水上線

水上線 (みなかみせん・Minakami Line)は、群馬県多野郡上野村のぐんま上野駅と同利根郡みなかみ町の水上駅を結ぶ、ちばドリームエクスプレス(cdx)の鉄道路線である。
路線記号は WM


路線データ

水上線 Minakami Line
営業距離
(営業キロ)
--.- km
管轄 前橋支部(全線)
軌間 1067 mm
駅数 16 駅 (起終点含む)
平均駅間距離 -.-- km
複線区間 なし
電化区間 全線 (直流1500 V)
閉塞方式 特殊閉塞方式
保安装置 Digital ATC, ATS-G
運賃区分 地方線(特定区間)

路線概要

わくわくにしライン第1期開業区間で、2000年12月12日に開業。一番列車は2000年(平成12年)12月12日12時12分12秒に水上駅を出発した(これは井原鉄道の「平成11年1月11日11時11分11秒出発」を模倣したものである)。
関東山地をほぼ一直線に縦断する環状方向の路線で、レールのほとんどが山の中にある。これはかつて、同線が高速鉄道の実験線だったためである。路線の規格も新幹線並の高規格であり、ここをかつて運行していた特急列車は最高速度160km/hで疾走した。
特急列車が高速運転を行うため、保安装置はcdxの地方線では始めてDigital-ATCを採用したが、2011年3月17日よりATS-Gに切り替えた。
なお、 相模湖線と水上線では全区間でYuMeCaが使えない ので注意が必要。

運行形態

かつては定期の有料特急列車が運行されていたが、2012年3月17日のダイヤ改正で廃止した。現在は観光気動車特急と普通列車のみの運行である。
  • 運転間隔は1~2時間。
  • 全列車ワンマン運転を行っている。

車両

水上線営業所(群ミナ)所属のD100系気動車伊勢原車両センター(浜イセ)所属の16系0系電車を使用。
気動車は運行費用削減のため2012年3月17日のダイヤ改正より運転開始。最終的には現在運行している電車を全てD100系に置き換え、電化設備も使用停止する予定である。
かつては4系1250番台も使用していたが、D100系に置き換えられて定期運用を離脱している。

ラインカラー

ラインカラーは青緑色である。

歴史

  • 2000年12月12日 - 水上駅ぐんま上野駅間(水上線)開業。
  • 2012年3月17日 - 運行費用削減のため、気動車への置き換えを開始。

駅一覧・接続路線

  • 2012年3月17日改正
  • 全駅群馬県内に所在、前橋支部管轄。
  • ●は停車駅、◆は折り返す列車のある駅
  • 信号場を除く
水上線
駅間
キロ
営業キロ 駅番号 駅名 普通 接続路線・備考 所在地
大磯
から
ぐんま上野
から
0.0 WM01 ぐんま上野駅 WS 相模湖線(一部乗り入れ) 多野郡 上野村
WM02 上野楢原駅
WM03 南牧村駅 甘楽郡 南牧村
WM04 下仁田駅 上信電鉄線 下仁田町
WM05 上丹生駅 富岡市
WM06 妙義中里駅
WM07 松井田駅 東日本旅客鉄道: 信越本線 安中市
WM08 上後閑駅
WM09 安中榛名駅 東日本旅客鉄道: 長野新幹線(北陸新幹線)
WM10 上室田駅 高崎市
WM11 ぐんま倉渕駅
WM12 吾妻本宿駅 群馬郡 東吾妻町
WM13 川原湯温泉駅 (東日本旅客鉄道: 吾妻線) 吾妻郡 長野原町
WM14 四方温泉駅 中之条町
WM15 猿ケ京温泉駅 利根郡 みなかみ町
WM16 水上駅 東日本旅客鉄道: 上越線
駅間
キロ
大磯
から
ぐんま上野
から
駅番号 駅名 普通 接続路線・備考 所在地
営業キロ




最終更新:2011年11月19日 21:56