決めろメモリアルフィニッシュ!~超絶ウィークリーバトル~


  • バーストライズ4弾限定であり、週替わりで登場するボスキャラと戦うモード。CPUと戦うが、それまでとは違うバトル内容とルールで勝負する。
  • 難易度は「ふつう」・「むずかしい」・「ゲキムズ」・「超ゲキムズ」(ただし超ゲキムズは特定条件で解禁)

特殊ルール・バトル内容

  • 今までのバトルとは違い、3対1のバトルとなっているがボスは1人とはいえスロットは3人分も合わせており、強力な相手となっている。
  • 普通に発動するアビリティに加えて「特殊アビリティ」を装備しており、ボスが発動する効果はそれぞれ異なる。ただしそのボスには弱点が存在(例:サウザーならば「仮面ライダーゼロワン」のライダー)し、弱点のライダーを入れておくと特殊アビリティの発動を阻止できる。
  • またテクニカルバトルで負けてしまうと更なる追加条件としてこちらにペナルティが課せられる。
  • ラウンド3終了までもつれ込んだ場合は敵が超強力な必殺技を発動し、必ず99999ダメージを受けるため、プレイヤーの強制敗北となる。ただし、高難易度になると流石にクリアしづらくなるのか、以前あった「ゲキトウ!アナザーライダーロード」などにあった継続的な体力ゲージとなっており、そのプレイで負けたとしても 相手にダメージを与えていれば、次の戦いでは相手は減った体力からスタートするようになっている。
    • ただし、これが適用されるのは同じ相手で同じ難易度だけであり、同じ相手でも難易度を変えるか、対戦する相手を別の相手に変える場合はその条件はリセットされるため、要注意。(選択時にゼロワンからの警告メッセージが入る)
    • また元々持っている特殊アビリティ以外に別の特殊アビリティを持っており、その条件が「継続バトルで2回以上プレイ」。この状態で相手を倒すと強制的に相手がライダーガッツ発動となるが、その代わりに相手のスロットが大幅に弱体化する物。ただしこれ以前にゲキレツキーが増えていた場合、その後でゲキレツインパクトを出されて逆転という事にもなりかねない。この特殊アビリティもその弱点のライダーを使えば阻止可能。
  • 勝利する毎に「ボスチケット」が手に入り、特定の枚数まで集める事でそれぞれ要素が解禁されていくという現行シリーズの最終弾である6弾で行われる次弾(新シリーズ)への引き継ぎシステムと同じでこれを集めていくと特定の枚数でEXボスと戦える。

難易度による体力リスト

難易度 体力
ふつう 15000
むずかしい 18000
ゲキムズ 20000
超ゲキムズ 30000

難易度によるボスチケットの枚数リスト

難易度 ボスチケットの枚数
ふつう 5枚(増加時は8枚)
むずかしい 6枚(増加時は9枚)
ゲキムズ 13枚(増加時は20枚)
超ゲキムズ 30枚(増加時は45枚)

ボスチケットによる報酬リスト

難易度 報酬
1枚 ライダーアイテム「プログライズホッパーブレード」
10枚 ライズコネクター「飛電用必殺型コネクター(☆5)」
25枚 ライズコネクター「エイムズ用防御型コネクター(☆5)」
50枚 ライズコネクター「滅亡迅雷用攻撃型コネクター(☆5)」
難易度「超ゲキムズ」解放
75枚 ライズコネクター「ザイア用オイウチ型コネクター(☆5)」
100枚 ライズコネクター「エイムズ用攻撃型コネクター(☆5)」
EXボス「仮面ライダーダークカブト」開放
150枚 ライズコネクター「滅亡迅雷用必殺型コネクター(☆5)」
200枚 ベルトシステム「ザイアスラッシュライザー」
250枚 ライズコネクター「」



相手リスト

3/19~3/25

ステージ 相手
1-ボス 仮面ライダーサウザー(トリッキー)
報酬 称号「ライジングインパクト!」
特殊アビリティ(ふつう・ゲキムズ) 真ん中レーンのキャラの攻撃・防御・必殺を1000吸収
特殊アビリティ(むずかしい・超ゲキムズ) 真ん中レーンのキャラの攻撃・防御・必殺を1500吸収
弱点 仮面ライダーゼロワン
発動アビリティ(むずかしい) ①1ラウンド毎、テクニカルゲージアップ 相手ミガワリ率超ダウン
②APバトル終了後 相手より体力が少ないとAP+20 テクニカルゲージアップ
発動アビリティ(ゲキムズ) ①APバトル中、防御+300 全スロット+10 剣アイコンに止めていたら剣アイコン+10 オイウチ発生率アップ
発動アビリティ(超ゲキムズ) ①1ラウンド毎、次のラウンドまで必殺+300 AP+10 剣アイコンのAP+5
②APバトルに勝ったとき、バーストゲージ上昇率超絶アップ 相手全体の防御-300
考察 やはり現行ライダーからはサウザーが登場。なお難易度「ふつう」は特殊アビリティを発動する事以外は何もしてこない…と、アイコンや技が違うだけで全ライダー共通なので省略。「ゲキムズ」は共通して全員RP+5で開始、「超ゲキムズ」も全員ライジングパワーRP+10&バーストゲージ超アップ、スロットが3.5倍強化だけは共通して開始。
「むずかしい」はアビリティを発動してくるのはほとんどの場合①だけではあるが、負けた後の体力継続でプレイすると発動してくる事を踏まえるとトリッキータイプ封印を使って抑えたい。「ゲキムズ」は特殊アビリティが「ふつう」と同じに戻ったが、開始時からRP+5をしておりアビリティを発動するとただでさえ厳しくなる。よってトリッキータイプ封印は引き続き使用したい。
「超ゲキムズ」では前述した共通効果に加え、サウザーの場合は追加でテクニカルゲージ超絶アップでの3メモリとやはり勝率1000%だけに特化しており、トリッキータイプ封印も全く意味が無いとほぼ勝つのは難しい。よってカウンターデッキで反撃し、継続しながら削って行こう。
ステージ 相手
2-ボス 仮面ライダーエターナル(テクニカル)
報酬 称号「ジョーカーエクストリーム!」
特殊アビリティ 1ラウンド毎、相手のテクニカルゲージリセット(全難易度共通)
(「むずかしい」からカウンター発生率ダウンが追加、「ゲキムズ」はカウンター発生率超ダウン、「超ゲキムズ」はカウンター発生率超絶ダウンに上昇)
弱点 仮面ライダーW
発動アビリティ(むずかしい) ①APバトルに勝った時、攻撃+200 バースト上昇率アップ
発動アビリティ(ゲキムズ) ①1ラウンド毎、次のラウンドまでバースト上昇率超アップ テクニカルゲージアップ
②APバトル終了後バーストゲージアップ テクニカルゲージアップ
発動アビリティ(超ゲキムズ) 「①1ラウンド毎、パンチアイコンのAP+10 キックアイコンのAP+5 コスト-1
考察 2番目のボスはエターナルが登場。どの難易度でもテクニカルゲージリセットを持っているが、難易度が上昇する度にカウンター発生率ダウンの効果が上がっていく。必ずWのライダーを加えておきたい。
「むずかしい」は最初からAP+20を付けているが、肝心のアビリティは低レア並みなのでまだ楽な分類。「ゲキムズ」はAP+5に下がった代わりにアビリティがテクニカルゲージを重点に置いた形となったため、リセットされないようにWのライダーを加えて差を付けられないようにしたい。
「超ゲキムズ」では前述した共通効果に加え、エターナルの場合はパンチアイコンとキックアイコンにAPが増えつつ、コストが-1下がっていくとやはり厄介。しかし対照的にテクニカルゲージが1段階しか上げていない事を踏まえると特殊アビリティ阻止要因としてWのライダーを加えてのカウンターデッキで挑みたい。そう考えるとサウザーよりはいくらかマシな相手と言える。
ちなみにこのエターナルはメモリアルフィニッシュで実装されたマント装備版、よってバースト必殺技は「エターナル マキシマムドライブ」を使用してくる。RT6弾メモリアルフィニッシュを持っていない場合はここで見る事ができる。

3/26~4/2

ステージ 相手
1-ボス 仮面ライダー雷(パッション)
報酬 称号「シャイニングメガインパクト!」、ベルトシステム「滅亡迅雷フォースライザー」(BS2弾未収得のプレイヤーに限り)
特殊アビリティ(ゲキムズ以前) 相手のテクニカルゲージダウン
特殊アビリティ(超ゲキムズ) 相手のテクニカルゲージ究極ダウン
弱点 仮面ライダーゼロワン
追加アビリティ(むずかしい) ①1ラウンド毎、このRのみ、AP+20 相手のテクニカルゲージスピードアップ
②自分チームの必殺技が発動したとき、AP+10 テクニカルゲージスピードダウン
追加アビリティ(ゲキムズ) ①1ラウンド毎、攻撃・必殺+300 AP+10
②自分チームの必殺技が発動したとき、防御+200 相手のカウンター率ダウン
追加アビリティ(超ゲキムズ) ①1ラウンド毎、次のRまで、必殺+500 AP+10 バーストゲージ上昇率アップ
②テクニカルバトルに勝ったとき、必殺+500 相手体力-1500
考察 同弾CPで登場した雷が早くもボスバトルで登場。
「むずかしい」は地味にAPを上げてくるが、パッションタイプのアビリティ封印を使っておけばかなり安定しやすい。「ゲキムズ」も同じくAPを上げてくるが、元々スロットも高めの数値なのでAP蓄積は抑えたい。特に後半になるとなおさらだ。「超ゲキムズ」は特殊アビリティのテクニカルゲージダウンが究極ダウンにパワーアップかつこちらはテクニカルゲージ超アップ(2メモリ)をしているので、やはりパッションタイプのアビリティ封印とゼロワンのライダーを入れる事は必須となる。
ここで登場する雷はカード化されていないヴァルクサーベル装備(それに合わせて剣アイコン)、それに合わせたかでカードの技とは違い下位技「ゼツメツ電撃カット」、バースト技に「ゼツメツユートピア」を使用してくる。勝利報酬は称号だが、BS2弾でゲットできなかった人のために「滅亡迅雷フォースライザー」の再チャンスゲットが可能。
ステージ 相手
2-ボス ハートロイミュード(アタッカー)
報酬 称号「スピードロップ!」
特殊アビリティ(むずかしい以前) 相手のテクニカルゲージスピードランダム
特殊アビリティ(ゲキムズ以降) 相手のテクニカルゲージスピードランダム
テクニカルゲージアップ(超ゲキムズではテクニカルゲージ超アップ)
弱点 仮面ライダードライブ
追加アビリティ(むずかしい) ①1ラウンド毎、このラウンドのみ攻撃・防御+500 テクニカルゲージアップ
②APバトル終了後、オイウチ発生率・バーストゲージアップ
追加アビリティ(ゲキムズ) ①APバトル終了後、一度だけ、攻撃、防御+600 テクニカルゲージアップ
①必殺+2000 スロットのAP+20 1ラウンド事、テクニカルゲージ、バーストゲージアップ(バーストアビリティ)
追加アビリティ(超ゲキムズ) ①1ラウンド毎、攻撃・必殺+2000 AP+10 RP+3 全てのチームのガッツ率を超絶ダウン ただし、体力-2000
考察 もう1人の相手はハート。
「ふつう」、「むずかしい」はまだ様子見という形で、「ゲキムズ」はある程度、「超ゲキムズ」は本気を出したかでデットヒート状態を再現。また「ゲキムズ」は初のバーストアビリティを持っており、ラウンド1の時点でテクニカルゲージ超絶アップ扱いにしてくる。ただしAPだけは+5のままなので、ドライブのライダーを加えつつアタッカー封印でテクニカルゲージを最小限に抑えたい。
…が、超ゲキムズは一転してアタッカータイプのアビリティ封印を使わない方が無難。何故ならば1ラウンド毎に自分の体力を-2000も削るデメリットを備えているため、火力やガッツ率低下を抑えるためにこれを封じると-2000のデメリットが発動しなくなるので、こちらが不利となってしまう。この手のデメリットは寧ろこの手のモードの高体力の相手に対しては願ってもない好機とも言えるので何度もチャレンジし、少しずつ体力を削っていこう。

4/2~4/8

ステージ 相手
1-ボス 仮面ライダークロノス クロニクルゲーマー(ジャマー)
報酬 称号「マイティクリティカルストライク!」
特殊アビリティ テクニカルゲージ必ずパーフェクト止め
テクニカルバトル制限時間短縮
(「むずかしい」からテクニカルゲージアップが追加、「ゲキムズ」はテクニカルゲージ超アップ、「超ゲキムズ」はテクニカルゲージ超絶アップに上昇)
弱点 仮面ライダーエグゼイド
追加アビリティ(むずかしい) ①テクニカルゲージゲージアップ 相手オイウチ発生率ダウン
②テクニカルバトルでパーフェクトに止めていたとき、必殺+300 相手の体力-500
追加アビリティ(ゲキムズ) ①攻撃+300 テクニカルゲージアップ チーム全体のゲキレツアイコン+1
②APバトルに負けたとき、防御+300 テクニカルゲージアップ バーストゲージ超アップ
追加アビリティ(超ゲキムズ) ①1ラウンド毎、このRのみ、必殺+500 AP+15
②テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、このRのみ、必殺を2倍
考察 一方、2番目に公開されたのはクロノス。特殊アビリティは時間操作で必ずテクニカルゲージを止めてくるのと時間を短縮(その時間は2秒までダウン)してくるなど非常に厄介。エグゼイドのライダーを組み込んで阻止したい。「むずかしい」以降になるとテクニカルゲージアップまで仕掛けてくるのでなおさらだ。
「むずかしい」ではAP+10を加えており、こちらが差をつけて勝っていようとパーフェクト止めされれば体力-500を必ず受けるので注意。「ゲキムズ」はAP+5とアビリティがやや控えめ…と思わせて、実は超ゲキムズよりも厄介な相手でゲキレツ増やしをしているためほぼゲキレツインパクトを出される危険性が大きい。持ってるならゲキレツキー消去のライズコネクターを装備しておきたい。「超ゲキムズ」は一転してテクニカルゲージ型となっており、当然蓄積もしてくる。もちろんAP面もスロット3.5倍補正とAP+15とこちらもただでさえ厳しい。やはりエグゼイドのライダーを加えて阻止するのが無難か。
余裕があるなら本弾メモリアルタッグフィニッシュのエグゼイドムテキゲーマーかパラドクス(パラドクスならパラレルレアがあるのでそちらを使えば劇中を完全再現できる)を使用して原作40話を再現してみるか、BM3弾メモリアルフィニッシュのエグゼイドレベル2で原作最終回も再現するのも一興。
ステージ 相手
2-ボス ン・ダグバ・ゼバ(フィニッシャー)
報酬 称号「空我」
特殊アビリティ ラウンド1のみプレイヤーチームのアビリティ発動封印
ラウンド2以降、AP+30
弱点 仮面ライダークウガ
考察 公式Twitterで超絶ウィークリーバトルの2人の新ボスが紹介されたが、その1人目はクウガ20周年記念として、クウガ原作のラスボスがまさかのガンバライジングのボスキャラとして降臨。更に原作で演じた浦井健治氏による本人ボイスも実装して登場となった。ちなみにボス専用キャラで本人ボイスが付くのはドライブ弾現行時のハートロイミュード以来となる。
特殊アビリティは原作でクウガアメイジングを圧倒したのを再現、もしくは最終決戦の殴り合い直前のシーン再現でこちらのアビリティを封じてくる上にラウンド2以降、AP+30が付くのでクウガを入れて阻止したい。再現したいのならアルティメットフォーム…だが、現時点ではインフレで使えるカードが少なく、逆にすぐに敗れたはずのアメイジングマイティが多用されているのは何の皮肉か…。なお「仮面ライダーディケイド」の仮面ライダークウガ(小野寺)はクウガであっても出典作品が違うためか、アビリティ阻止発動演出は発生しないので注意。

4/9~4/15

ステージ 相手
1-ボス ロード・バロン(アタッカー)
報酬 称号「無頼キック!」
特殊アビリティ 毎ラウンド、プレイヤーのスロットとAPをリセット
弱点 仮面ライダー鎧武
考察 特殊アビリティを抑えるには鎧武系のライダーを入れる必要があるが、残念ながら鎧武系のライダーのカードは旧弾の物が多く、現在ではインフレで遅れを取ってしまう。しかし現行水準では辛うじてRT6弾のMOVIE大戦フルスロットルの再現(鎧武、龍玄、斬月・真)があるので、いずれかを入れたい。本来ならばこの時点でバインダーセット第3弾のバロンのLRが使えたのだが、諸事情でバインダー第3弾が延期となってしまったため使えないのも痛い。

EX

ステージ 相手
1-ボス 仮面ライダーダークカブト(トリッキー、最初はマスクドフォームで登場。一定の体力以下でライダーフォーム、ネイティブワーム形態に変化)
報酬 称号「天の道」
特殊アビリティ(マスクドフォーム) 必殺技のダメージ-25%
特殊アビリティ(ライダーフォーム) 攻撃・必殺+3000 相手のテクニカルゲージスピードが究極アップ
特殊アビリティ(ネイティブワーム) 攻撃・防御・必殺-500
弱点 仮面ライダーカブト
考察 解禁条件はボスチケット100枚。これを制すとダークカブトが相手となるのだが、今回は何とプレイヤーはLRスキャン演出のみで一瞬しか見れず、未だにカード化されていないマスクドフォームで開始となる。更にそれだけで無く途中でライダーフォームにキャストオフするのだが、それ以上に体力を大きく下げればマスクドフォームに続き、サプライズ参戦としてネイティブワームへと変化する。
…と、このようなサプライズ参戦ではあるものの、肝心のダークカブトのアビリティは「①1ラウンド毎、AP+5 テクニカルゲージ超アップ②テクニカルバトル終了後 必殺+500 相手のテクニカルゲージダウン」と厳しく、更にライダーフォームにキャストオフするとクロックアップの再現でテクニカルゲージスピード究極アップまでやってくるので、必ずカブトのライダーを1人でも入れておきたいところだ。ネイティブワームになると弱体化するが、それでもアビリティは変わらずなので出来るならトリッキータイプのアビリティ封印持ちを加えておくと良いだろう。
なおEXの難易度は超ゲキムズ(体力:30000、スロットが3.5倍強化の補正付き)固定となる。