無限の使徒ヴォッファ

登録日:2020/07/13 Mon 19:28:00
更新日:2021/05/09 Sun 05:26:13
所要時間:約 3 分で読めます








ぬうううう…!来ん!!インパクトのあるメロディがあ!?



無限の使徒ヴォッファとは、スーパー戦隊シリーズ第22作『爆竜戦隊アバレンジャー』の登場人物。

声:宇垣秀成


概要

ミケラと共に邪命神デズモゾーリャに仕える邪命体エヴォリアン最古参の使徒の一人。
ビジュアルは金属や楽器を混ぜたオブジェのような身体とタコのような頭を持つ単眼の怪物。

ミケラと違い本名は不明。


人物

自らを「天才」と豪語する自信家だが、性格はミケラ同様マイペースで非常に俗っぽい。
「壮大な作品を作る」という芸術家としての拘りが強いためスランプに陥りやすく、おまけに好不調の波が激しいこともあり製作速度には難がある。
ただしギガノイド製作を命令されれば、口では不平不満を並べ立てながらもしっかりオーダー通りのギガノイドを作る等、根は職人気質。
感動しやすいタイプなのか、アナザーアースを訪れた際は初めて見た電車に感動し、即座に作品に反映させている。
自身の演奏に対しアナザーアース人から絶賛の拍手を貰った際は、演奏後得意げにピースしたりとご満悦な様子であった。

アバレキラーを罠に嵌めて邪命神デズモゾーリャの復活を狙ったり、アバレンジャー達を過去に送って邪魔を排除するといった作戦を考えるなど知略にも長ける。
……が、策が裏目に出て危うくエヴォリアンを滅亡させかけるうっかり屋な面も。
根が直情的で単純なのはほぼ間違いなく、洞察力や頭の回転の早さなど策謀家としての能力はミケラの方が上。
ミケラに負けず劣らずの怠け癖持ちのサボり魔であり、モチベーションが下がったミケラと一緒にダラダラ駄弁っているところをデズモゾーリャから制裁と説教を受けるというのがお約束。


戦闘能力

自身がキーボードで奏でた音楽と生命の実を融合させて、最初から巨大な肉体を持つ侵略生物「ギガノイド」を創造する能力を持つ。

ミケラ同様肉弾戦は不得手だが、いざとなれば目から放つ稲妻のような光線と頭から伸びる触手で戦う。
触手は相手に絡みつかせ拘束。


作品

ギガノイド

今週の怪人員枠その2で、ヴォッファが造り出す怪獣タイプの巨大邪命体。
詳しくは項目参照。

その他

  • 暴走連結生命体バルギゲニア
暴走連結、ハルマキマニア~?

バ・ル・ギ・ゲ・ニ・アだぁ!この1ヶ月の苦労が、今、実を結ぶ…!!

アナザーアースへの強制取材旅行の際に目撃した「電車」にインスピレーションを得たヴォッファが、1ヶ月の時間をかけて造り出した巨大邪命体。
知能は低いがその分戦闘力にスペックを極振りした怪物で、そのパワーは通常のギガノイドの100倍
巨大な無数のタイヤで地面を踏み荒して爆走、連結部分を切り離して飛行し攻撃も行い地中さえも潜行できるハイスペック生物。

モチーフはザリガニ。


末路

自身が主導だったギガノイド「不滅」とアバレキラー、生命の樹を利用したデズモゾーリャ復活作戦の失敗を皮切りに、ミケラ主導のドラゴンドランによる作戦も失敗。
更にリジュエルの肉体からも追い出された結果デズモゾーリャにヴォッファ諸共吸収され元の姿であるデズモヴォーラに変貌。
バクレンオーを新たなデズモゾーリャの肉体とする作戦を実行するがこれも失敗。
バクレンオーを失いそのまま残ったデズモヴォーラの肉体もキラーオーによって打倒され、ヴォッファ諸共爆散した。

やめてェエエエエエエッ!?

こんなやられ方は、芸術的では無いィイイイイ!!


余談

名前の由来は音楽家バッハ。
デザインモチーフはアメーバやミジンコなどの原始的な生物。服に音楽の意匠があしらわれている。



追記修正よろしくお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月09日 05:26