マーセナリー(ユニコーンオーバーロード)

登録日:2024/05/08 Wed 15:00:02
更新日:2024/07/14 Sun 04:14:12
所要時間:約 ? 分で読めます




ATLUS×ヴァニラウェアのSRPG「ユニコーンオーバーロード」に登場するクラスのひとつ。

●概要


●マーセナリー

身の丈ほどもある大剣を軽々と振るう傭兵。
男性と女性の両方が属するクラス。
物理攻撃に特化しており、高い火力で敵を殲滅する。
男性は剣を肩に担いで前かがみに構えたいかにも荒くれ者の傭兵といった風貌。
女性はハットを被り、腕には派手な飾りを身に着けている。
そしてムッキムキな下半身が目を引く。*1
筋肉フェチにはたまらない。

●ランツクネヒト

マーセナリーがクラスチェンジした上級職。
盾を装備して防御力が向上した他、この盾で攻撃を防ぎつつ、受けた怒りで攻撃力を上昇させる。
「ランツクネヒト」とは神聖ローマ帝国の時代に南ドイツ人を中心に構成された傭兵部隊の名称。
語源は諸説あるが、ドイツ語の「Lands」(自国で)「Knecht」(仕える者)とする物などがある。
史実においては「悪趣味」とも揶揄される腕に取り付けられた派手な装飾品が特徴的で、
女性のマーセナリーが下級職の時から身に着けている物がコレ。
男性は盾の他に兜とマントを身に着け、ヒロイックな姿になる。
プレイヤーからは略して「つくね」と呼ばれる事もある。

●特徴


  • 物理攻撃特化
クラス説明においても「物理火力に特化」と記される通り、物理攻撃力が非常に高い。
アクティブ・パッシブ共に攻撃や反撃を駆使してガンガン相手を殴り飛ばし、さらに攻撃力を高める自己バフや
AP・PP回収の手段まで備えており、攻撃に関連する一通りの行動は全て自己完結で賄える。
列攻撃や前後列貫通などの器用な攻撃手段こそ持たないが、それを補って余りあるほど単体攻撃の性能が高く、
単騎での戦闘能力は本作の汎用ユニットの中でもトップクラス。
そのあまりにも苛烈すぎる攻撃への傾倒っぷりから「ゴリラ」と揶揄される事も。

  • ブレイブスキルの独自性が強い
ブレイブスキルの「コールファイター」は友軍ユニットを呼び出して随伴させるという、
全てのスキルと比較しても唯一と言ってよい独特な効果を持つ。

●弱点


  • 命中が低い
一撃の火力は高いものの、命中の能力が低いのでシーフやソードマン等の回避タンク相手には
その自慢の攻撃力も空を切りやすい。
アクセサリーで補強したり、他のユニットからのバフで補ってあげよう。

  • 行動速度が遅い
身軽そうな見た目に反して行動速度は遅い部類で、安定して先制を取れるのは
せいぜいホプリタイやグラディエーター程度しかいない。
そのため、基本的には相手の攻撃を受けてから後半に巻き返しを図っていく
後手に回る運用をしていく事になる。

  • 耐久力が低め
HPは並以上で物理防御はそこそこ高いものの、回避・ガード率が低いので
前衛で攻撃を受け切れるほどの耐久力は無く、魔法防御も脆い。
しかし、物理攻撃を無効化しつつAPを回収出来る「パリィ」のスキルがついている
「パリングシールド」との相性が良いため、ランツクネヒトに昇格させたら
優先的に装備させてあげると物理盾として前衛も任せられるようになる。

総じて、全てを火力の一点のみに捧げたかなり前掛かりな性能の超攻撃型クラス。
シンプルな性能故に任せる役割もハッキリしているので使い方が分かりやすく、
組み込めば部隊の火力を高める事に大きく貢献してくれる。
上手く運用できれば敵部隊を1人で壊滅させる事も夢ではないポテンシャルを秘めた
爆発力の高いクラスである。

●スキル


◆アクティブスキル


  • メガスラッシュ
敵単体を攻撃する。
特別な効果は無いが、下級職のAP消費1スキルの時点で無条件に威力150を叩き出すマーセナリーの主力技。
状況に左右されず、常に高い火力を維持できる。

  • キリングチェイン
敵単体を攻撃し、倒した場合はAPを+1する。
名称が異なるだけで性能はナイトやウォーリアの「アサルト」系スキルと同等。
戦闘終盤に虫の息の敵を順番に殴り飛ばしていけば次々になぎ倒していくラッシュを仕掛けられる。

  • バスタードクロス
ランツクネヒトになると習得出来る。
敵を2連続で斬りつける。
1発の威力は70で敵のHPが多いほど威力が上がり、最大で60上昇する。
最大打点は260にもなり、文句なしに本作最大クラスの火力となるランツクネヒトの必殺技。
ただ、条件を満たしていない場合の威力はメガスラッシュに劣り、AP消費も2と重め。
最大限活用するならHPの高い敵に的を絞るように設定したい。

◇パッシブスキル
  • フォロースラッシュ
味方が攻撃を受けた際に敵に反撃し、攻撃が命中するとPPが+1される。
威力75に命中倍率が90%と性能は少し低いが、命中さえすればノーコストで敵を殴り返せる。
条件も緩く、前衛のタンク役が攻撃を肩代わりするだけで発動し、同時発動制限も無いため
マーセナリーを複数人編成しておくと、入れ替わり立ち代わり次々に相手を殴りつける波状攻撃が可能。
その火力は生半可な耐久のユニットでは到底耐え凌ぐのは困難を極める。

  • リベンジガード
ランツクネヒトになると習得できる。
敵の攻撃を中ガードで防ぎ、攻撃を受けた怒りを燃やして物理攻撃力を20%アップする。
比較的満たしやすい条件でバフをかけられるが、ランツクネヒトの耐久力そのものはそれほど高くないので
前衛で攻撃を受け続けるのにはあまり向かない点には注意。

  • ブルフォース
ランツクネヒトになると習得できる。
自身がアクティブスキルを使用した際にAPを+1、物理攻撃力を20%アップ、行動速度を+20する。
PP2と引き換えに、AP1を補填しつつバフもかけるランツクネヒトの手数と火力を支えるスキル。
遅めな行動速度も補えるため、先手を取らせたいならこれを見越して
素早さを補強するアクセサリを装備する事も一考の余地に入る。

◯ブレイブスキル

  • コールファイター
自身に追従する傭兵部隊を友軍として呼び出す。
友軍はマーセナリーからなる3人の部隊でスタミナは3。これが尽きると撤退する。
ランツクネヒトになると「コールアーチャー」を覚えて弓兵も呼び出せるようになる。
他のクラスのブレイブスキルと比較しても唯一かつかなり独特な効果を持つスキル。
部隊編成数が少ないので大人数の部隊を相手にするのは向かないが、
接敵前の様子見として先行させたり、見張り台や森の中に向かって進軍させて伏兵を釣り出して
安全な経路を確保するなど、自軍の損耗を肩代わりしてもらうような運用が可能。

●キャラクター


  • ベレニス
コルニアの地方領主に仕える剛腕で知られた女性傭兵。
仕えている主は穏健な人物で、ゼノイラの侵攻に際しても民に手を出さない事を
条件に無抵抗で降伏したが、日々酷くなっていく搾取に対して我慢の限界に達し、
ベレニスを介してゼノイラに変わって自分の領地を任せられる人物を探していた。
アレインがそれに値するかを測るために模擬戦を行い、敗れた事で実力を認めると共に彼女も
解放軍へと加入する。
かつては灰青騎士団に所属する騎士でありクライブとは同僚の間柄だったが、ある事情で位を剥奪された過去を持つ。

  • ジェレミー
ドラケンガルド出身の傭兵で三毒傭兵団の団長。
「勝馬に乗るのだけは上手い」という自負を持っており、ゼノイラの侵攻にいち早く呼応して
多数の仕事を請け負い、傭兵でありながら騎士叙勲を受けた世渡り上手な男。
自分が成り上がるためには味方さえ躊躇無く使い捨ての駒にする卑劣漢に思われるが、
あくまでも「コイツなら盾にしても大丈夫だろう」という目論見の元で行っている節がある。
しかし、ゼノイラ側に就いても旨味が無い事を感じていた矢先、ドラケンガルドへと進出した
解放軍を目の当たりにし、その実力を試すために城塞都市アドプティで激突。
結果は敗北して処断もやむ無しという状況だったが、アレインの実力と人柄に将来性を見出し、
口八丁で自らを売り込んで解放軍へ加入する。

  • マゼラン
元流刑地であるドラケンガルドの砂漠地帯を拠点とする盗賊団の首領。
強盗や傭兵稼業を生業としているが、王宮の近衛騎士であるグロスタや
近隣の盗賊団とは良好な関係を築いており、粗暴な者の多い砂漠の民の中では
比較的思慮深い人物だった。
しかし、ゼノイラの侵攻を境に豹変し、その支配下に入ると同じ砂漠の民達に暴虐を働くようになる。
彼と旧知の仲だったオーバンはこれが支配の術によるものではと疑い、
アレインに浄化を依頼。彼が率いるゼノイラの軍勢を蹴散らした後に、
案の定、術で操られていた事が分かりアレインの手によって術から解かれ、その恩に報いるため解放軍に加わる。
オーバンとは顔を合わせる度に借金を返せと迫る気のおけない間柄。
自身が術で洗脳されていた間、変わりに盗賊団をまとめていたリーザは実の妹にあたる。

「旦那、追記・修正するか?」

→1.追記・修正する
 2.全消しする


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

+ タグ編集
  • タグ:
  • ユニコーンオーバーロード
  • ユニコーンオーバーロードクラス項目
  • マーセナリー
  • ランクツネヒト
  • 傭兵
  • 大剣
  • 剣兵
  • 剣士
  • ゴリラ
  • 物理特化

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年07月14日 04:14

*1 ちなみにベレンガリアも過去の回想ではマーセナリーだった事が分かるが、彼女のグラフィックは筋肉質ではない差分で描かれているこだわりようである。