エヴォリアン最古参の使徒の一人。
オブジェのような身体に3つの顔がくっついた騙し絵みたいな顔が特徴的。

本名は「ミケラ・フォン・エンガキン・メッタ・クッタ・デーモスゴーリャ」

人物
使徒という名を冠しているが、とぼけたマイペースな性格で非常に俗っぽい為神官としての威厳はゼロ。
洞察力にも富み戦闘力はそれなりだが、元々芸術家なので肉体労働を行う事は不満がある模様。

創作意欲や作品のアイデアは旺盛で仕事も早く、ヴォッファと異なりスランプに陥ることは少な目。
地球の図鑑を参考にトリノイド製造に勤しんでいるがプライドが高く、アナザーアースの芸術を「美しくない」と見下している。
ただしアナザーアースで初めて見たものには素直に興味を示して欲しがるなど柔軟性自体は高い。
気に入ったものを見つけると自身が所有する本「ミケラ図鑑」内に、気に入ったものを収納し集めるコレクター気質な所もある。

無駄に人間味が強いためモチベーション自体にもムラがあり、不平不満が溜まると、ヴォッファと一緒に侵略の園の一角で愚痴や駄弁りを繰り返して平然と仕事をサボる傾向にあり、その度にキレたデズモゾーリャの説教を兼ねた制裁を受けるのがお約束の光景。
なお劇中デズモゾーリャにモチベーション向上のための強制的なアナザーアースへの取材旅行に行かされた時は、同じく旅行に行かされたヴォッファ同様アナザーアースの文化を思う存分満喫していた。

ゆるくとぼけた性格と、身内への仲間意識の強さ、ジャンヌとアスカが相討ちになった際は感傷に浸る情の豊かさなどが目立つが、本性はデズモゾーリャを唯一絶対視する良くも悪くも神官らしい性格。
加えて同僚のヴォッファ以上に狡猾でえげつない策も考案する策略家としての顔も持つ。
デズモゾーリャに仕える事こそが全てであり、リジェの存在もあくまで『デズモゾーリャの依代としての価値』しか見いだしておらず、
デズモゾーリャの復活がリジェの死であることを知りながらリジェが死ぬ事に躊躇いを見せず、デズモゾーリャに身体を乗っ取られ苦しむリジュエルを言い訳をしながら平気で見捨てるなど、根は酷薄なことが窺える。


戦闘能力
生命の実と特殊なエキスを配合した3色の絵の具を使って、手に持つ筆状ので絵を描くように、動物、植物、無生物の3つの要素を合成し、等身大怪人の合成生物「トリノイド」を創造する能力を持つ。
絵を描く以外にも生命の実を絵の具に漬け込むことで死んだトリノイドを蘇生することも可能。
ミケラはその行為を「ルネサンス」と呼ぶ。

本人が豪語したように戦闘などの肉体労働は得意とせず、基本的に侵略の園から出ることが殆どない。
ただしいざとなれば額から放つ赤い電撃や手から乱射するロケット弾で攻撃する。
いざという時は「ミケラ図鑑、コレクション!」の掛け声で手持ちのミケラ図鑑から怪光線を放ち、を浴びた者を図鑑内の異次元空間に閉じ込め無力化してしまう。


トリノイド

さあ、生命をあげよう……

今週の怪人員枠その1。
ミケラが地球上にある3種の物質を融合させ造り出す怪人タイプの等身大邪命体。
生物でありながらメカの機能を備え、マシンの強さを持ちながら生物の柔軟さを有する合成生物。
……なのだが、中には「電波」や「神隠し」、「釣りバカ」といった何をどう混ぜたのか分からない要素を持つ奴もチラホラ。
トリノイドは死ぬと、核となっている生命の実が天空に舞い上がり、舞い上がった実がジャメーバ菌を含んだ雨を降らせることで再生・巨大化を果たす性質を持つ。

初期は冷酷で凶暴な者が多かったが、後期の作品になるにつれ、創造者に似たとぼけた性格の者ばかりになっていった。
ただし難のある性格に反して保有する能力の効果範囲が全国規模に及ぶトリノイドが多く、かなり破壊活動の規模は広め。
加えて搦手に長けた能力持ちも多く、「当初はただのバカと思いきやアバレンジャーが気付いた時には被害規模が甚大になっていた」というパターンも多い。

また第1~3号のトリノイドは、第2話の時点で密かにアナザーアースに人間に化けて長期に渡りアナザーアースに潜伏。
人間社会に溶け込みながら水面下で作戦を遂行していた。
劇中では0号から23号までの作品が「執筆」された。

一見手軽なようだが、誰でも思い付くような「リンゴリラッパ」を作ろうとした際にはあまりの幼稚なネーミング故に自ら没にしていたりと、ミケラのこだわりもありポンポン作れる訳では無い。

無理矢理名前を繋げるためか、今までの怪人に見られないモチーフが非常に多いのが特徴。
特に植物の名前に「シャクナゲ」とか「マーガレット」のように普通に綺麗な花(言い換えれば悪役っぽくない)ものが多い傾向がある。


後日談のVシネマ『デカレンジャーVSアバレンジャー』ではエージェント・アブレラが「爆竜戦隊アバレンジャー超全集」を読みながら「トリノイドはふざけた奴が多い」と嘆いていた。

名前は素材となった地球上の動物と植物と無生物を繋げて読んだもの。
3種類のモチーフを混ぜ合わせて作るという、非常にデザイナー泣かせな怪人。
実際エヴォリアンのデザインを担当したさとうけいいち氏は、デザイン製作に毎回相当難儀したとか。
なお、『電子戦隊デンジマン』のベーダ―怪物よろしく、体のどこかに製造番号がデザインされているのも特徴。DVD等で是非とも探してみてほしい。


作品一覧
  • 第0号 サウナギンナン
来とるで来とるで来とるがね!来とるで来とるで来とるがね!

CV:篠田薫
使用カラー:不明

Vシネマ『特捜戦隊デカレンジャーVSアバレンジャー』に登場。
サウナ、鰻、銀杏を融合させて作り出したトリノイド第0号。
最初期のトリノイドではあるが、性格は後期トリノイドのように間抜けな性格。しかも言動がなぜか名古屋弁。
両肩の「銀杏電池」のパワーとサウナのように取り出した地熱エネルギーを組み合わせて不思議な霧を発生させ、死者を蘇らせる能力を持つ。
そのとてつもない力故にミケラに危険視され宝玉に封印されていたのが功を奏し、エヴォリアン壊滅からは免れていた。

能力目当てにギンジフ星人カザックの手で蘇るも、最初は両肩の銀杏電池が無く能力がロクに使えない役立たず状態だった。
銀杏電池確保後は地球全土を霧で包み、「アバレンジャーを最も苦しめた最強の存在」として邪命神デズモゾーリャを復活させようと目論む…までは良かったが、視聴者の大方の予想通りデズモゾーリャではなくアバレキラーが完全復活。
あっという間に二大戦隊の形勢逆転を許してしまった。


  • 第1号 ドラゴンドラン
栄えあるトリノイド第1号の力、今こそ見るがいい!

CV:谷口賢志
使用カラー:西洋秘儀エキス入り炎のドラゴン色、水の都エキス入り夢見心地色、ラン科耽美エキス入りゴシックロリータ色

ドラゴン、ゴンドラ、蘭を融合させて作り出したトリノイド第1号にして、本編最後のトリノイドでもある。
デズモゾーリャの命を受けてエヴォリアンの最初の侵攻の際に密かにアナザーアースに送り込まれていた先遣隊最後の1体で、性格は初期型らしく冷酷。
ドラゴンの両目からの光線「ドラゴンアイビーム」は半径40m以内の物質を跡形もなく破壊する程の威力を誇り、
両手からの火炎状の光線「ドラゴンファイヤーフラッシュ」で辺り一面を紅蓮の火炎地獄に変える。また背中の翼で空を飛ぶことも可能。
他にも自身の魔力を付与したカードは持ち主に様々な幸運を与える不思議な力があるが、同時に所有者を魔力で魅了。
その後ドラゴンドランの呪いによってカードはゴンドラに変じ、カードの持ち主をデズモゾーリャの肉体の元に輸送する役割を持つ。

ビジュアル系占い師「出雲蘭」としてアナザーアースに潜伏すると、ミステリアスな人物を演じながら的中率100%の占いで多数の信奉者と人気を得て、1年という長い時間を掛けて日本での社会基盤の確立に成功。
「蘭様の奇跡」と称して自身の魔力を付与したカード「蘭様カード」を広めながらアバレンジャーやアバレキラーに一切悟られる事なく、デズモゾーリャ復活の為の巨大な身体を湖の中に極秘で製作し、
仕上げとして「蘭様の奇跡」に魅入られた100万人のアナザアース人に不思議な呪文で呪いを掛けてデズモゾーリャの生贄に捧げ、デズモゾーリャの肉体の完成を目論んだ。


  • 第2号 ヒルリンドウ
私も、アバレたくなってきたぞ!

CV:佐竹雅昭
使用カラー:ヒル類顎蛭目吸血エキス入りチューチューヒル色、装飾エキス入りラピスラズリ色、リンドウ科特効薬エキス入りゲンチアナ色

蛭、瑠璃、竜胆を融合させて作り出したトリノイド第2号。
デズモゾーリャの命を受け、エヴォリアンの最初の侵攻の際に密かにアナザーアースに送り込まれた3体の先遣隊の内の1体。
自身の蛭をターゲットに吸い付かせてターゲットの長所を吸収。
そのエネルギーを瑠璃に結晶化させる能力を有し、これを飲み込む事で相手の能力を奪って自身の能力に変えることができる。
戦闘では半年掛けて様々なスポーツ選手や格闘家から力を奪い手に入れた「ヒルリンドウ流スポーツ拳法デスアタック」を駆使して戦うだけでなく
相手のパワーを吸収する事で戦闘不能に陥れる搦手、身体から生えた竜胆の根でどんな怪我も回復させる薬として活用する。

総合格闘家「佐竹昭雅」としてアナザーアースに潜伏すると、有名スポーツ選手や格闘家の優秀な能力を奪って犠牲者を引退に追い込みながら、デズモゾーリャに捧げる「最強の肉体」を生み出す作戦に従事。
最終的にはアバレンジャーのダイノガッツすら吸収して更なる力を得ようとした。


  • 第3号 テンサイキック
天才は、忘れた頃にやって来るのだ!

CV:ボンバー森尾(森尾ナオアキ)
使用カラー:アカザ科楽々エキス入り砂糖大根色、サイ科ゴーグルエキス入りライノス色、超感覚エキス入りエスパー色

甜菜、サイ、超能力(サイキック)を融合させて作り出したトリノイド第3号。
デズモゾーリャの命を受け、エヴォリアンの最初の侵攻の際に密かにアナザーアースに送り込まれた3体の先遣隊の内の1体。
「サイキック砂糖大根」を食べた人間を超能力者に変え、透視や念動力などの超能力を与える代わりに自身の意のままに操る事ができる。
ゴーグルからのサイキック光線「サイキックビーム」で宙に舞い上げた相手を縦横無尽に叩き付けたり、
角に相手を引っ掛けて投げ飛ばす「おツノこサイサイ」も高い攻撃力を誇るパワーファイター。

「ドクター手力(てぢから)という名前で入学金無料・授業料100円の胡散臭い学習塾「大天才予備校」を開校。
集めた人々にサイキック砂糖大根を食べさせる事で洗脳し、超能力を与えた塾生に破壊活動を行わせてアナザーアース侵略の為に必要な悲しみの涙を日本全国で流させようと目論んでいた。
余りにも胡散臭い学習塾であったが、営業成果が良かったのか劇中では2ヵ月で全国津々浦々に108分校も展開する程の盛況ぶりで、45万人の塾生が集まっていた。


  • 第4号 バクダンデライオン
醜いものは消え去れ!

CV:稲田徹
使用カラー:恐怖ばくだんエキス入り爆裂破壊色、キク科タンポポ属毒々タンポポエキス入り邪綿毛色、ネコ科たてがみライオンエキス入り獣王色

爆弾、タンポポ(ダンデライオン)、ライオンを融合させて作り出したトリノイド第4号で、アバレンジャーと戦った最初のトリノイド。
鬣状の生体ミサイル「綿毛ミサイル」を周囲に撒き散らす「たてがみランチャー」必殺技
更に自身の身体の爆弾に点火させる事で爆発の加速力を利用して体当たりする超強力な加速攻撃「ターボアタックボンバー」も武器。
ミサイルは自身から発する電波でコントロールでき、周囲一帯を爆撃する。
アナザーアースのものを醜いと断ずるミケラの命令に従いアナザーアースを破壊し尽した。


  • 第5号 ハッカラスナイパー
俺を傷付けた奴…必ず倒す!

CV:金丸淳一
使用カラー:シソ科猛毒メントールエキス入り濁ミント色、カラス科魔カラス属冷血カラスエキス入り黒羽色、邪命ウイルス入り百発百中猛爆ライフル色

ハッカ、カラス狙撃手(スナイパー)を融合させて作り出したトリノイド第5号。
「スゥー!ハァー!」という独特の呼吸が特徴。
百発百中の狙撃技術と鴉の足型のライフル「ハッカライフル」を武器に、銃弾に仕込んだウイルスを利用し撃ち抜いた人間を自身と同じ姿に変貌させる能力を持つ。
翼から強力な磁場を発生させる力をコントロールする事によってリニアモーターカーと同じ原理で空中を高速飛行でき、その磁場により周辺の電波にも異常を及ぼす為に通信を麻痺させる。
自身の銃弾でバイオハザードを引き起こしてハッカラスナイパーを大増殖させることを目的に活動していた。


  • 第6号 ザクロバキューム
こりゃ面白い、作戦変更だ。アナザーアース中の娘から若さをバキュームして、老け娘だらけにしてやる!

CV:戸部公爾
使用カラー:ザクロ科整腸エキス入り紅蓮ザクロ色、ウマ目ウマ科鈍キーエキス入り干草ロバ色、エレキテル入り超強力バキューム色

柘榴、ロバ、掃除機(バキューム)を融合させて作り出したトリノイド第6号。
両手に装備された強力な吸引装置であらゆる物を吸い取る能力の持ち主。
この能力で若い女性から若さを吸い取る事ができ、それにより老婆の姿に変えてしまう。
吸い取ったエネルギーを馬糞に変えて発射する「ロバクダン」は1発だけで大型トラックを吹き飛ばす程の破壊力を誇り、
「グレートキューイン」は強大な吸引力を持ち、更に機能をチェンジした吸引装置からの電撃で相手の弱点を攻撃する。
鼻から放つ「グレートロバクダン」は大型戦車を一瞬で粉々にする威力を誇る。
若さを吸い過ぎると食べ過ぎで腹の調子を崩してしまう欠点があったが、ミケラの助言を受けて身体に生えた柘榴を食べることで克服。
ロバクダンも柘榴を食べたことで新たに得た武器である。

当初はダイノガッツを奪い取る目論見だったが、人間から若さも奪えるという予想外の効果が判明。
それに伴い作戦も「アナザーアースの女性から若さを奪って老婆に変えて混乱させること」に変更するなどかなり場当たり的なトリノイド。
ミケラ曰く「このまま老け娘を作り続ければ、アナザーアースの国民年金問題がもっと深刻化するなぁ~」


  • 第7号 ジシャクナゲンゴロウ
SとSでも反発するんだもんね~


CV:園部啓一
使用カラー:ツツジ科亜高山エキス入りツクシシャクナゲ色、ゲンゴロウ科肉食エキス入りシマゲンゴロウ色、妖磁力入りU字型マグネット色

磁石、石楠花、ゲンゴロウを融合させて作り出したトリノイド第7号。
両腕がハンコ状の磁石アーム(右腕がS極、左腕がN極)になっており、そのハンコを押された物を何でも磁石に変えてしまう能力の持ち主。
腹部のダイヤルで発生させた磁力のパワーを調節し、磁石の反発力と引き合う力により被害を拡大させていき、フルパワー時には人間を数千km先まで弾き飛ばす程の磁力を発生させる「N.S磁力飛ばし」が得意技。
実際劇中では、磁石化させたアバレンジャー達をオーストラリア、ロシア、名古屋市へと簡単に弾き飛ばしている。
更に地面に潜る事で地中を自由自在に泳ぎ回り、潜伏して移動する為に何処から襲ってくるのかわからない。
自身の能力を利用してアナザーアースに混乱と破壊の限りを尽くすのが目的。


  • 第8号 キンモクセイカミカクシ
ありがとゲソ~。金木犀の、香りゲソ~♪

CV:眞水徳一
使用カラー:モクセイ科魅惑エキス入り誘いキンモクセイ色、リングエキス入り軟体イカスミ色、突然カミカクシ色

金木犀、イカ、神隠しを融合させたトリノイド第8号。
劇中初の概念要素モチーフ。「~ゲソ」が口癖。
身体に咲く金木犀からの香りを嗅いだ人間を異世界に転移させる「異世界カミカクシ」が得意技。
おまけに自身は「隠れマント」で一瞬にして姿を自由自在に消したり出現したりする神出鬼没のトリノイド。
イカの触腕を模した「ゲソ触手」で縛る事によって身体の自由を奪った相手を「電撃スパーク」で痺れさせ、その腕を鞭のように振るって攻撃することも可能。
劇中では人間を只管異世界に送りながら、自分は隠れマントで逃げ続けるめんどくさい戦法でアバレンジャーを翻弄した。


  • 第9号 バンクマッシュルーム
マッシュルームカット…?時代遅れの髪型ぁ~?おお、これを利用して適当に~!

アナザーアースの奴等を、時代遅れのマッシュルームカットにして大笑いしてやる!ベアベア!

CV:川津泰彦
使用カラー:バブルエキス入りマネー色、クマ科冬眠エキス入りワライグマ色、菌類キューティクルエキス入りマッシュルームカット色

銀行(バンク)、熊、マッシュルームを融合させたトリノイド第9号。
デズモゾーリャにアナザーアース侵略を催促された際、お仕置きから逃れる為のその場しのぎで製作。
ここら辺からトリノイドの性格が次第に馬鹿っぽくなっていく。
受けた者の髪型を時代遅れのマッシュルームカットに変え、何でも金で解決しようとする金の亡者にしてしまう「スマッシュ弾」が得意技。
しょうもない能力かと思いきや、被害を受けた警察官が道案内の見返りに500万の支払いを要求するなど被害者が恐喝紛いの行為に走るため意外と凶悪な能力。
更にATMから吐き出す硬貨を相手の全身に張り付かせる事で身動きを封じる「お金縛り攻撃」や、
秒速200枚の硬貨をマシンガンのように発射する「低金利貸し出しローン無駄遣い攻撃」といった技を持つ。
クマの獰猛な性格も秘めている為に格闘戦では両手の鋭い爪で相手を切り裂く。
なお人並に羞恥心はあるのか、攻撃を跳ね返され自分がマッシュルームカットになったのをバーミア兵に笑われた時は恥ずかしさの余り撤退した。


  • 第10号 シャークルマーガレット
みんなの嫌いな花占い!好き、嫌い、好き、嫌い、好き、嫌い…嫌いビーーム!

CV:北島淳司
使用カラー:ネズミザメ科ジョーズエキス入りフカヒレ色、騒音エキス入り大気汚染色、キク科スキ・キライエキス入り恋占い色

(シャーク)、マーガレットを融合させたトリノイド第10号。
アナザーアース侵略が進まずイラつくデズモゾーリャのご機嫌を取るために出撃したが、ミケラも太鼓判を押す自信作。
身体に生えているマーガレットを引き抜き、花占いをする事で「キライ♡キライビーム」を放つ。
この光線を浴びた者は「1番嫌いな人物や物の幻覚に襲われる」という幻覚に囚われ、トラウマを克服できない者を戦闘不能にさせることができる。
他にも排気口を模した砲身から猛毒の排気ガスを凝縮した弾丸を発射。着弾と共に発生したガスを吸った人間を原因不明の病気に侵して死に至らしめる「排ガスキャノン」といった強力な技を持つ。

当初は精神攻撃の強力さもありアバレンジャーを苦しめるが、リジェに「サメ(の要素)はどこで活躍するの?」と突っ込まれた結果改修の為撤退。
高圧水流の水飛沫で攻撃する「サメシャワー」や高波を発生させる「サメツナミフカフカ」という技を引っ提げて再出撃しアバレンジャーを追い詰めていった序盤の強敵。
なお攻撃に必要な花占いは正しくする必要は全くなく、連続で「嫌い」を宣言して無理矢理「嫌い」で終わらせたり、「嫌い」と言いながら全ての花弁を一度に毟り取ったりする。


  • 第11号 アヤメガネズミ
アナザーアースの人達の頭に咲き乱れるアヤメのみなさーん!太平洋上の梅雨前線を誘って下さいこの大空にー!

CV:坂口候一
使用カラー:アヤメ科前線エキス入りムラサキ梅雨色、UVエキス入り丸メガネ色、齧歯目ネズミ科ネズッチュエキス入りネズミチーズ

アヤメ、眼鏡、を融合させたトリノイド第11号。
仕事をサボってヴォッファと駄弁っていた事への制裁を受けて焦りながら制作した。
ネズミらしく「~チュ」が口癖で、ですます口調だったりと物腰は非常に丁寧。
巨大な眼鏡から放つ「メガネビーム」で人々の頭上にアヤメを咲かせてその力を利用し、太平洋の梅雨前線を日本列島上空に集中。
集めた無数の梅雨雲を「梅雨前線山脈」へと変化させ、激しい噴火を起こす事で火山弾の雨を降らして大混乱に陥れた。
武器は両腕に装備した眼鏡のフレームにエネルギーを溜めて放出する「グラサンビーム」や、鋭く尖った歯による噛み付き攻撃。
噛み付きの他に素早い動きで相手を翻弄する等、ネズミらしい戦法を得意とする。
大量に梅雨前線山脈を生み出す作戦の総仕上げとして空中の巨大な梅雨前線山脈をひっくり返してアナザーアースに落下させる「梅雨前線山脈逆さ落とし」より、アナザーアースを物理的に崩壊させようとした。


せいぜい逃げるがいい、アナザーアース人ども!

CV:津久井教生
ヤツデ、電話、ワニを融合させたトリノイド第12号。
当初は普通の敵キャラだったが、紆余曲折の果てに『アバレンジャー』を代表するマスコットキャラにまでなった愛すべきバカ。
詳しくは個別項目を参照。


  • 第13号 ムカデンパンジー
オーマイゴ~ッド!?

CV:岩尾万太郎
使用カラー:オオムカデ科夜行性エキス入り百足虫色、不法無線エキス入りシビレ電波色、スミレ科物想いエキス入りサンシキスミレ色

百足、電波、パンジーを融合させたトリノイド第13号。
刺激的なゲームを求める仲代未琴が、下僕にしたヤツデンワニを仲介してミケラに発注した事で生まれた作品。
ダニサイズの分身を電波を介してテレビ番組を見た人間に寄生させる能力を持ち、ムカデンパンジーの宿主は等しくヤンキーの如く凶暴化して非行に走り、不思議な力まで操って暴れ回る。
その他頭のアンテナから放つ電波で立体ホログラフを操る幻術攻撃「ムカデンパ」や、無数の分身をバーミア兵に纏わせて自身のダミーを形成する能力、
パンジーの蔓で相手の身体を縛って電撃を流しダメージを与えたり、電子機器の中に潜り込んだりと非常に多彩な能力でアバレンジャーを苦しめた劇中中盤の強豪。

視聴率欲しさにエヴォリアンと手を組んだテレビ局が放送する子供番組「ぷりぷりんせすシスターズ」の電波に分身を乗せて媒介。
番組を視聴する全国の子供の目の中に分身を寄生させて子供達の凶暴化を目論み、日本中を混乱させた。
視聴率82%を叩き出しCDが800万枚も売れるメガヒットを記録したが、分身はTV放送を見た人間推定1億454万人に感染し被害は甚大。副産物として議員すら不良化させ国会をも混乱に陥れた。
発注を依頼されたミケラは当初不満タラタラだったが、デズモゾーリャが許可したことで渋々作った模様。
なお作った後も「折角作ってやったのに活躍のさせ方が地味すぎる」と愚痴っていたが、それを揶揄ったヴォッファと喧嘩になった。


  • 第14号 ハエマツ
書け書けー!ハハハ!俺は願い事を何でも叶える男だ!願い事ある奴はドンドン言えー!

CV:松本大
使用カラー:昆虫網ハエ目ブンブンエキス入りギンギンバエ色、神頼みエキス入りお願い絵馬色、マツ科マツ属松ぼっくりドリルエキス入りめでたいマツヤニ色

蠅、絵馬、松を融合させたトリノイド第14号。
絵馬に書かれた願い事を非道な方法で叶えるトリノイド。
1つの願い事を成就させると願掛けした人間の悲しむ顔を見る度にパワーアップし、誰かの願いを叶えている間に攻撃を受けると願掛けした者にもダメージを与える凶悪な特性を持つ。
なお、1つの願い事を成就させると絵馬が消えるが、僅か0.9秒で次の絵馬が装填される為、絵馬には事欠かず隙もない。
その他にも、100万匹のハエを飛ばしその煩さと鬱陶しさで相手の聴覚を麻痺させてイライラと混乱に陥れる「五月のハエ攻撃」ドリル型マシンガンにもなる右腕で相手を強襲する。
神社に擬態して絵馬を集めた後活動を開始。
アナザーアースで非道な手段で願いを無理矢理叶えつつ自己強化を繰り返しながらアナザーアースで暴れ回った。


あ、フィッシャーマーン!

CV:宮田浩徳
釣りバカ、鰹、オリーブを融合させたトリノイド第15号。
アナザーアース人を好物のオリーブの実に変えて、お腹いっぱい食べるために製作した作品。
大体この辺からトリノイドが完全にギャグキャラっぽくなっていく。
詳しくは個別項目を参照。


  • 第16号 ツタコタツ
テメエ等、正義の味方の癖に嘘吐きやがって!

CV:桜井敏治
使用カラー:ブドウ科蔓巻きエキス入りツタの絡まる色、頭足綱八腕目吸盤エキス入りアッツアツたこ焼き色、自然エキス入り夏コタツ色

蔦、蛸、こたつを融合させたトリノイド第16号。
蛸らしく吸盤状の両腕を伸ばし、グルグル巻きにして捕らえた任意の2人の人格を入れ替える「タコタコチェンジ」で街中を大混乱に陥れた。
背中のこたつから約1530℃という鉄を溶かす高温の熱気を放つ「真夏のコタツ攻撃」や、美味しそうなたこ焼き型の強力な爆弾を飛ばす「たこ焼きボンバー」で攻撃する。
アナザーアース人の人格を手当たり次第に入れ替え、社会を混乱に陥れる作戦に従事する。


  • 第17号 ショホウセンカメレオン
貴様は病んでいる!お前は『トリノイドやっつけたい病』。治療法はトリノイドにやっつけられる事だ!

CV:田中完
使用カラー:処方ロールエキス入り薬害色、ツリフネソウ科スプラッシュエキス入りツマクレナイ色、カメレオン科捕食エキス入りマダガスカル色

処方箋、鳳仙花、カメレオンを融合させたトリノイド第17号。
処方箋要素の影響か似非医者っぽい言動が特徴で、上記のように勝手に相手に適当な病名を告げてくる。
頭部の熟すと邪命体の種が実る鳳仙花の花から大量の種子を弾丸のように飛ばす「バルサムランチャー」が武器。
処方箋をロール状に繋げて巻き付ける拘束技「処方箋ロール」、指先から小型のカプセル状のミサイルを発射する「カプセル錠ミサイル」
1つでビルを吹き飛ばす程の恐るべき威力を持つ「錠剤バクダン」を持っており意外と火力に優れる。
カメレオンらしく舌状の触手を操り保護色で透明化も可能。
大勢の花嫁を拉致して彼女達に邪命体の種を埋め込み、デズモゾーリャの究極の肉体を孕ませ、出産させるというエロゲみたいな作戦に着手。
次元の扉から触手を伸ばして花嫁を大量に誘拐した。


  • 第18号 ラッコピーマン
あれ…これ*1何で入らんのよ~あれ~もう…!電話できねえじゃねえか!!

CV:遠近孝一
使用カラー:イタチ科貝たたきエキス入りいたずラッコ色、高画質スキャナー入り何でも複写色、ナス科甘辛エキス入り西洋とうがらし色

ラッコ、コピー機、ピーマンを融合させたトリノイド第18号。
右腕に装備されたスキャナーで取り込んだ物をコピーし、相手の武器や必殺技までコピーできる「ラッコピー」という技を操る。
「ラッコピー」で相手の必殺技をそっくりそのまま返す攻撃を行い、
赤ピーマンと青ピーマンを模したピーマン爆弾を投げ付ける「ピーマンボンバー」はピーマン嫌いな相手には3倍の破壊力を持ち、帆立貝型の手裏剣「貝手裏剣」で相手を狙い撃つ。
アナザーアースに勝手に来たリジェをダイノアースに連れ戻す為に送り込まれた。
なおリジェの不在で転移手段が失われた為、アナザーアースに送り込む為にミケラは四苦八苦する羽目になった。

余談だが、この怪人に付与された「コピー」という属性は、海外版『パワーレンジャー・ダイノサンダー』にて意外な形でシナリオの中核に絡むことに。


  • 第19号 ハゲタカライチ
匂う…!匂うぜ、お宝の匂いだ!!

CV:佐々木望
使用カラー:コンドル科猛禽エキス入り大翼色、財宝エキス入りトレジャーハンター色、ムクロジ科キヒーヨーエキス入りデリシャスライチ色

禿鷹、宝物、ライチを融合させたトリノイド第19号。
自分が嗅ぎつけたモノのみを宝物と認識し、それ以外のものをガラクタ呼ばわりする悪辣な性格。
鋭い嗅覚で狙った宝の匂いを本能的に嗅ぎ分ける事ができ、「ライチボンバー」で超ライチの実を大量に発射する。
超ライチの実を口にした者はダイノガッツを含むどんな超パワーも全て吸い取られてしまう。
背中に背負った宝箱から出す光の鞭を巧みに操り相手に強打を浴びせる事や縛り付けて動きを封じたり、
禿鷹の翼を大きく広げて叩き付けたり高速飛行による体当たりなどの多彩な攻撃で相手を攻めたてる。

力の弱まったデズモゾーリャを復活させる為、不思議な力を秘めた石「デビルストーン」の入手のため送り込まれたが、
らんるの素っ頓狂な攻撃技名に対し「なーに言ってんだお前…?」と素で困惑したり、
らんるのあからさまなコスプレに騙されたり惚れ込んだりと後期のトリノイドらしくとぼけ気味な性格。


  • 第20号 ルージュラフレシア
キレイにしてあげるわよ~!

CV:山口由里子
使用カラー:マジックエキス入りいけない口紅色、キリン科首長エキス入りサバンナジュラフ色、ラフレシア科寄生エキス入り世界最大フラワー色

口紅、キリン(ジュラフ)、ラフレシアを融合させたトリノイド第20号。
右腕に装備された巨大な口紅を相手の顔に塗り付けラフレシアの花に変えてしまう「ルージュマジック」が得意技。
その他「ルージュマシンガン」の激しい弾丸攻撃も武器。
リジュエルによってパワーアップされた後は身体からの無数の球の匂いの素をばら撒く「ラフレシアスパーク」という新たな能力を得た。
劇中初の女性型トリノイドで、自分のモチーフであるラフレシアの花を貶されり見た目を怪物呼ばわりされると思いっきりキレる。
言動と性格はどことなく中年女性風で、ラフレシアの花を美しく感じる歪んだ美的センスの持ち主。

仲代壬琴が他の女性に向く事がないようにする為、アナザーアースの女性の一掃を目論むリジュエルの命令で製作。手当たり次第に女性をラフレシアの花に変えまくっていた。
ただしリジュエルからの扱いは悪く、壬琴にのみ関心を向けるリジュエルに嫉妬を向けたりした。


  • 第21号 レインディアサンタ
トナトナトナ~。メリークリスマ~ス!

CV:柴田秀勝
使用カラー:ウシ目シカ科赤鼻エキス入り大ツノトナカイ色、クワ科乱れ繊維エキス入り亜麻色、びっくりプレゼントエキス入りサンタクロース色

トナカイ(レインディア)、麻、サンタクロースを融合させたトリノイド第21号。
両手の鈴を鳴らす「リンリン超音波」による強烈な超音波で相手を翻弄し、鼻から発射する破壊光線「赤鼻ビーム」で攻撃する。
更にサンタの袋からの麻紐で身動きを封じられた相手を袋の中に吸引する技「袋詰め」も侮れない。
また追い詰められる度にバーミア兵化した人間を操り肉盾代わりにしてアバレンジャーの攻撃を封じる狡猾さも見せる。

サンタクロースの姿に擬態して街に出現し、普通の生命を邪命体に作り替えるエヴォリアンの細胞「邪命因子」を仕込んだプレゼントを人々に配布。
サンタのプレゼントと油断して警戒心無くプレゼントを受け取り開けた人々に邪命因子を感染させる事でバーミア兵に変えていった。
表向きは全アナザーアース人にバーミア兵に変えてアナザーアースを混乱に陥れる作戦だったが、
真の目的は「邪命因子を元々持っているアナザーアース人はバーミア兵にはならない」という性質を利用し、アナザーアースに分離されたデズモゾーリャの半身「アナザーデズモゾーリャ」を宿した人間を探し出すことにあった。
結局バーミア兵化した人間が元に戻った事でアバレンジャーに敗北を喫するが、その裏で邪命因子入りプレゼントを密かに回収していたミケラとヴォッファが、これまでこき使われた恨みを込めて仲代壬琴をバーミア兵に変えてこき使うべく使用。
結果偶然にも仲代壬琴の体内に邪命因子がある事を突き止め、物語は佳境へと向かうことになる。


俺を倒しても、復活したデスモゾーリャ様が、必ずお前達を倒す…おめでとうございま~す!

CV:梅津秀行
使用カラー:薬膳エキス入り色とりどり春の七草色、サル科ウッキーエキス入りファンキーモンキー色、民族舞踊エキス入り陽気なキューバルンバ色

七草、猿、ルンバを融合させたトリノイド第22号。
浴びた人間にルンバを踊らせた後でお正月に関わるおめでたい物*2に変える怪光線「ルンバビーム」が武器。
その他春の七草を使った連続攻撃「春の七草フラッシュ」や、怒涛のひっかき攻撃「日光凶悪猿攻撃」、「お年玉爆弾」で攻撃する。
デズモゾーリャ復活記念のお祝いの為に作られた非戦闘用トリノイドだが、キレたデズモゾーリャに無理矢理アナザーアースに送り込まれ活動を開始。
街中の人間を手当たり次第におめでたい物に変えていった。
なおおめでたい物に変えられた人々は変えられたモノに対する技術が上達するという副作用があり、事実上人々に利益しか与えなかった稀有な怪人。


  • 第23号 アロハイビスカスカンク
使用カラー:
あっバカ、ちょっとタンマ、待ってストップ。スーパーダイノボンバーとかスーパーダイノダイナマイトとか言ってんじゃねえよ!大体スーパーって何だよスーパーって、スーパーはマーケットだけでいいじゃんって聴いてないだろ人の話…うわぁ~!

CV:愛河里花子
アロハ、ハイビスカス、スカンクを融合させたトリノイド。
てれびくんの付録『爆竜戦隊アバレンジャーダイノガッツCD』に登場。
ハワイに眠る「爆竜ファイヤーノコドン」の復活を阻止すべく出撃した。
「俺の臭いをかげー!」の声とともに強烈な屁を放ち、アロハビームとハイビスカスミサイルを発射する。
かなりの早口で、上記のセリフを約9秒間で発言していた。




番外
  • 邪命戦隊エヴォレンジャー
エヴォれ、エヴォれ、エヴォりまくれ~ジャメジャメ!エヴォれ、エヴォれ、突き進め~

CV:SATOSHI(シャークルマーガレット)、穴井勇輝(アヤメガブルー)、塩野勝美(テンサイイエロー)

ミケラがルネサンスによって再創造したトリノイド軍団。
シャークルマーガレット(赤担当)、アヤメガネズミ(青担当)、テンサイキック(黄担当)の3体で構成された、所謂再生怪人にして悪の戦隊

  • 第23号 クニマスマホガニー

CV:小西克幸
使用カラー:不明

クニマス、スマホ(スマートフォン)、マカボニーを融合させたトリノイド第23号。
本編ではなく、非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛に登場。
『新次元頭脳改造地下真帝国バロスw』のツー将軍が、1話前に登場したスマホモンガーにクニマスの頭とひれを付けた流用怪人だが、少しのアレンジで怪人の印象をガラッと変えた制作者について、赤木信夫は「かなり出来る奴だ」と高く評価した。
あくまでオマージュのためミケラは関わっていないが(おまけに製造番号がアロハイビスカスカンクと被っている)、リスペクトされていることを知ったらどんな反応をするであろうか?


ヘキサノイド
映画『爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!』に登場した「ハナビキニキビーナス」の1体のみ。
ミケラが6つのモチーフを融合させた、トリノイドの強化型。
6種類の内訳は「動物1+植物1+無生物4」という謎のバランス。


  • ハナビキニキビーナス
余計な邪魔をするんでないよ!さあ出番よ、可愛い蜂ちゃん達!!

CV:高田由美
使用カラー:不明

花火、ビキニ、ニキビ、(ビー)、ビーナス像、茄子を素体にした邪命体。
右手から相手をビキニ姿に変える怪光線「ビキニキビーム」を放ち、胸部からの光線「ビーナスティンガー」で相手をビーナス像に変えてしまう。
更に口から茄子型爆弾「ナスビボンバー」で攻撃し、頭部のハチの巣からは刺した相手を縮小化する「ミニミニ化バチ」、刺した相手を100体に増殖化する「バラバラ化バチ」を無数に放つ極めて多芸な能力を持つ。
ただしモチーフを融合させ過ぎたせいで巨大化能力を失うという欠点を持っていた。
多彩な技の数々でアバレンジャーを翻弄したが自身の能力を逆手に取られ敗北。おまけに後に出てきたバクレンオーに話題を持っていかれた残念な結果となった。

何故だ!?何故ヘキサノイドは巨大化できないのだ!!

の、能力を、3つから6つに増やしたせいかとぉ〜!?



末路
デズモゾーリャが命じていたドラゴンドランの作戦が失敗し、更にリジュエルの肉体からも追い出された結果デズモゾーリャにヴォッファ諸共吸収され元の姿であるデズモヴォーラに変貌。
バクレンオーを新たなデズモゾーリャの肉体とする作戦を実行するがこれも失敗。
バクレンオーを失いそのまま残ったデズモヴォーラの肉体もキラーオーによって打倒され、ヴォッファ諸共爆散した。

やめてェエエエエエエッ!?

こんなやられ方は、芸術的では無いィイイイイ!!



余談
名前の由来は彫刻家ミケランジェロ。
デザインは騙し絵をイメージしており、顔は3つの鼻と口の輪郭で構成されているのが特徴。


追記修正よろしくお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年08月03日 16:54