ヒューズ(サガフロ)

登録日:2021/05/08 Sat 21:35:34
更新日:2021/06/12 Sat 07:24:56
所要時間:約 5 分で読めます





「悪人どもは、全員逮捕だ!」




ヒューズとは、ゲーム「サガフロンティア」に登場するキャラクターの一人。

種族:ヒューマン
性別:男性
年齢:27歳
出身:IRPO*1
Cv:諏訪部順一(下記のリマスター版のPV動画にて。但し、動画内で指摘があるように、本編でボイスは無い)


■経歴

リージョン警察組織「IRPO」の隊員で、本名はロスター。
一度キレると手の付けようがなくなることから「クレイジー・ヒューズ」と呼ばれるようになり、それがそのままコードネームとなってしまった。
そもそも本名や素性を隠し、ごく近しい関係者だけに限定された範囲で使われるのがコードネームなのだが、外部にも普通にコードネームの方が知られてしまっている。
もはや隠す気ねぇだろ

実際に本編でも、

  • 後輩のレンが殺害された時、その婚約者であるエミリアを一方的に容疑者と決めつけ誤認逮捕し、刑務所リージョン「ディスペア」送りにする。
  • 「マンハッタン」のキャンベル貿易ビルで同行させたレッドを思いっきりぶん殴って黙らせる。
  • 秘術の資質の一つである盾のカードを求めにきた主人公たちに対し、(身元確認の意味もあったとはいえ)荒れ狂う業火と吹雪く雪山のリージョン「ムスペルニブル」の山頂でしか咲かない花を取りに行く仕事を課す。

等、場合によっては懲戒解雇されてもおかしくない無茶苦茶ぶりを遺憾なく発揮させる。

一方で洞察力・行動力もあり、レッド編では武器密輸を調査中、キャンベル貿易ビルの取引先が怪しい(その所在が確認出来ない)ことを突き止め、貿易ビル社長のシンディ・キャンベルが証拠隠滅のために利用していたリージョンシップ「キグナス」が襲撃されることを見抜いて潜入。
レッド達の窮地を救った上でキャンベルの罪状も明らかにした。
また、ムスペルニブルの山頂は全滅しても救助してくれるようでそのまま帰ってくることができる。


レッド編では上述のキグナス襲撃事件で一時的に加入。その後マンハッタンのファーストフード店で合流すれば正式に加入する。*2
レッド以外の主人公でも仲間にすることは可能だが、上記にもある厄介な盾のカードイベントをクリアしなければ正式に仲間に加えられない。
ブルー編であればアイテム「リージョン移動」を使って拉致することも出来るが。また、離脱する仕様を逆手に取り、流星刀を複数手に入れる人もいるとかいないとか。
なお、レッドの場合マンハッタンで仲間にすればIRPOの受付ですぐにカードがもらえるが、その場合ムスペルニブルに行くことは出来ず、貴重なアイテム*3、山頂の朱雀道場、とある仲間モンスターを使えなくなるという困った面も。


■8人目の主人公になり損ねた男

彼を語る上で外せないのが、実は元々は主人公の一人だったということである。だが納期の都合であえなくお蔵入りになってしまった。主人公であるにも関わらず唯一第一パーティーから外せるリュートを犠牲にすれば、疑似主人公を体験可能だが
上記の花を取りに行くイベントも元々は自身のシナリオで使われる予定だった。*4
なお、余談だがヒューズの他にもう一人、イタコみたいな主人公もいたとのことだが、こちらはあまりにギャグっぽい内容のため止めたそうである。*5

そんな経緯があるためか、公式攻略本という名のファンブック「サガフロンティア 裏解体真書」ではベニー松山氏によるヒューズを主人公にした小説「8人目の主人公になりそこねた男 CRAZY FUSE」が収録された。
ヒューズ編が実装されていたらどうなっていたかというコンセプトをベースに、独自のテイストを加えたもので、
一部キャラ崩壊が起こっていたり、一人だけ登場していないキャラがおり、それを当てる懸賞クイズがある等なかなかカオスだがファンから軒並み好評を博し、これが元で「アンリミテッド:サガ」のルビィ編が作られたとのことである。

更にはサガフロから約20年後にリリースされたブラウザゲーム「インペリアルサガ」の「キューブルート」における主人公に抜擢された。
そしてこのシナリオを手掛けたのも、上述の「裏解体真書」での小説を執筆したベニー松山氏である。


■リマスター版にて…

時は流れ、2021年4月16日に「サガフロンティア」のリマスター版が配信された。
そして…




第8の男 ついに登場 その名は



ヒューズ
(銃声と共に「クレイジー」の文字が上に出る)


「誰がクレイジーだって?ちょいとやりすぎちまうことはあるが、俺はパトロールで一番のナイスガイさ。」
「だがリージョンにはびこる悪は見逃さないぜ!今回はたぁっぷり出番をもらったからな!」
「悪人どもは、全員逮捕だ!」



なんと今作でついに本編の正式な8人目の主人公となった。オリジナル版発売から実に24年経ってのことである。
シナリオもサガシリーズの第一人者である河津秋敏氏と上述のベニー松山氏が手掛け、伊藤賢治氏による新曲も作られることに。
ただし最初から彼のシナリオを選ぶことは出来ず、誰か一人のシナリオをクリア後に初めてヒューズがタイトル画面に登場し、
その後クリアしたキャラに応じたヒューズのストーリーが遊べるというものである。要するに『仮面ライダーディケイド

主人公というだけあり上述のPV動画での台詞通り、犯罪者は小悪党から大物まで「逮捕」してみせ、賄賂にも全く屈しないパトロール隊員としての本領を発揮した。
また、上記のエミリアの誤認逮捕に関しても「不審な点を感じる事から、真犯人からエミリアを守るために敢えて収監させた」という事情も語られた。

なお、このシナリオ限定のみのキャラとして、レンをプレイアブルキャラとして参戦させることが出来る他、どのシナリオでも仲間にすることが出来なかったレッド(条件を満たせば変身も可能)・ブルー(ルージュとの択一)を含めた全主人公をパーティに加えられる。そればかりかオリジナル版の取扱説明書にあったような、本来ありえないはずのパーティーだって組むことも出来る。
但し上述の因縁もあってか、エミリアはある手順を踏まないと仲間に入れることが出来ない。*6

そしてそんな彼が何故IRPO隊員になったかは、アセルスルートのエンディングで明らかになる。

■能力

リージョンにはびこる犯罪者達を相手にするだけあり、初期能力値はSTR(筋力)を始め高めである他、自己回復の「克己」を使える心術の資質も持っている。
加えてそのSTRやVIT(丈夫さ)、HP(耐久力)の成長率も良い。

体術をメインとしたいところだが、彼が得意とする体術は打撃系の方であり、DSCの元になる投げ技の閃き適正が少ないのが痛い所である。
あまり似合わないかもしれないが、実は剣技を主体にしても悪くない性能や閃き適性も持っており、特に最強技の「無月散水」やその派生元である「濁流剣」に適性を持っているのは何より大きい。
但し、アセルスゲンさんと役割を被らせないよう、やはり体術も上手く使おう。

ちなみに無茶苦茶ぶりなキャラ付けが反映されているのか、カウンター技や回避技に関する閃き適正がないという特徴もある。

■関連アイテム

盾のカード

秘術の資質の一つ。
上述の通り、主人公たちにこれと引き換えにムスペルニブルの山頂にある花を取りにいく仕事を課すのだが、その際戦わなければいけない朱雀が強敵。

リーサルドラグーン

ベヒーモス

それぞれ攻撃力60、47の銃。
ゲーム本編では特にヒューズ本人との関連はないが、上述の小説「8人目の主人公になりそこねた男 CRAZY FUSE」での彼は拳銃の名手という設定で、本気を出す際はこの2つの二丁拳銃で戦う。


アニヲタWikiにはびこる項目は見逃さないぜ!Wiki篭りどもは全員追記・修正だ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月12日 07:24

*1 「Inter Region Patrol Orgnaization」(国際リージョン警察機構)の略

*2 ちなみにキャンベル撃破後に加入すると、とっくに事件が終わった事で呆気にとられる姿を見る事が出来る。

*3 特にその一つである「オクトパスボード」は、メカを大幅に強化できる代物で、3体のメカを仲間にすることが出来るレッド編では尚更欲しいものである。

*4 リマスター版ではそれが実装されることになり、IRPOの受付の女性への誕生日プレゼントとして用意するよう部長からの指示だったことが分かった。

*5 のちにデザインは零姫に使いまわされることになった。

*6 エミリアルートのエンディングでは分岐次第で、先述の誤捜査による冤罪についてもエミリアから指摘された結果ボコボコにされ、結婚式の写真では傷だらけになったヒューズが写ることになる。