ピュリっち(アズールレーン)

登録日:2022/12/04 Sun 05:13:11
更新日:2022/12/24 Sat 09:23:04
所要時間:約 4 分で読めます





ピュリっちは『アズールレーン』のイベントストーリーに登場する味方NPC。2022年12月現在コラボイベントにのみ登場している。


【概要】

長いポニーテールが特徴的な少女。KAN-SENではないがセイレーンに対抗可能な艤装を調整する高度な技術力を持ち異世界から迷い込んだゲストたちをサポートする。本人もセイレーンの量産艦程度なら圧倒できる程に強い。

面倒見がよく、どんな状況でもハイテンションで軽い言動を保ち一同のムードメーカーも務める。










瑞鶴「あんたは・・・ピュリファイアー!」

江風「この距離なら刀で仕留める!」

ジャベリン「あわわわ! 江風、瑞鶴さん! ちょっと待ってー!」

江風「一体どういうことだ。ジャベリン」


瑞鶴「ピュリファイアーが… 記憶喪失?」





その正体は言うまでもなくセイレーンのピュリファイアー。本来は敵であるはずが、コラボイベントでは何故か味方ポジションのピュリっちとして登場する。
初登場のホロライブコラボでは鏡面海域がホロライブサーバーと混ざった影響で人格プログラムが狂ったと説明されているが以降のコラボでピュリっち化している理由は謎。


【作中での活躍】

■幻想と真実の二重奏(ホロライブコラボ)

鏡面海域でセイレーンの量産艦に襲われるジャベリンやホロライブメンバー達を救出し、レジスタンス本部に立て籠もり対抗戦力を整えた。

鏡面海域の中枢となる概念を破壊すべきとアイデアを出し、自分も乗り込んで暫定黒幕のテスターをぶちのめす気満々だったが、完全には信用できないと留守番を命じられしょぼーんとしていた。



あの変な鏡面海域に接続したせいで、ちょっと人格プログラム誤作動してたっけ?

………はい、 クリーンアップ開始、人格プログラムの再インストール、 ファイルの完全性確認、 データ同期っと

「『一緒に戦えて楽しかった』」

「なんて言わねぇわ。 それ。次会う時絶対敵だから、母港帰って報告書を書くことにでも忙殺されてろっての」


鏡面海域の中枢が破壊されたことでセイレーンサーバーとのネットワークが回復。
データが同期されピュリっちは人知れず消えていった。


…ま、こんなもんね。 そろそろ元の人格プログラムに上書きされるか

…..... この私って結局 「本体」 なのか、それとも 「駒」なのか……


■弧光は交わる世界にて(GRIDMAN UNIVERSEコラボ)

エディンバラ! 授業中に寝るんじゃなーい!

鏡面海域内の学校でエディンバラや『SSSS.GRIDMAN』、『SSSS.DYNAZENON』ゲスト達の担任教師となっていた。
ノリは軽いが授業中の携帯の使用などを窘めたり、怪獣出現の危機には生徒の避難を優先するなど根は真面目。

新条アカネとローンの説明で鏡面海域内のKAN-SENや人間たちは改竄されていた記憶を取り戻し、ピュリファイアーを取り押さえるが様子がおかしい。


セイレーンって随分と悪いやつじゃねえか

あんたたちの敵はピュリファイアーだろ?このピュリっち先生と何の関係があるってんだ!


記憶喪失なのか演技をしているだけなのかはわからないが、セイレーンともピュリファイアーとも無関係と言い張り続け、
KAN-SEN達も怪獣の対処と人命救助を優先したため、戦闘手段のないゲスト達と共にとりあえず避難所の保健室に放置された。

そこでアカネから依頼され彼女らから提供された情報を元に艤装を調整。
何となくデータベースに接続できることがわかったと鏡面海域の情報を提供した。

怪獣が再出現した際は、そのステータスを把握し勝ち目がないことを見抜き撤退を指示。
怪獣がピュリっちを最優先殲滅対象と認識していたことから、鏡面海域の権限を掌握しピュリっちを強化する作戦が立案された。

作戦に則り一同が鏡面海域の制御装置を集めた結果……。


見たか虫けらども! このピュリっちの力を!


ピュリっちは怪獣サイズに超巨大化した。
圧倒的な物量差で量産艦を蹴散らし怪獣を抑え込むピュリっち。制御装置を全て集めても怪獣とピュリっちは互角で緊張感のない戦いがしばらく続いた後、死んだフリからの必殺技を炸裂させピュリっちが勝利した。

怪獣の消滅後、一同が気付いた頃にはピュリっちの姿は何処かに消えていた。


■錬金術士と謎の遺跡群島(ライザのアトリエコラボ)


星の河を駆け巡り、レジスタンスを率いてセイレーン計画をぶっ壊す勇者・ピュリっち!

何故かセイレーンに対するレジスタンス活動を行っている。
データベースからセイレーンが『ライザのアトリエ』の住人を鏡面海域に呼び寄せようとしていることを把握。
介入し転送自体は阻止できなかったものの転送される時間を遅らせる。しかしカラ・イデアスだけは遅らせることができず彼女と協力して鏡面海域管理者のテスターを撃破し権限を掌握。ストーリーが始まる前に全てを終わらせていた。
しかし、後から転送されてくるライザ達にただ帰還装置だけを残すのも味気ないだろうと、遺跡を作り危険のない冒険を演出した。


追記・修正はピュリファイアーが母港に実装されてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年12月24日 09:23