ゴルギアの時代(-じだい、檀語ile-spash kun-tasht i-tompli)とは、元ボルガード人武装勢力「ゴルギア」によるテロリズムが横行していたシンテーア暦1641年から1658年までの時期のことである。


概要

 ゴルギアの時代大宇宙連合会議が発足してからシンテーア暦18年ほどで訪れた。当時は諸国同士による条約、協定などはあったが、大宇宙の国際情勢を動かすほどの派閥は存在していなかった。それぞれの国がまだ国際社会の上で手探り状態であったのである。

主な出来事

シンテーア暦1547年
 エルミア革命及びグロスクロイツ共産主義革命によってエルミア帝国が崩壊しゲルデン宙圏やラヴェルト宙圏の各地で新たな政府が樹立されたが、一方で旧ボルガード宙域ではタプナパキ王国を除いて国家は誕生しなかった。これは、エルミア帝国時代のボルガード人は奴隷身分だったこともあり、感染症の流行や飢餓によって人口が約37億人ほど減少したことと、エルミア帝国の政策によってゲルデン宙圏などをはじめとしたあらゆる惑星に強制移住させられたことが原因であると考えられる。このようにして民族的団結がスムーズに行われなかったため、ボルガード人国家の誕生がないまま旧ボルガード宙域は極度の混乱状態にあった。
 一方の革命連合とその主導的立場にあったエルミア共和国はそれぞれの国の復興と経済成長を優先した。

シンテーア暦1550年代
 この頃、ようやく旧ボルガード領で革命戦災の復興が行われ始める。各地の指導者たちはインフラの立て直しに注力した。

シンテーア暦1556年
 1556年にエルミア共和国主導の下、革命連合各国首脳を集めて行われた「ゾラック会談」にて「旧ボルガード領の保護、発展、経済的充実を各国協同で行う」ことが決定された。しかし、このゾラック会談の内容は事実上の分割統治であり、福祉的人道的「保護」とはかけ離れたものであった。ベリオン共和国やエルミア共和国、グロスクロイツ社会主義共和国連邦はボルガード人を徴用し、旧ボルガード領惑星の各地で資源採掘や加工品工場での強制労働が行われた。過酷な労働の中でボルガード人は労働災害や過労、安全とはいえない職場での事故で彼らの2割が命を落とした。質素な食事や不衛生な環境下で労働させられていたことから、革命連合の人々からボルガード人は不潔で卑しいイメージを持たれ、不条理な侮辱や虐待が横行するなどボルガード人差別が深刻化していた。ボルガード人蔑視の風潮は更に高まり、革命連合各国にかつて強制移住させられたボルガード人に対してもそのように扱った。
 旧ボルガード領では、自然環境を無視した資源採掘が進められたために、鉱山プラントでの落盤や鉱毒などでボルガード人は更に追い打ちをかけられた。17世紀になるまでに革命連合の分割統治によって旧ボルガード領の資源は採り尽くされ、ほぼ枯渇状態となった。そのため、革命連合諸国はベリオン=リーエス戦争が勃発する1606年までに旧ボルガード領から撤退していった。

シンテーア暦1641年
  • 武装勢力「ゴルギア」による大宇宙連合会議への国家承認要請。大宇宙連合会議国家認定委員会はこれを拒否し、反社会的勢力と認定。
  • ダクラーシュ民族評議会、「特定の反体制派勢力」に認定。毅然と抗議する。
  • ゴルギア、ダクラーシュ民族評議会第一議長を暗殺
  • ゴルギア、ドルムント公官庁にテロ。エドガー最高議長が負傷するなどの惨事に見舞われる。これに激怒したミラ・フローレン元帥が公式声明で「くたばれ」を表すハンドサインをするなどの挑発的な公式声明を行う。なお、このハンドサインの意図がよくわからなかったゴルギアは以降犯行声明にこのハンドサインを多用する。

シンテーア暦1642年
  • ヴァルエルクの軍事的介入。ベリオン領ボルガードに強襲上陸。ボルガード人を虐殺する。しかし、ゴルギアの敵愾心を煽ったのみで、ベリオンと国交悪化を招く結果に終わる。
  • ゴルギア、報復行為としてドルムント共和国ヴァルエルク大使館を爆破。

シンテーア暦1643年
  • ゴルギアによるレーウス星同時多発テロ。
  • ニーネン=シャプチのゴルギア勢力「新世界」誕生。破滅主義者。
  • ヴィッテンクレイルのゴルギア勢力「大邪神教会ダムラク」誕生。ヴィッテンクレイルの信者を洗脳し、国内の分裂を招く。

シンテーア暦1644年
  • 拉致真似動画事件。人民を拉致してナイフを頭に二本突き立てて「獣人を作ったよ!」。人質は死亡。国民は激怒。ナプトーは卒倒。
  • この事件を受けて、ニーネン=シャプチ星衛主席ツァニェーが公式声明を発表。「耳の白いガキどもを懲罰する」。

シンテーア暦1645年
  • グロスクロイツの肉片騒動。グロスクロイツ人国民を人質に取って、解体。均等に切り分けた肉片を人民に分け与え、「これが共産主義だよ」。
  • ジエールの人間押し花事件。シンテーア人が拉致され、プレス機でぺしゃんこにされた。ゴルギストは潰されたシンテーア人の画像を写真に撮り、街頭に掲示した。

シンテーア暦1646年
  • マーカスワニワニパニック事件。マーカスのアンドロイド国民を人質に取って、お腹を開いて導線を一人ずつ切るミニゲームを開催。これにより人質は死亡。死亡させたテロリストは罰ゲームとして犯行声明。他にも非人道的なアンドロイドに対する拷問を行った。

関連項目