前置詞
  • 名詞をともなって、後ろから主語を修飾する
  • FLOATによる影響を受けない
  • 主語に対応するもの自身は判定の対象にならない
  • 前置詞句の中に複数の物体を指定した場合、その全てが条件を満たすときに全体が真
  • 前置詞句の中に同じ物体を複数指定した場合、指定した個数分の物体が条件を満たすときに全体が真
  • 「NOT 前置詞」で条件を否定した場合、「A NOT 前置詞句」が真となるのは「A 前置詞句」が偽となる場合である
    • ただし、WITHOUT, FEELINGは例外

ON(上の)


A ON B
  • AがBと同じマスにいるとき真
    • 例. BABA ON GRASS IS DEFEAT(ババは草と重なるとき負ける)

NEAR(近くの)


A NEAR B
  • AがBと同じマスか周囲8マスの計9マスにあるとき真
    • 例. WALL NEAR BABA IS HEDGE(壁はババが近くにくると生垣になる)

FACING(正面の)


A FACING B
  • Bには名詞または方向がくる
  • Aが向いている方向に名詞Bがあるとき真
    • 例. BABA FACING WALL IS EMPTY (ババは壁を向くと消える)
  • Aが向いている方向が方向Bであるとき真
    • 例. BELT FACING RIGHT IS SHIFT (ベルトは右を向いているとシフト効果をもつ)

本編未使用語句
+...

WITHOUT(存在しない)


A WITHOUT B
  • レベル内にBが存在しないとき真
    • 自身は判定対象にならないため、A WITHOUT Aは真になりうる
A WITHOUT B AND C
  • レベル内にBもCも存在しないとき真
A NOT WITHOUT B AND C
  • レベル内にBもCも存在するとき真

ABOVE, BELOW, BESIDE←, BESIDE→(上側、下側、左側、右側)

A(xA,yA), B(xB,yB)とする。
ただし、(x,y)はレベルの左上を(1,1)とし、右に進むとx座標が増加、下に進むとy座標が増加

A Cond B
  • ABOVE : xA=xB ∧ yA<yBのとき真
  • BELOW : xA=xB ∧ yA>yBのとき真
  • BESIDE←: xA<xB ∧ yA=yBのとき真
  • BESIDE→: xA>xB ∧ yA=yBのとき真

FEELING(感じる)


A FEELING B
  • Bには形容詞のみがくる
  • Aが形容詞Bの属性をもつとき真
A FEELING NOT B
  • AがB以外の形容詞の属性をもつとき真
A FEELING B AND C
  • Aが形容詞Bと形容詞Cの属性をもつとき真
A NOT FEELING B AND C
  • Aが形容詞Bの属性も形容詞Cの属性ももたないとき真

最終更新:2021年05月30日 13:12