ヌカづけ◎日本語コンシューマ版「Fallout」wiki

インスティチュート・コーサー

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

インスティチュート・コーサー(Fallout4)

危険度 Move 装備 武装 防具 その他
★★★〜★★★★★★★ ☆☆☆☆ インスティチュートピストル
インスティチュートライフル
人造人間リレーグレネード
コーサー制服 スティムパック
ステルスボーイ

Lv. HP P 物理耐性 エネルギー耐性 放射能
毒耐性
XP 備考
インスティチュート・コーサー 15 250 8 80 65 無効 23
インスティチュート・コーサー 21 300 8 90 75 31
インスティチュート・コーサー 28 375 9 40
インスティチュート・コーサー 36 475 10 51
[インスティチュート・コーサー 44 550 10 63
インスティチュート・コーサー 52 675 10 150 130 74
インスティチュート・コーサー 60 750 10 160 145 86
インスティチュート・コーサー 70+ 750+ 10 180 165 100
※数値はFallout 4 Vault Dweller's Survival Guideより転載
※上記の防御力は素の防御力にコーサー制服(DR+30 ER+15)の防御力を足したもの。

インスティチュートのエージェント。戦闘特化の第3世代のシンスで、脱走した人造人間の回収とそれに伴う障害の排除が主な任務。
メインクエストで初めて会う事になるが、その時はバージルから散々脅され、一人でガンナーの本拠地を壊滅させている怪物的描写がされている。
黒づくめの出で立ちと無感情な話し方も相俟って強敵感満載でプレーヤーの前に登場してくるが、戦ってみると大して怖い相手ではない。
ステルスボーイを使ってくるため戦いづらいのは確かだが、それ以外は至って普通。武器が第一世代と同じで、特にタフさがある訳でもないので、落ち着いて対処すればどうにかなってしまう。
ステルスボーイを使う敵は過去作にも居たが、3のクリムゾン・ドラグーン、NVのナイトキンナイトキン・マスターユリシーズなどと比べると足元にも及ばない怖さ。
更に今作にはアサルトロン・ドミネーターと言う危険度MAXの難敵が居るので、一層霞んでしまってる印象が拭えない。
設定上ではレールロードが特に恐れている存在で、コーサー一人の出現を確認しただけで重要拠点を放棄するなど、本来は断固回避すべき対象なのだが、前述の通り実際の仕様とは大分差がある。
コンパニオンとなるX6-88も類に漏れず、連邦を一緒に歩いているとBOSの巡回にケンカを売っては返り討ちに会ってる事がしばしば。
また、レールロードのミニクエストで名無しのコーサーを倒しに行くものがあるが、インスティチュートと敵対しない限り彼らはプレーヤーを味方と認識している為、対処が更に容易。

ただし、クエストDefend the Castleでは複数登場し、人造人間の群れとともに波状攻撃をしかけてくる。乱戦時にステルスボーイを使ってウロウロされるとさすがに厄介なのであまり舐めて掛かると痛い目にあう事もあるかもしれない。

ストーリーを進めると、フィールド上に野良で出現するようになる。しかしこの個体はピストルとオートマッチック銃の威力4倍と超精密射撃能力を持っている事があり、BOSの部隊を単独で壊滅させたりと設定通りの強さを持っている事があるため要注意。

Variable Removalで出会うタイプは倒すと自動的に人造人間リレーグレネードを発動させ人造人間を呼びよせる。
記事メニュー