ヌカづけ◎日本語コンシューマ版「Fallout」wiki

Vault-Tec

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

Vault-Tec

Vault-Tecインダストリーはアメリカ合衆国と契約を結んでいた企業であり、グレートウォー以前にセーフハウス計画と呼ばれるVaultシステムの立案、製作に携わった。
本社はワシントンDCのダウンタウンに位置する。
初となったデモンストレーション型のVaultはロサンゼルスに建造され、その後瞬く間に国内の至る所で建造されていった。
Vaultは基本的に似たような作りをしているが、西海岸やDCエリアのように、ときおり異なったデザインをしている場合もある。

社会保全計画
Vaultは合衆国市民の安全を目標としておらず、と言うのも2077年における合衆国の総人口は約4億人で、合衆国が要求したVault数は40万を超え、それに対しVault-Tecが受注できたVaultの数は122しかなかった。
Vaultの真の存在理由は、国民の中から選定し、孤立主義のもとでストレスによる反応を研究することであり、あわれな当選者はまんまと実験施設の被験体として入植する事となった。この計画はエンクレイヴによるもので、この狂気の実験を立ち上げために、企業を利用したのだった。

歴史(これはFallout:Brotherhood of Steelを元に編集されたものであり、canonで議論された情報ではありません)
多くの主要軍事会社のように、Vault-Tecは財源と信用を成長させていき、高度な実験や技術の確保を展開し始めた。
ある時、Vault-Tecは軍事研究の極秘部門として完全に組み込まれ、政府の一部分といえる存在となった。
企業はいまだ民営化のいくつかの構成要素に留まっていたため、Vault-Tecの主脳部、研究部等のトップはvaultの真の目的、そして技術へ接触する事に気付く必要があった。
彼らはまた開発者でもあった。政府の指示にも関わらず、Vault-tecは故意に欠陥を作られた施設への居住に賛同するつもりなどなかった。
Vault-Tecは独自の施設を建設し、Vaultネットワークから隔絶し、合衆国から隠匿し続けた。
この施設は現在はSecret Vaultとして知られている。
 

Vault-Tecはそれだけに止まらず、この極秘施設で核戦争後の人類に役立つ最新技術の研究を行ってきた。
研究の中には強制進化ウイルス(forced evolution virus=FEV)も含まれていた。政府の管理下にあったVault87の場合とは異なり、Secret VaultでのFEV研究は政府から隠されたまま進められた。
Secret VaultのFEVは、当初の目的の成就し不妊を防ぐために大きく修正されたが、失敗する事となる。
他のVault-Tecの計画として、彼ら自身が利用するために独自のロボットシステム、特殊生物兵器、細胞再生における医学的調査、そして独自規格のパワーアーマーの開発・研究がある。