仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット


バーストライズ2弾

カードナンバー BS2-013 レアリティ LR ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 1350 ボウギョ 550 タイリョク 3750
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト4 ひっさつ 2000
スロット G 90 銃 80 蹴 70 蹴 60 蹴 60 銃 60
アビリティ ①1R毎、相手よりRPが少ないと、必殺+500 テクニカルゲージがアップ
②テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、1度だけ、このRのみ、相手のミガワリを封印
ライドバースト 仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット
ステータス コウゲキ 1850 ボウギョ 750 タイリョク 3750
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト10 ひっさつ 3750
スロット G 100 銃 80 蹴 70 蹴 70 蹴 70 銃 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+2500 相手のカウンター発生率を超ダウン さらに、テクニカルバトルに勝っていたら、相手の体力-1000 ガッツ率を超ダウン
解説 第6話で登場したバルキリー第2のフォームがおもちゃスキャンでの先行登場を経てLRで参戦。
…だが、今回は前回LR同様に微妙な物となっており、今回は元となったハチの特性に加えて変身者である唯阿本人の信条と本編での立ち回りまでも再現してかピーキーなスペックを持って登場となった。まずアビリティ1つ目はというと相手よりRPが少ないと1ラウンド毎に必殺+500とテクニカルゲージアップの効果。対戦相手がラウンド1からRP+アビリティ持ちならばスタート時から生かせるが、それは全国対戦や一部のモードでの話。通常のライジングバトルマップや難易度次第ではRP+アビリティを発動してこない(または持ってない)ため、生かしにくい。しかもその発動条件が厳しい割には前回LR同様に1メモリアップだけというのは現在の環境では最早ノーマル相応であるのが欠点。2つ目はテクニカルバトルパーフェクト勝ちで1度だけ相手のミガワリをそのラウンドに限り封じる…という物だが、パーフェクト勝ちかつ1度だけという事。つまり相手に先攻を取られた状態でテクニカルバトルでパーフェクト勝ちするとカウンターでも出ない限り以降はもう発動できないとリスクが強い。そこでAPアップ…と言いたいが、元が蜂という速さに優れた生き物なのにも関わらず、前回と違い自力でのAPアップを持っていないとイマイチ。よって仲間はAPアップ持ちを募っておこう。
バーストアビリティは必殺+2500と相手カウンター超ダウン、そしてテクニカルバトル勝ちでバーストすれば相手体力-1000、ガッツ率超ダウンとタイプがブレイカータイプな事もあり、カウンターで逆転を狙うような効果ではあるが、前述したアビリティの発動条件に加えてステータスはあのWファングジョーカーと同様にバースト前防御は550(バースト後はそれよりマシになるが、それでも750と低レア並み)。このためか、カウンターを発動させようにもその低い防御が仇となって一気に競り負けて敗北…という事にもなりかねないのも痛い。
アイコン割り振りもキック3、銃2かつ割り振りはキック3個が中央に固まっている事もあり、どちらかと言えばキックの多いカードと組むのが得策か。
カードナンバー BS2-014 レアリティ R ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 1000 ボウギョ 600 タイリョク 2700
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト3 ひっさつ 1350
スロット G 90 銃 80 銃 70 蹴 70 銃 60 蹴 50
アビリティ ①1R毎、相手よりRPが少ないと RP+1 オイウチ効果・発生率アップ
ライドバースト 仮面ライダーバルキリー ラッシングチーター
ステータス コウゲキ 1150 ボウギョ 900 タイリョク 2700
必殺技 ラッシングシュートライザー コスト5 ひっさつ 2800
スロット G 90 銃 80 銃 80 蹴 70 銃 70 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+800 バーストゲージの上昇率アップ
②バーストした次のR開始時、スロットアイコンのAPを全て+20
解説 こちらはパンチングコングのバルカン同様、新フォームから基本フォームに戻る構成。
ただしアビリティはLR同様にRP少ない条件指定なのがネック。バーストアビリティも何故か前回Rの使いまわしとなっている(一応タイプとアイコンは違うので必殺はこちらが上だが…)。
カードナンバー BS2-066 レアリティ CP ライダータイプ ジャマー
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 800 タイリョク 2950
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト3 ひっさつ 1500
スロット G 90 銃 80 銃 70 蹴 70 銃 60 蹴 50
アビリティ ①APバトルの合計値が230以上のとき、必殺+300 スロットアイコンのAPを全て+10 さらに、合計値が270以上だと、このRのみ、相手全体の防御を半分
ライドバースト 仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット
ステータス コウゲキ 1250 ボウギョ 1000 タイリョク 2950
必殺技 スカイ・ホーネットブラストフィーバー コスト6 ひっさつ 3500
スロット G 90 銃 80 銃 70 蹴 70 銃 60 蹴 50
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+1500 テクニカルゲージがアップ さらに、APバトルに勝っていたら、テクニカルゲージがアップ 相手のミガワリ発生率を超ダウン
解説 アニマライズインパクトCP11枚目かつスカイ枠としては3番手として収録。
アビリティはAP合計値230以上があると必殺+300、スロットアイコンAP+10に加えて合計値が270以上ならば同ラウンドに限り防御半減の効果。そこまで強くないように思えるが、実は今弾のライトニングホーネットのカードの中でアビリティの発動条件が厳しくなく尖ったステータスを持つLRと比べるとこちらは防御が900あるので、ステータスバランスではこちらが上。
バーストアビリティは必殺+1500、テクニカルゲージアップに加えてAPバトル勝ちでバーストすればもう1回テクニカルゲージアップと相手のミガワリ発生率を超ダウンさせられる…が、次ラウンドのみオイウチ・ミガワリを封印するジャマータイプなので、やや勿体ない気がするが…

バーストライズ3弾

カードナンバー BS3-013 レアリティ SR ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 700 タイリョク 3100
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト3 ひっさつ 1900
スロット G 90 拳 90 拳 70 蹴 60 拳 60 蹴 50
アビリティ ①1番目にカードを出したとき、攻撃+300 AP+10
②3番目にカードを出したとき、1度だけ このRのみ、相手のミガワリを封印
ライドバースト 仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット
ステータス コウゲキ 1400 ボウギョ 1100 タイリョク 3750
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト8 ひっさつ 3100
スロット G 90 拳 90 拳 70 蹴 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+1500 オイウチ発生率をアップ さらに、APバトルに勝っていたら、相手のミガワリ発生率を超ダウン
解説 順当にSR落ち。ただしLRと違って素手統一(ラッシングチーターのLRが素手、前回のSRが銃持ちだったためその逆パターン)で収録となった。前回LRはレアリティこそはLRなのにそれに見合わないアビリティでイマイチすぎたためか、今回も多少は難あれど順番指定と手軽な物となった。
1番か3番のどちらかでカードを出す事で発動する事で、1番目に出した場合は攻撃+300とAP+10、逆に3番目に出すと前回LRと同じ1度だけのそのラウンドに限りのミガワリ封印の効果が付く。前回は負けた際にテクニカルバトルでパーフェクトになるとカウンターでも出ない限りは無駄なままで終わってしまうオチであるため、こちらはやはりカウンターは必須となってしまうもののそれでも順番指定になってるだけで何処で出すかがカギとなる…が、1番も3番も現状これらのカードが沢山いるため、それらと一緒に使ってしまうとバッティングしてしまう危険が大きい。よってチームを組む時は同じ順番指定持ちを入れないという手もある。
バーストアビリティは必殺+1500とオイウチ発生率アップ、更にAPバトル勝ちすれば相手のミガワリ発生率超ダウン。が、ミガワリ発生率に関しては若干表アビリティの封印と被ってしまうがバースト後は何も無いので、それのフォローと考えても良い。総じてやはりバッティングしやすい1番及び3番指定という欠点はあれど、LRよりは安定して使えるかもしれない。ただしアイコンが異なるので、アイコンを考慮するならば素手統一で組むのもアリだろう。
カードナンバー BS3-064 レアリティ CP ライダータイプ チェイン
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 950 タイリョク 3200
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト3 ひっさつ 2150
スロット G 90 蹴 80 銃 70 蹴 70 銃 60 銃 50
アビリティ ①AP+10 銃アイコンのAP+5
②APバトルの合計値が250以上のとき、このRのみ テクニカルゲージが超アップ
ライドバースト 仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット
ステータス コウゲキ 1250 ボウギョ 1200 タイリョク 3200
必殺技 ライトニングホーネットチェインインパクト コスト7 ひっさつ 3100
スロット G 100 蹴 100 銃 70 蹴 70 銃 60 銃 50
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+2000 相手のカウンター発生率をダウン さらに、相手より体力が多いと、相手の体力最大-1500
解説 プログライズインパクト?CP9枚目としても収録。
一部除き本CPの共通として1つ目のアビリティはAP+10と指定アイコン(バルキリーは銃アイコン)に限りAP+5が付く効果持ちで、2つ目のアビリティで差別化する本CP。このバルキリーはAP250の合計値が必須だが、発動出来ればその場限りのテクニカルゲージ超アップの効果。前回CP同様に合計値必須なのは変わりは無いものの、これでも非常に安定しておりテクニカルゲージリセット対策が出来るのでかなりの強さを持つ。
反面、バーストアビリティは必殺+2000、相手のカウンター発生率ダウンに加えて体力が多い状態でバーストすれば体力-1500も削れる…が、最大の文面付きなので下手すると一切効果が出ずに終了する事もあるので要注意。

プロモーションカード

カードナンバー PBS-036 レアリティ N ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 650 タイリョク 2000
必殺技 ライトニングブラストフィーバー コスト2 ひっさつ 1900
スロット G 90 銃 90 蹴 70 銃 60 銃 60 蹴 60
アビリティ ①2番目にカードを出したとき、攻撃+300 カウンター発生率がアップ
ライドバースト 仮面ライダーバルキリー ラッシングチーター
ステータス コウゲキ 950 ボウギョ 950 タイリョク 2000
必殺技 ラッシングブラストフィーバー コスト5 ひっさつ 2650
スロット G 90 銃 90 蹴 80 銃 70 銃 60 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、チームにテクニカルタイプがいると、必殺+1200 ゲキレツアイコン+1
入手方法 仮面ライダーゼロワン フィッシュソーセージ第2弾
解説 ソーセージ第2弾にて早速収録。一見、BS2-014と同構成…と思いきや、アビリティを変えただけの単なる使い回し収録ではなくバースト先のラッシングチーターはBS2弾SR落ちして間もないラッシングブラストフィーバーが収録されており実質プロモであるがラッシングブラストフィーバーが筐体排出に先駆けてN落ちとなった。
能力はブレイカータイプの攻撃面を重視しているためか、アビリティとタイプボーナスで早期バーストしても攻撃は2150となる。ただバーストアビリティはテクニカルタイプ必須での発動となるため、出来るならあと1枚はテクニカルタイプで組むのを推奨か。ただそれを差し引いてもライトニングホーネットのカードの中ではアニマライズCPに次いで強めのカードだ。




ガンバライジングデータ

登場作品:「仮面ライダーゼロワン」

刃唯阿/仮面ライダーバルキリーがホーネットプログライズキーを使用してフォームチェンジしたバルキリー第2の姿。第6話より初登場。

基本フォームであるラッシングチーターの弱点であるパワーの無さと空中戦が弱い点を解消した姿で、蜂を模した電撃弾「ヘクスベスパ」を使用しての行動や背中の羽「ホーネットエール」を展開しての空中戦を得意とする。そのため空中戦かつショットライザーとヘクスベスパを使用しての手数で圧倒するスタンスを取る。

必殺技はエイムズショットライザーを操作して必殺モードを発動。つま先に稲妻を纏った鋭い針ライトニングニードルを生成し、ライダーキックをしながら針を敵に突き刺す「ライトニングブラストフィーバー」。